cookpad news
コラム

子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる⁉️“脳”の能力アップに必要な5つの栄養素とは

子どもには健やかに育ってほしい。そして、子どもには成績優秀になってほしい。これは多くの親に共通する願いではないでしょうか。実は、この二つの願いを両立させる一石二鳥の方法があるのです。それはズバリ、「食事」を見直すこと。中学受験専門塾「伸学会」代表・菊池洋匡氏と、栄養学イノベーションコミュニティ代表・菊池則公氏による著書『子どもが天才になる食事 2週間で脳が生まれ変わり成績アップ!』(KADOKAWA)から、子どもを健康にして、なおかつ成績を上げる、そんな食事法のヒントを少しだけお届けします。

子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる!?

子どもの学力をアップさせたい。
能力を最大に開花させてあげたい。
生まれ持った才能を取り戻してほしい。

これらは、多くの親御さんの共通の悩みであり、希望ですよね。

私も小学生と幼児の2人の子どもを持つ親として、同様の思いを抱いているので、よく理解できます。そんな思いがあるからこそ、より良い塾や学校に行かせたいと考えたり、習い事をさせようと考えたりするのだろうと思います。

ところが、どんなに良いカリキュラムや環境、指導力に優れた先生に子どもをゆだねても、そして、本人が一生懸命にやろうと思っても、一番大切なことが抜けていれば、学力アップも能力開花も、残念ながらおぼつかないでしょう。

その大切なこととは、「お子さんが何を食べているか」です。

特に、15歳までに何を食べるかが学力をはじめとする能力に大きく関係します。なぜなら、人間の脳や体の土台は、15歳くらいまでに出来上がってしまうからです。*

米国の医学者であるスキャモンが発表した体の4つの発育パターン(スキャモンの発育曲線)によると、人の体の各部位は大きく4つの分野に分かれ、それぞれ別のスピードで成長していきます。

脳の発達は6歳くらいまでの時期が特に著しく、その重量は3歳までに60%、6歳までには成人の 90%以上に達します。さまざまな脳の機能の中でも、指先の器用さやリズム感など神経系(神経型)の発達は、6歳くらいまでにほぼ完成します。さらに、身長や体重(一般型)も、この頃までに伸びていきます。

6歳以降は、脳以外の部位が著しく成長していきます。強い体をつくる免疫系(リンパ型)は、6歳くらいから急上昇し、12歳くらいにピークになります。14歳くらいからは、人体を支える骨が急成長し、身長が著しく伸びます。さらに、生殖器(生殖型)も発育し始めます。

その後も体は成長し続けますが、脳、身長や体重、骨、生殖器など極めて大事な体の部位の基礎が出来上がるのが15歳という年齢なのです。

そして、しっかりとした体になるかどうかを決定する大きな要因が、間違いなく「食べ物」なのです。皆さんが考えている以上に、食べるものは、お子さんの学力・能力に多大な影響を与えます。そのことをもっと知っていただきたいと思っています。

子どもの能力をアップする栄養素と摂取のタイミング

多種にわたる栄養素の中でも、特に「お子さんの能力アップに必要な10の栄養素」があります。

今回はその中から、特に脳に効く5つの栄養と食べ物について、その効果と食べ方のヒントをご紹介します。

集中力をアップさせる

● 栄養素...チロシン(アミノ酸)
● 食材...チーズ、卵、肉、バナナ、アボカド、ごま、大豆
● とるタイミング...集中したい30分前

チロシンはアミノ酸の一種で、ドーパミンなどの神経伝達物質や、ノルアドレナリン・アドレナリンなどの集中力に関係するホルモンの材料になります。気分をリラックスさせ、頭をクリアにさせる性質があります。朝、昼、夜の食事に積極的に取り入れましょう。

落ち着きを取り戻す

● 栄養素...トリプトファン(アミノ酸)
● 食材...豚肉、卵、バナナ、煮干し、チーズ、鶏胸、鰹
● とるタイミング...リラックスしたい2時間前や夕食時

トリプトファンはアミノ酸の一種で、体内でつくることができないため、食べ物からとる必要がある必須アミノ酸です。トリプトファンが体内にとり入れられると、落ち着きを生み出すホルモンであるセロトニンの分泌が促されます。また、寝つきや朝の目覚めをよくする働きがあるので、特に夕食時に摂取するといいでしょう。

