cookpad news
コラム

子どもの味覚が育っちゃう!おいしくてヘルシー、しかもお手軽なお魚のおやつを発見

sponsored

子どもを持ったことで、初めて“おやつの選び方”を意識したという親御さんは多いのではないでしょうか。子どもが好きなものをただ与えるだけでは何だか罪悪感を感じてしまう、健康的で安心して食べさせられるもの。そして、欲を言えばできるだけ手間をかけず簡単に食べさせられるものを選びたいですよね。
まさに今、おやつ問題に直面している!という親御さんにおすすめしたいのが、『はらぺこイワシ。』。
そして9月、食育にも使える絵本『どうもイワシです』がセットになったものが発売されます。今回は、このセットを発売する下園薩男商店の下園正博社長にこのセットについてのお話を聞きました。

賞味期限もながく持ち歩きも簡単な安心して食べさせられるお魚のおやつは親御さんの強力な味方!

「おやつにイワシ?」と驚かれるかもしれませんが、この『はらぺこイワシ。』は、おやつに選びたいポイントをすべてクリア!しかも、セットになっている絵本を読めば、お子さんも魚への興味・関心が芽生えて、すすんで丸干しイワシを食べてくれること間違いなし!そんなうれしいセットなんです。

――『はらぺこイワシ。』を、お子さんのおやつとして発売することになったきっかけを教えてください。

私が子どもの頃は、学校の給食室で焼いた丸干しイワシが給食に出ました。けれど、今は焼き魚が給食に出ることがほとんどないそうです。その話を聞き、地元の子どもたちが丸干しイワシ知らずに育っていくのか……という気持ちになりました。イワシの丸干しは高齢者が好んで食べるイメージがあると思うのですが、今の若者たちが年齢を重ねた後に丸干しイワシを食べるようになるかと言うと、きっと食べないですよね。やはり、小さいうちから丸干しイワシを食べて、慣れ親しんでもらうことが大切だと考え、8年ほど前から地元のこども園で丸干しイワシを食べてもらうようになったことがきっかけです。

――子ども園のお子さんたちの反応はどうでしたか?

すごく評判が良かったです。苦くて食べられない子が多いかな?と思っていましたが、実際は喜んで食べてくれる子がほとんどで、おかわりをしている子もたくさんいました。保護者の方からも、「家では食べたことがないのに、うちの子がこんなに魚を食べるなんて」という声がたくさんあったようです。その反応を見て子ども向けの商品化を考え、イラストを使ったパッケージを作り、子どものおやつとして認知していだくようになりました。

――お子さんたちがおかわりするほど食べてくれる『はらぺこイワシ。』に使われているイワシはどのようなイワシなのでしょうか。

『はらぺこイワシ。』で使っているのは、朝方4時から6時に獲れたウルメイワシ。この時間のイワシは、お腹の中が空っぽ。まさに“はらぺこ”の状態で苦味が少ないんです。漁師さんたちが、丸干しイワシ専用に漁をしてきてくれています。朝以外に獲れたイワシと比べると、値段が5~10倍違うと言われています。

――苦味がないイワシは、噛めば噛むほど旨味を感じられる最高のおやつですね!

『はらぺこイワシ。』は、食塩だけで味付けをして3日間干します。2歳頃から食べていただけるのですが、おしゃぶりのようにイワシを噛むことで旨味を感じられることはもちろん、アゴも鍛えられるので、昔は歯固めとして丸干しを食べていたと聞いています。『はらぺこイワシ。』は、焼いてあるのですぐに食べられるため、袋をあけたらそのままお子さんに食べさせることがきます。適度な歯ごたえがあり、しっかり旨味を噛みしめて時間がかかるので、その点でも親御さんから喜ばれるだけでなく、おかわりの催促も少なくて楽だと思います(笑)。

※小さいお子様の場合は十分注意し、様子を見ながらお召し上がりください。

幼児期の子どもを健康に魚好きにする商品!

