cookpad news
コラム

1ヶ月で4kg減も!ダイエット専門医が提案する「痩せる水の飲み方」

ダイエットが成功しない、疲れやすい、頭痛もち…そんな体のお悩みに、ダイエット専門医の工藤孝文先生が提案するのは「毎日1分間、水を飲むだけ」という驚くほどシンプルな習慣。工藤先生のメソッドで、1か月で4kg痩せた人も!この記事では、書籍「脂肪がスルスル落ちていく 1分水飲みダイエット(飛鳥新社)」より内容を一部抜粋してお届けします。

わずか1分で闘わずして空腹感に勝つ

空腹のときにイライラしてしまう。感情のコントロールが難しくなる。そんな経験はないでしょうか。空腹時は血糖値が下がり、いわゆる低血糖の状態になります。感情を司る脳のエネルギー源は糖ですから、不足してくると感情が不安定になり、判断力や決断力が鈍くなります。

その一方で、血糖を上げるためにアドレナリンやドーパミンなどの興奮系のホルモンが分泌されるため、イライラしたり攻撃的になったりもしてしまうのです。脳からは「早く糖を補給しろ!」と指令が出されている状態で、判断力や決断力は鈍っていて、オラオラ系の攻撃的な気分にもなっている。

この状況下で、冷静な判断をしろというほうが無理。ダイエットや健康にいい食事を自らの意思で選び取るのは、実はとても大変な作業なのです。ですから、食前に水を1杯飲むことで、まずは、冷静さを取り戻す。そうすることによって、本当に体が必要としている食事を選びやすくなっていきます。

空腹時は、アクティブモードの交感神経が優位な状態ですが、水を1杯飲むことでリラックスモードの副交感神経に切り替わります。講演会などでも緊張した面持ちの登壇者が水を1杯飲むことで気持ちを落ち着ける。そんな場面を目にしたことがあるでしょう。水を飲むことで胃腸が刺激され、副交感神経の働きが高まるので、ああいった行動は理に適っているのです。

1日3食、衝動に任せたままの食行動を続けている人と、食前のわずか1分水を飲んでメニュー選びをした人では、1カ月後、2カ月後の体に差が出て当然です。

さらにいうと、肥満傾向にある人は、ニセの食欲に振り回されて食べすぎてしまうことも多いのですが、水を飲むことで一旦冷静さを取り戻せると、自分が本当に空腹かどうかを確認するゆとりができます。実際、この1分水飲みダイエットを実践していただいた方には、「喉の渇きが解消されたら、食べたい気持ちが治まった」という方もいらっしゃいます。食べすぎ防止に一役買っていることは間違いありません。

「1分」×「水」の組み合わせがストレス食い対策に効果を発揮する

ストレスが引き起こす過食のことを「エモーショナル・イーティング」といいます。「無性に甘いものが食べたくて仕方がない」「お腹が空いていないのに、つい食べ物に手が伸びてしまう」「ダメだと思えば思うほど、食への欲求が強まるばかり」。このようなことが頻繁にあるとすれば、それは、ストレスが抗えない食欲の引き金になっている可能性があります。

一口にストレスといっても、その原因はさまざまです。仕事のプレッシャー、 対人関係などは自覚しやすいストレス源ですが、引っ越しや転職による環境の変化もストレス源になりますし、外部からの刺激という意味では気温や気圧の変化などもストレス源といえます。スマホばかりみて光の刺激を受け続けていることも体にとってはストレス。日々、多くの情報に接している私たちは、毎日、たくさんのストレスを受け続けているのです。

ストレスを感じたとき、体ではさまざまな反応が起こります。副腎皮質から分泌されるコルチゾールは、体を興奮状態にすることでストレスに抗おうとすることから、抗ストレスホルモンとも呼ばれています。

コルチゾールが分泌されると、血糖値や血圧が上昇します。常に強いストレスにさらされ続けていると高血糖の状態が続いてしまい、この高血糖を保つために「甘いもの」が食べたくて仕方なくなってしまうのです。

また、ストレスを感じたときにはアドレナリンの分泌も高まりますが、このアドレナリンには肝臓に貯蔵しているグリコーゲンという糖質を分解する働きがあり、体はいざというときのために蓄えている糖質が使われてしまうとそれを補充しようとして、やはり「甘いもの」を欲するようになります。

ストレス食いの正体は、体がストレスに対処しようとする自然な反応で、人間に備わった本能のようなもの。それだけに、意志の力で抗おうしても本能には負けてしまうのです。しかし、本能のままに甘いものを食べていては、太ります。ですから、その本能を鎮めるために、1分かけて水を飲むのです。

ストレスがかかった体は興奮状態、つまり、アクティブモードの交感神経が優位な状態です。それが、水を飲んで胃腸を動かすことで副交感神経が働きやすくなり、かつ、1分という時間で心を落ち着けることでさらに体をリラックスした状態へと導くことができます。

すると、先ほどまで興奮状態だった体が落ち着きを取り戻し、「甘いものを食べたい!」という本能からの欲求も鎮まります。そうなれば、しめたもの。意志の力が入り込む隙が生まれ、「今、本当に食べたい?」「やせたいのにこの甘いものを食べるのが正解?」と自分自身と対話する余裕も出てきます。