記憶力を向上させる

● 栄養素...オメガ3脂肪酸
● 食材...亜麻仁油、えごま油、くるみ、イワシ、サバ、牡蠣、ムール貝
● とるタイミング...夕食時

オメガ3脂肪酸は、脳や体の修復に欠かせない栄養素で、記憶力の向上にも効果を発揮します。また、抑うつ症状などの気分の落ち込みを改善する効果も抜群です。うつ病の子どもにオメガ3脂肪酸を16週間投与すると、うつ症状が改善したという研究結果もあります(※)。オメガ3脂肪酸は、イワシやサバなどの青魚や牡蠣、ムール貝に含まれています。エゴマ油などをサラダやスープにかけるのもいいでしょう。えごま油は熱に弱い性質があるので、できるだけ加熱調理には使わずに食べましょう。とるタイミングは、寝ているときに脳や体の修復を促すため、夕食時がベストです。

やる気を引き出す

● 栄養素...BCAA(アミノ酸)
● 食材...鶏胸、鶏モモ、卵、納豆、豆腐
● とるタイミング...やる気を上げたい1時間ほど前、朝食や昼食時

BCAAも体内でつくることができない必須アミノ酸です。Branched ChainAmino Acid(分枝鎖アミノ酸)の略で、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つの必須アミノ酸の総称です。筋肉量やスタミナを維持する効果があります。体力が維持されることにより、やる気の源にもなります。特に、運動を活発にする子は積極的に摂取したい栄養素です。

ひらめき力をアップさせる

● 栄養素...GABA(アミノ酸)
● とるタイミング...日々の主菜として。ブドウやミカンはおやつに
● 食材...発芽玄米、トマト、ジャガイモ、ナス、ブドウ、ミカン

GABAもアミノ酸の一種です。脳内の興奮した神経を落ち着かせる作用があります。リラックスして頭の回転がよくなり、ひらめき力のアップにつながります。発芽玄米には、玄米の数倍のGABAが含まれています。白米の代わりや、白米に混ぜるなどして、積極的に食べるようにしましょう。また、ブドウやミカンにもGABAは含まれていますので、勉強の合間などにちょっとずつ食べるといいでしょう。

※Am J Psychiatry:2006 Jun; 163(6):1098-100

本文は『子どもが天才になる食事 2週間で脳が生まれ変わり成績アップ!』(KADOKAWA)より一部抜粋・編集しています。

画像提供:Adobe Stock

著者メッセージ

毎日栄養バランスを考えて料理をするのって大変ですよね。私も我が家の料理担当として日々料理をしていますので、忙しいときに料理をする大変さはよくわかります。晩ごはんを作るのが遅くなってしまって、妻を待たせてしまって申し訳ない気持ちになることも…。そして、飽きさせないようにメニューを考えるのも一苦労です。ですから私もクックパッドさんにはいつも助けられています。
今回紹介した脳力アップする栄養を摂りたかったら、例えば「サバ」「亜麻仁油」などの食材でクックパッド検索をすると、おすすめレシピをたくさん教えてもらえます。プレミアム機能を活用して調理時間で絞り込むと、忙しくても短時間で作れるレシピも厳選できますよ。私は「サバ 作り置き」といった検索も活用しています。
時短レシピ・作り置きレシピを活用しながら、上手にお子さんに栄養満点で飽きさせないご飯を食べさせてあげてください。

書籍紹介

『子どもが天才になる食事 2週間で脳が生まれ変わり成績アップ!』(KADOKAWA)
「どう勉強するか」より「何を食べるか」が大事!
難関中学・東大に合格!才能が開花!子どもの集中力・やる気・発想力は15歳までの「食」で決まる!
いま大注目の塾講師&栄養学のエキスパートが、子どもの成績をアップさせる「受かるメシ」メソッドを公開。

仕事や家事で忙しい人でも、やり方は簡単!
ポイントは
(1)「腸の炎症」
(2)「血糖値」
(3)「脳に効く栄養素」
を意識するだけ!