――下園さんが小さい頃は、給食に丸干しイワシが出ていたということですが、“食育”という観点から、小さな頃から丸干しイワシを食べるメリットは何でしょうか。

仕事柄、料理研究家の方々とお話する機会が多いのですが、みなさん口を揃えておっしゃるのは、小さい頃に苦味や渋みを覚えることで、大人になってから味覚の幅が広がったように感じるということ。阿久根は、人口1.9万人の町ですが、料理人が非常に多いです。本場フランスでミシュラン星付きの店を構えている阿久根出身のシェフがいたりします。小さい頃から、丸干しイワシのようなものを食べて育ってきたからだとおっしゃるシェフの方もいらっしゃいますね。

――小さな頃から食べているものが、大人になってからの味覚にも影響すると考えると、やはり子どものおやつ選びは大切ですね。

子どもの頃から食べているものは、その子の人生に大きな影響を与えます。例えば、おやつとして丸干しイワシを食べていれば、お魚を食べるという習慣ができます。骨がのどに引っかかって魚嫌いになったりする子もいると思うので、最初に食べる魚ってけっこう大事だと思います。

――苦味が少ないとは言っても、多少の苦味があると思います。最初はこんな風に食べると良いよという食べ方があれば教えて下さい。

頭から食べるとどうしても多少の苦味があるので、初めて食べるときには尻尾のほうから食べると良いと思います。最初は頭の部分を取ってあげても良いです。そうすることで、苦味はさらに和らぐので試してみてください。

食べて食育!読んで食育!下園薩男商店の『はらぺこイワシ。』おりょうりえほん『どうもイワシです』でお魚大好きに!

――『はらぺこイワシ。』と、おりょうりえほん『どうもイワシです』のセットが発売になるそうですね。このセットを制作することになったきっかけはなんだったのでしょうか。

クックパットさんが、「おりょうりえほん」を出していると聞いて、直観的に「はらぺこイワシ。」と絵本はすごく相性が良いと思ったんです。『はらぺこイワシ。』を通じて、丸干しイワシの良さを伝えようと思っても、商品だけでは伝えきれないものがあると常々感じていました。絵本があることで、商品とは全く違う切り口で丸干しイワシに興味を持ってもらえるのではないか、子どもたちにイワシのことを知ってもらえるのではないかと思い制作することになりました。

――絵本を作る中で、下園さんが特にこだわった部分はどこですか?

親御さんのご理解を深めつつ、子どもたちが読みやすいように、イラストのタッチは親しみやすいものを選びながらも、イワシの特徴や産地の説明はしっかり伝わるように、細部までこだわりを詰め込んでいます。最後のぺージには、私が書いたテキストを入れていただいているのですが、かなり力を入れて書いたので、ぜひ読んでいただきたいです。

――このセットは、どんな人たちに届いてほしいと考えて制作されましたか?

魚に関する本はたくさんあるかもしれませんが、イワシに特化した絵本はめずらしいと思います。『どうもイワシです』を、お父さん、お母さんと読みながら、お子さんがイワシに関心を持つ。そして、『はらぺこイワシ。』を食べながら、家族でイワシについて話をする。その光景を想像しながら制作をしました。子どもとイワシの話をするなんて、もしかしたらこの絵本がなければ一生ないことだったかもしれないけど、このセットを発売することで、親子で丸干しイワシに興味を持っていただけるきっかけになったら、そんなうれしいことはないです。

いろいろな“おやつの選び方”があると思いますが、今回下園さんに伺った丸干しイワシに関するお話は、どれも子どものために与えたいと感じることばかりでした。ただ、おやつとして食べるだけではなく、食べているイワシがどこからきて、どのようにおやつになったかを、絵本を通じて知ることで、味覚だけではく、お子さんの好奇心も大きく成長するのではないでしょうか。大人でも、魚を食べる機会が減っていると感じる現代で、袋を開けるだけでそのまま食べられる健康的で、安心、安全な『はらぺこイワシ。』、ぜひ一度、親子で試してみてください。

