cookpad news
コラム

子どもの偏食に悩む人に朗報!野菜嫌いの子が自分から「食べたい」と言ってくれる調理法

「うちの子、好き嫌いが激しくて…」「野菜を食べないので心配なんです」そんな悩みを持つ人も多いのでは?実はそれ、対応を少し変えるだけで、今より食べられるようになるかもしれません。「食べない子専門」のカウンセラー・山口健太氏の著書『子どもも親もラクになる偏食の教科書』(青春出版社)から、家ですぐに実践できる、“子どもが自分から食べたくなるコツ”を少しだけお届けします。

「うちの子は野菜が嫌いで、毎日決まったものしか食べない。
どうすれば食べてくれるようになりますか?」

これは、偏食の典型的なケースともいえるでしょう。
このご相談にいらっしゃった方の2歳のお子さんは、毎日のメニューが餃子、フライドポテト、ミートボールなどに固定化されていて、それ以外の肉、魚、野菜などはほとんど食べません。小児科医からも鉄分不足が指摘されており、「もうどうすればいいかわからない」と悩む中、相談に来てくださったのです。

ご相談にいらっしゃったお母さんに、私はまず「お父さん、お母さんが楽しく食事すること」の大切さをお伝えしました。その上で、ヒアリングを行い、お子さんの好物から、食べられるもののヒントを探っていったのです。

話を伺うと、ファーストフード店の細切りのフライドポテトはよく食べるとのことだったので、食べられない食材の「ささみ」「ほうれん草」をフライドポテトの形状・味に近づけて、調理してもらいました。それぞれ、細長い形に切って小麦粉をつけて揚げ、少し濃い塩味にしてもらったのです。

調理に工夫を凝らしても、お腹が空いていないと子どもは食べてくれません。そのため、間食を減らしてお腹を空かせたり、好きなものを出しすぎないよう食事全体の量の調整も同時に行いました。調理の工夫と同時に、「食べたい」という気持ちをつくることも行ってもらったのです。

この結果、お子さんは工夫して調理したささみとほうれん草を食べ「もっとこれ、食べたい」と、積極的に口をつけてくれるようになりました。

子どもが野菜を食べるきっかけになりやすいのが、
“野菜に小麦粉をつけて揚げる”方法

今回のように小麦粉をつけて揚げる調理法は、比較的子どもが口にしやすいものです。

カリカリした食感が好きな子の場合は、厚切りよりも千切りのほうがおすすめ。カリッと揚がりやすく、見た目も子どもが好きなことが多い「フライドポテト」のようになるので、お子さんにとって、試しやすいのでしょう。

このお子さんが今後、食を広げるためには

●形を大きくしていく

千切り→細切り→短冊切り→...一口大

●衣の量を少なくしていく

最初は衣を多めにつけて→次第に素揚げに近い形にしていく

●塩味を少しずつ薄くしていく

などの工夫をしていくと、だんだん食べられる種類が増えていきます。揚げたものをある程度、食べられるようになったら「他の調理法でも食べられないか?」を考えていきましょう。

もし、感覚的な問題で「カリッとした食感のものが食べやすく、ドロッとしたものは苦手」な子の場合は、

揚げたもの→しっかりと硬く焼いたもの→やわらかな食感に焼いたもの→煮物

というようなイメージで、時間をかけて少しずつ食を広げていくといいでしょう。

食感を変えるのであれば、できるだけ、見た目(形状)は食べられる状態から変化させないようにします。千切りや細切りの揚げ物なら食べる場合、揚げ物から焼き物に変化させるときにも形は変えないでおきましょう。変化はスロープのように、ゆっくりと徐々に、を意識してくださいね。

子どもが受け入れられる感覚が増えてきたら、少しずつ形状も変え、受け入れられる形状を増やすと、食べられるものが増えていきます。子どもが食材に慣れてきたら、「調理を工夫したもの」と「同じ食材を少量、普通に料理に使ったもの」を並べて、「同じ食べ物なんだよ」と伝えていくと、食べられる料理のレパートリーが広がることもあるので、試してみてください。