朝・昼・夕・間食・夜食……。シーン別に使える「子どもの頭が良くなる! 10分簡単レシピ」付き。

「中学受験に成功した子は何を食べていた?」「落ち着きのない小学生男子がこんなに変わった!」といった豊富な事例から、「栄養で『頭が良くなるDNAスイッチ』がONになる」「子どもの脳は2週間で生まれ変わる!」といった目からウロコの科学的なデータまで満載です。

「毒メシ」を「受かるメシ」に変えれば、勉強を教えるよりも簡単に、子どもの成績がアップ!

著者紹介

菊池 洋匡 (きくち ひろただ)
中学受験専門塾「伸学会」代表。1981年、東京都生まれ。小学生時代に「算数オリンピック銀メダリスト」になる。開成中学・高校卒。慶應大学法学部卒。東京都の自由が丘、目黒、中野で中学受験専門塾「伸学会」を運営する。開塾4年足らずで生徒数は300名を超え、全学年が満席状態。心理学や脳科学の裏付けに基づく教育法は、多くの子どもに再現可能で注目が集まっている。

菊池 則公 (きくち のりまさ)
栄養学イノベーションコミュニティ代表管理者。1983年、東京都生まれ。東京衛生学園専門学校はりきゅう学科卒。東京都の自由が丘で「きくち針灸院」を運営。東洋医学の視点と分子栄養学の視点を組み合わせ、ロジカルに汎用性を持たせた施術法の開発に努める。Facebookでは900名の治療家コミュニティを持ち、日々情報配信を行う。

監修者紹介

宮澤 賢史 (みやざわ けんし)
医師・医学博士。東京医科大学医学部卒。医科歯科連携診療普及協会理事長。臨床分子栄養学研究会理事長。2004年から栄養療法を開始。がんから糖尿病、リウマチ、精神疾患まで扱う範囲は幅広く、患者数は2万人を超える。現在、治療のかたわら、分子栄養学実践講座主宰、医科歯科連携診療普及協会会長などを兼任。