商品情報

今回ご紹介したのは、朝獲れイワシを丸干しにした「はらぺこイワシ。」とそのイワシを知ってもらえる絵本「どうもイワシです」のセットです。 おりょうりえほんはクックパッドが提供する、食べることや食材、子どもができる料理など、食育に特化した絵本です。

魚離れが進む昨今、子どものころからおやつとして食べることで魚を食べるという習慣ができます。 絵本を読みながらイワシについて知ることができ、魚への興味、食への興味のきっかけになる絵本になっています。

▼商品はこちらからご購入いただけます。
>>オンラインショップ

下園薩男商店【「はらぺこイワシ。」&「どうもイワシです」】を抽選で10名様にプレゼント♪

Twitterで該当ツイートをリツイートしてくださった方の中から抽選で10名様に、下園薩男商店【「はらぺこイワシ。」&「どうもイワシです」】をプレゼントいたします。応募規約を必ずご確認の上、奮ってご参加ください。

▼キャンペーン名称
下園薩男商店【「はらぺこイワシ。」&「どうもイワシです」】プレゼントキャンペーン

▼キャンペーン期間
2022年9月12日(月)10:00~2022年9月26日(月)10:00
※キャンペーン期間は予告無く変更する場合がございます。

▼参加方法
1. 『クックパッドニュース』公式Twitterにアクセスしてフォローする
2. 該当ツイートをリツイートして応募完了!フォロー&リツイートしてくれた方の中から抽選で10名様に、下園薩男商店【「はらぺこイワシ。」&「どうもイワシです」】をプレゼント!

▼プレゼント内容
下園薩男商店【「はらぺこイワシ。」&「どうもイワシです」】

▼結果発表
2022年9月下旬~10月上旬
※当選連絡は、当選された方にのみ、『クックパッドニュース』公式Twitterよりダイレクトメッセージにてご連絡いたします。落選された方へのご連絡はございませんのであらかじめご了承ください。
※当選連絡時期は前後する場合がございます。
※抽選結果、抽選方法につきましてはお問合せいただきましてもお答えいたしかねます。