本文は『子どもも親もラクになる偏食の教科書』(青春出版社)より一部抜粋・編集しています。

画像提供:Adobe Stock

著者メッセージ

お子さんの偏食に頭を悩ませる毎日は、本当に大変なことと思います。食べないと栄養面、成長、健康に対して、とても心配になりますよね。
周りに相談しても「そのうち食べられるようになるから」と言われるだけで、具体的な解決策を提示されることも少なく、それがさらなる不安へとつながっていくこともあります。ですから、本書『偏食の教科書』では「どのようなプロセスを経て、何をしたら偏食は改善できるのか」、その力の入れどころと抜きどころをわかりやすく解説しました。
発売から数ヶ月経ちますが、本書はとても好評で、たくさんの感謝の声も届いています。肩の力を抜いて、できるところから、日々の食卓に取り入れてみてくださいね。

書籍紹介

『子どもも親もラクになる偏食の教科書』(青春出版社)
子どもの偏食にまつわる悩みは増えている。子どもが決まったものしか食べないとき、大事なのは「子ども目線で対応する」こと。対応を少し変えるだけで、子どもは自然に料理を口にすることも。
本書では、偏食に悩む親子、保育園・小学校教師の悩みを解決しつづけてきた「食べない子専門」のカウンセラーが、偏食改善の方法をイラストや図を使ってわかりやすく伝授。紹介するのは、おうちで、簡単に、すぐできる方法ばかり。この一冊で、子どもの食の悩みが消える!

著者紹介

山口 健太 (やまぐち けんた)
一般社団法人日本会食恐怖症克服支援協会代表理事。食べない子専門のカウンセラー。食育研修講師。『きゅうけん|月刊給食指導研修資料』編集長。「人前で食事ができない」という社会不安症・会食恐怖症に悩み、薬を使わず自力で克服した経験を持つ。自身の経験をベースに、会食恐怖症の当事者支援活動を始める。その中で、小食・偏食などの食べない子への理解や適切な対応が広まっていないことを痛感し、改善法を学ぶ。偏食改善のための知識をSNSなどで発信したところ、反響が大きく、相談が殺到。いかに多くの親子が悩んでいるか痛感し、家庭における偏食改善のための講座を開催。講座の内容が「とにかくわかりやすい」と話題になり、次第に、保育・学校関係者の食育研修会講師として全国から依頼が届くようになる。これまでのべ1000人以上の相談に乗り、偏食改善に導いてきた。著書に『食べない子が変わる魔法の言葉』(辰巳出版)、『会食恐怖症を卒業するために私たちがやってきたこと』(内外出版社)などがある。