関連する記事
【和食料理人・笠原さん直伝】お弁当にもぴったり!味がしみ出す「油揚げのしぐれ煮」 2023年10月23日 20:00
あの栄養がカギを握る!「子どもの学力を伸ばす食事」でとにかく覚えておくべきこと 2023年11月10日 23:00
思い立ったらすぐ作れる!ハロウィンにぴったりの簡単おやつレシピ 2023年10月27日 12:00
くしゃみ・目の痒みが止まらない…「秋の花粉症」に絶対とるべき食事とは? 2023年10月21日 10:00
冷やして食べるのが◎旬のさつまいもでダイエット中でも「罪悪感ゼロ」のヘルシースイーツ 2023年10月24日 18:00
和風のイメージを覆す!?進化系「揚げ出し豆腐」 2023年11月05日 10:00
50代2児のワーママ「将来が不安、疲れやイライラで辛い」原因と対策は 2023年11月25日 20:00
SNSで9万回検索された!卵不使用なのに驚くほど濃厚な「罪悪感ゼロ・カルボナーラ」 2023年11月28日 18:00
そのプロテイン、本当に必要?プロテインが必要な人、必要ではない人 2023年11月08日 20:00
医師が警告 やけに疲れる、体がだるい…それ、◯◯の食べすぎが原因かも 2023年10月19日 20:00
知らなきゃ損!実はダイエットは◯◯するだけで効果的だった 2023年10月26日 20:00
医師が伝授する老化予防。「なぜか若く見える人」は◯◯を食べている! 2023年11月23日 20:00
大量消費にも◎たった10分で完成!大根×豚肉の主菜3選 2023年11月29日 08:00
レンチン3分で完成!簡単すぎる「フレンチトースト」 2023年12月10日 13:00
子育ての本番は〇〇期から!12人産んだ助産師ママが語る「子育て中で一番きつかったこと」 2023年12月12日 18:00
これだけ守れば大丈夫!ダイエット中でも罪悪感ゼロの「おやつ2か条」とは 2023年12月18日 20:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
【2万回検索された】〇〇でふっくら、もっちり!発酵不要&罪悪感ゼロの「やせピザ」 2023年12月20日 19:00
なんと8割の子どもに栄養失調のリスクが!その原因は◯◯不足にあった 2023年11月28日 20:00
年末年始の強い味方!暴飲暴食をなかったことにできる◯◯スープって? 2023年12月26日 20:00
安い!うまい!簡単すぎ!3拍子そろった激ウマ「豚バラ丼」 2024年01月26日 19:00
冬は子どもの肌がガサガサに……その乾燥肌を生まれ変わらせる4つの栄養素とは? 2024年01月27日 19:00
レンジ2分で驚きのモチッとろっ食感!バレンタインに食べたい罪悪感ゼロスイーツ 2024年02月04日 20:00
梅おにぎりと鮭おにぎり、どっちが正解?栄養士が教える「食べても太らない食事」とは 2023年12月12日 20:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
東洋医学的にはNG!雨の日に食べる「乳製品」がタプタプ脂肪の原因かもしれない 2023年12月29日 20:00
なかなか痩せない……なら冷蔵庫を見直して!「痩せやすい冷蔵庫」作りのポイントって? 2024年01月13日 19:00
夕方以降の◯◯で脳機能が低下!?脳内科医が警告する不眠原因となる食習慣とは 2024年01月08日 19:00
毎朝の◯◯が“要介護”にならない秘訣!?医師が教える「元気に長生きできる食事術」とは 2024年01月11日 19:00
成長期に◯◯をすることが重要!人生100年時代を支える「骨育」を知っておこう 2024年02月25日 14:00
春先に向けて身体リセット!!栄養&ボリューム大満足「脂肪燃焼スープ」 2024年02月27日 18:00
【医師が教える】老けて見える人、見えない人の「食習慣」の差 2024年01月30日 20:00
1品で完結!メインに迷ったら「具だくさんオムレツ」を作ろう 2024年03月03日 10:00
これ知ってる?10秒で「雪見だいふく」がめちゃうまになる方法 2024年03月30日 12:00
医師に聞いた!糖尿病を「改善させる食事」と「悪化させる食事」 2024年02月28日 12:00
「朝起きられない子」は◯◯不足が原因⁉️規則正しい生活に必須の栄養素とは 2024年03月28日 12:00
春キャベツで夏までに身体スッキリ!野菜をモリモリ食べられる「ごちそうヘルシーサラダ」 2024年03月26日 18:00
ある成分を制限することが大事!「老化を防ぐ」ための食生活のポイント2つ 2024年03月29日 17:00
◯◯をしっかり食べる子はテストの結果が良い!子どもの成績をアップさせる食事法とは? 2024年02月28日 21:00
朝と夜に◯◯を食べると10歳も若返る⁉️医師が教える“細胞を元気にする”食事法とは 2024年02月22日 20:00
【医師が伝授】ポイントは油!認知症リスクが最大23%下がった○○食事法とは 2024年02月19日 19:00
820万人が注目する大人気クリエイター・ケンティー健人が教える!餃子の皮で作る「エッグタルト」が絶品 2024年03月16日 20:00
血糖値の上昇をゆるやかに&血管を若返らせる!便利すぎる「みそ玉」のつくり方 2024年02月28日 18:00
睡眠で変わる!質の良い睡眠で得られるうれしい効果6つ 2024年04月10日 20:00
3つの栄養素がポイント!東大現役合格を支えた「お弁当」つくりのルールとは 2024年03月21日 20:00
「一日三食規則正しくご飯を食べる」は逆にNG!?人生100年時代を元気に長生きするための食習慣とは 2024年03月26日 19:00
【大河ドラマで注目!】紫式部の天才的頭脳を支えたのはあの食材?現代にも活かせる平安時代の食生活とは 2024年04月12日 19:00
毎日の◯◯が将来の認知症を予防!40代から始まる脳の衰えを防ぐ“脳のおそうじ食”とは 2024年04月06日 19:00
毎日食べているアレが老化の原因に⁉️アンチエイジングに欠かせない“副腎”を元気にする食事法とは 2024年04月05日 21:00