▼プレゼント発送日
2022年10月下旬 ※予定は予告無く変更する場合がございます。

関連する記事
あの栄養がカギを握る!「子どもの学力を伸ばす食事」でとにかく覚えておくべきこと 2023年11月10日 23:00
お米屋さんがやってる裏ワザ!お米炊いた直後の◯◯でおいしさ格上げ 2023年10月27日 13:00
サクサクとホクホク食感がたまらない!X(旧Twitter)で話題の「じゃがいもフライ」の作り方を聞きました 2023年10月13日 20:00
衝撃のウマさ!殿堂入り間近のやみつき「チーズおかかおにぎり」 2023年10月30日 12:00
串まで丸ごと食べられる!ゴミゼロの画期的「チョコバナナ」レシピ 2023年10月31日 14:00
手が止まらない!新食感ザクザク「やみつきポテト」 2023年11月10日 15:00
「さつまいもの鬼まんじゅう」が簡単すぎてリピ確定! 2023年11月11日 17:00
プロの料理人が教える!子どもも絶賛「鶏の照り焼き」 2023年11月13日 08:00
【掃除研究家が直伝】一度使うと手放せない!キッチン掃除に大活躍する「キッチン用ウエス」の作り方と活用術 2023年11月11日 14:00
卵、コーヒーなど身近な食材の知識をアップデート!10月に最も読まれた「コラム」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年11月10日 22:00
子どもがパクパク食べてくれる!旬の「ぶり」レシピ3選 2023年11月07日 20:00
「朝と昼は料理をしない」が基本?共働きがほとんどである現代フランスの食事情とは 2023年10月16日 20:00
「お腹が鳴ったから食べる」は肌トラブルの原因!?自律神経を整える食事のタイミングとは 2023年11月27日 20:00
750人が絶賛!簡単なのにごちそう感がすごい「トマト缶煮込み」 2023年12月02日 13:00
考えた人すごい!人気アイス「スーパーカップ」の意外な食べ方が話題 2023年12月16日 09:00
殿堂入り間近!食材3つの「焼き鳥風おかず」なら1品で大満足◎ 2023年12月23日 08:00
Z世代からブームが広がりそう。ヘルシーにお腹を満たす最新の健康食「アジアン粥」 2023年11月29日 04:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
セロハンテープや100均グッズが大活躍!掃除のプロが教える「年末年始のゴミ問題」を解決する裏ワザ 2023年12月05日 19:00
カルディの高コスパ食材はどれ?11月に最も読まれた「コラム」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年12月08日 22:00
頑固な赤サビでも落ちる?話題の「電気ケトル」お掃除ワザを試してみた 2023年12月18日 19:00
カリカリで子ども喜ぶ!ベビースターで作る「無限キャベツ」レシピ 2023年11月21日 18:00
縁起よし!新しいタコさんウインナーがかわいすぎ 2024年01月21日 07:00
これ知らなかった!プッチンプリンまさかの使い方に反響 2024年02月04日 15:00
53歳女性「昔のことを思い出して落ち込む…」寂しさや憂鬱感、意外な原因が? 2024年01月27日 20:00
【極シリーズ】涙するほどおいしいと言っても過言ではない「極 ツナマヨおにぎり」 2024年01月25日 19:00
中からチーズがとろ~り!X(旧Twitter)で話題の「もっちもちチーズいももち」の作り方を聞いてみた 2024年01月12日 20:00
汚れたままだと雑菌発生⁉️掃除研究家が直伝「炊飯器」のお手入れ術 2024年01月09日 19:00
レンジ2分で驚きのモチッとろっ食感!バレンタインに食べたい罪悪感ゼロスイーツ 2024年02月04日 20:00
【鏡開きに】レンジで手軽に完成! 餅でサクサク「おかき」 2024年01月10日 21:00
魚嫌いの子どもも喜ぶ!サクサク食感の「サバの竜田揚げ」 2024年01月21日 21:00
これウマすぎ!もちもち食感がたまらない!おやつにもおつまみにもなる「大根餅」 2024年01月18日 21:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
この食べ方天才!6Pチーズが1分でカリカリおつまみに 2024年03月01日 10:00
【X(旧Twitter)で話題】つぶしながら焼く!「ぺちゃんこガリガリクロワッサン」のおいしい作り方を聞いてみた 2024年02月16日 20:00
何を持たせてる?お友達の家に行くとき・来るときの「子どものおやつ問題」をスタッフが激白 2024年02月16日 13:00
子どもパクパク!チーズ&しらすで作る「焼きおにぎり」 2024年03月17日 06:00
コロコロかわいい&食べやすい!「たこ焼き器」で作る簡単おやつレシピ 2024年03月22日 10:00
ご飯も酒も止まらなくなる!ガーリックマシマシのやみつき「ペペロンブロッコリー」 2024年03月21日 19:00
栄養士がアドバイス!口内炎の原因と食事でできる対処法 2024年03月13日 20:00
ピッカピカの新品状態に!?赤サビだらけの「電気ケトル」を一発解決した掃除術 2024年03月08日 17:00
フライパンは捨てる前に◯◯掃除に使用!?毎日使うキッチングッズを「捨てるタイミング」は… 2024年03月15日 17:00
グラブジャムンだけじゃない!注目の「インドアフタヌーンティー」を編集スタッフが体験してきました 2024年03月30日 14:00
◯◯をしっかり食べる子はテストの結果が良い!子どもの成績をアップさせる食事法とは? 2024年02月28日 21:00
子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる⁉️“脳”の能力アップに必要な5つの栄養素とは 2024年02月29日 20:00
【医師が伝授】ポイントは油!認知症リスクが最大23%下がった○○食事法とは 2024年02月19日 19:00
可愛すぎる!サッカーボールのメロンパン 2024年04月12日 10:00
3つの栄養素がポイント!東大現役合格を支えた「お弁当」つくりのルールとは 2024年03月21日 20:00
子どもの偏食に悩む人に朗報!野菜嫌いの子が自分から「食べたい」と言ってくれる調理法 2024年03月22日 21:00