関連する記事
【見知らぬ土地で子なし、友達なし】孤独だった元・歯科助手がフォロワー8万人越えの人気レシピ作家になるまで 2023年12月09日 20:00
型不要!準備5分で簡単クリスマススイーツ【りんごの米粉ケーキ】 2023年12月02日 19:00
「お腹が鳴ったから食べる」は肌トラブルの原因!?自律神経を整える食事のタイミングとは 2023年11月27日 20:00
春菊はグツグツゆでないのが正解!5分副菜で栄養も時短もいいとこ取り◎ 2023年12月01日 07:00
750人絶賛!ブロッコリー丸ごと食べられちゃう「濃厚ガリバタチキン」 2023年12月11日 08:00
アレで包むだけ!オリーブオイルを劣化させない方法 2023年12月10日 17:00
子育ての本番は〇〇期から!12人産んだ助産師ママが語る「子育て中で一番きつかったこと」 2023年12月12日 18:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
一石◯鳥!?ひき肉100gで家族分できちゃう子ども大喜びなお子様ランチ風【ハンバーグ鍋】 2023年12月25日 12:00
えっこれケーキなの!?可愛すぎる「松ぼっくりケーキ」が材料3つで作れた 2023年12月11日 21:00
悪玉コレステロール値が高いといわれたら?食事や食べ物選びの工夫を解説 2023年12月13日 20:00
「食事のしつけ」いつから始めるのが正解?12人産んだ助産師ママの回答に驚き 2023年12月13日 18:00
家にある◯◯でカレーが格上げ!試してみたい隠し味4選 2024年01月04日 14:00
そのまま食べるのに飽きたら◎揚げない「お餅ドーナツ」を作ろう! 2024年01月09日 14:00
もりもり食べられる!「大根×ツナ」サラダ 2024年01月09日 17:00
みんなどう使ってる?「味の素」を使った人気レシピを紹介 2024年01月21日 15:00
53歳女性「昔のことを思い出して落ち込む…」寂しさや憂鬱感、意外な原因が? 2024年01月27日 20:00
110万人が注目!【材料費たったの2円】本格スノーボール 2024年01月31日 15:00
肝機能の数値が高いといわれたら?原因となる生活習慣や改善のポイント4つ 2024年01月10日 20:00
子どもに合わせて料理はしない。21万人が注目、arikoさんが語る「家族が幸せになる食事」 2023年11月30日 18:00
【管理栄養士が伝授】「糖質オフ」より「糖質オン」のほうがキレイにやせるってホント? 2023年12月22日 21:00
夕方以降の◯◯で脳機能が低下!?脳内科医が警告する不眠原因となる食習慣とは 2024年01月08日 19:00
毎朝の◯◯が“要介護”にならない秘訣!?医師が教える「元気に長生きできる食事術」とは 2024年01月11日 19:00
ダイエットに!◯◯をかけるだけ「ご飯の食べ方」 2024年02月09日 07:00
丸める&揚げる手間をカット!平日でも作れる「スコップコロッケ」 2024年02月22日 08:00
トマト缶なしでトマト味!濃厚な味わい「鶏もものケチャップ炒め」 2024年02月24日 08:00
たくさん作りたくなる!気分が上がる「かわいい餃子」4選 2024年02月26日 07:00
専門家が解説!ヘトヘトに疲れてるのに「なぜか眠れない人」が知っておきたいこと 2024年03月02日 20:00
成長期に◯◯をすることが重要!人生100年時代を支える「骨育」を知っておこう 2024年02月25日 14:00
たった62円で満腹!?殿堂入り目前【キャベツ焼き】 2024年03月02日 19:00
これって冬バテ⁉︎乾燥や寒い季節の不調を撃退する健康食材5選 2024年02月07日 20:20
何を持たせてる?お友達の家に行くとき・来るときの「子どものおやつ問題」をスタッフが激白 2024年02月16日 13:00
用意していた非常食は役に立たなかった…能登半島地震・被災者に聞く避難時の食生活 2024年01月25日 20:00
1品で完結!メインに迷ったら「具だくさんオムレツ」を作ろう 2024年03月03日 10:00
そのままに飽きたら試してみて!「6Pチーズ」の簡単食べ方アレンジ 2024年03月05日 06:00
大人も子どもも◎ボリューム満点「じゃがいも肉巻き」 2024年03月14日 08:00
子どもパクパク!チーズ&しらすで作る「焼きおにぎり」 2024年03月17日 06:00
薄切り肉で節約&食べやすく!ケチャップ味が子どもにも好評「ポークチャップ」 2024年03月22日 08:00
これ知らなかった!ハンバーグがアレを入れることでふっくら&ふわふわになる裏ワザ 2024年03月26日 10:00
医師に聞いた!糖尿病を「改善させる食事」と「悪化させる食事」 2024年02月28日 12:00
【災害時に役立つ洗い物極少レシピ】断水中も洗い物なしで簡単!ホットケーキミックスおやつ 2024年03月11日 20:00
◯◯をしっかり食べる子はテストの結果が良い!子どもの成績をアップさせる食事法とは? 2024年02月28日 21:00
子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる⁉️“脳”の能力アップに必要な5つの栄養素とは 2024年02月29日 20:00
日本のキャラ弁をアメリカの学校に持たせてみたら、とんでもないことになった!? 2024年04月30日 19:00
「朝ごはんにパン&コーヒー」はNG⁉️健康に欠かせない◯◯を弱らせてしまう悪い食習慣 2024年04月15日 19:00
ニトリのアレで料理がラクに⁉️Instagramで話題になった「手間がゼロになる家事ワザ」5選 2024年04月16日 19:00
毎日食べているアレが老化の原因に⁉️アンチエイジングに欠かせない“副腎”を元気にする食事法とは 2024年04月05日 21:00
たっぷり野菜もペロリと完食!ルウで作る簡単ドライカレー 2024年05月18日 20:00
アレを食べない人は口臭が強くなるってホント⁉️気になる“ニオイ”を防ぐ毎日の食習慣とは 2024年05月14日 20:00
趣味のロードバイク大会を目標に1年で−15.5㎏!50代が実践した、無駄な間食がなくなる「1日4食」の食事術 2024年04月20日 17:00