自分の体なのに、本能には抗えない。なんとも不思議な感じもしますが、本能には抗えないけれど、人間には知識がある。これを強みに変えて、本能に打ち勝つための行動をとればいいのです。そのひとつが、私が考案したこの1分水飲みダイエットです。

誰でも手軽にはじめられるのに、その効果は思った以上。「これはストレスによるエモーショナル・イーティングかな?」と思うようなときはとくに、ゆっくりと時間をかけて水を飲んでみてください。より確かな効果を感じられるはずです。

画像提供:Adobe Stock

著者メッセージ

毎日暑い日が続くため、喉の渇きを感じて水分を摂取する方が増えているかと思います。ただなんとなく喉が渇くから水を飲む。そんな方は大変もったいないです。水を飲むという行為をもっと上手に活用すれば、喉の渇きだけでなく、ダイエットやメンタル面でも大変効果を実感できるでしょう。本書を出版したことで「水の飲み方を変えたらやせられた!」とうれしいお声をたくさんいただいています。年齢、性別関係なく、特別なことはしない、今すぐできる1分水飲みダイエット、皆さんもお気軽に実践していただき、その効果を実感してみてはいかがでしょうか。

書籍情報


こんな悩みを抱えていませんか?
・ダイエットが成功しない
・頭痛もち
・便秘気味
・疲れやすい

……これ、全部 “水” を飲むだけで解消するんです!

日本人の9割が知らない「やせる水の飲み方」

ちょっとした工夫をするだけで、1カ月で-4㎏痩せた方多数!!!

「本当に水を飲むだけでやせられるの?」と思うかもしれませんが、キーワードは “1分” です。この1分によって「やせられる」か「やせられないか」の差が生まれます。

ダイエットが成功しない方からリバウンドをくり返す方、体の不調を抱える方まで、本書でまるっと解決します!筋トレも食事制限も必要なし!今すぐできる1分水飲みダイエットをみなさんも実践してみましょう。

著者情報


工藤孝文(くどう・たかふみ)
ダイエット外来医・内科医・糖尿病内科医・漢方医

福岡県みやま市出身。福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院、地域の基幹病院を経て、現在は、福岡県みやま市の工藤内科で地域医療に力を注ぐ。専門は、糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病、漢方治療・ダイエット治療など多岐にわたる。「より多くの人の病気を予防する」をモットーに、医療、健康に関する情報発信を積極的に行っており、NHK「あさイチ」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」などのTVをはじめ、さまざまなメディアに出演している。著書・監修書籍は100冊以上に及び、『1日1杯飲むだけダイエット やせる出汁』(アスコム)は15万部を超えるベストセラーになっている。

関連する記事
これだけ守れば大丈夫!ダイエット中でも罪悪感ゼロの「おやつ2か条」とは 2023年12月18日 20:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
【2万回検索された】〇〇でふっくら、もっちり!発酵不要&罪悪感ゼロの「やせピザ」 2023年12月20日 19:00
年末年始の強い味方!暴飲暴食をなかったことにできる◯◯スープって? 2023年12月26日 20:00
年末年始太りに!痩せたい人は「みかん」こう食べて【管理栄養士に聞いてみた】 2024年01月09日 10:00
コーヒーと食べ合わせNGな食べ物とは?管理栄養士に聞いてみた! 2024年01月23日 10:00
レンジ2分で驚きのモチッとろっ食感!バレンタインに食べたい罪悪感ゼロスイーツ 2024年02月04日 20:00
3%の減量で血糖コントロールが改善?減量を達成するための実践法を伝授! 2024年01月03日 20:00
肝機能の数値が高いといわれたら?原因となる生活習慣や改善のポイント4つ 2024年01月10日 20:00
何でも食べていい?「16時間ダイエット」でやってはいけないNG行動! 2024年01月17日 20:00
【管理栄養士が伝授】「糖質オフ」より「糖質オン」のほうがキレイにやせるってホント? 2023年12月22日 21:00
東洋医学的にはNG!雨の日に食べる「乳製品」がタプタプ脂肪の原因かもしれない 2023年12月29日 20:00
50代からの落ちにくい体重に!話題の「アジアン粥」で置き換えダイエットをやってみた 2024年01月24日 19:00
なかなか痩せない……なら冷蔵庫を見直して!「痩せやすい冷蔵庫」作りのポイントって? 2024年01月13日 19:00
夕方以降の◯◯で脳機能が低下!?脳内科医が警告する不眠原因となる食習慣とは 2024年01月08日 19:00
ダイエットに間食はNG……ではない!太りにくい体を作る「戦略的な間食」を医師が伝授 2024年01月10日 19:00
これで一気に食べやすい!「太巻き」をスパスパ切るワザ 2024年02月02日 17:00
包丁にくっついて切りにくい…魚肉ソーセージのカットはこれが正解 2024年02月18日 18:00
春先に向けて身体リセット!!栄養&ボリューム大満足「脂肪燃焼スープ」 2024年02月27日 18:00
セイコーマートの人気商品を現地でレポート!1月に最も読まれた「コラム」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年02月16日 22:00
これって冬バテ⁉︎乾燥や寒い季節の不調を撃退する健康食材5選 2024年02月07日 20:20
筋肉不足で糖尿病リスクにも?!女性の痩せによる健康リスク 2024年02月14日 20:00
朝までぐっすり眠りたい!質のよい睡眠をとる工夫 2024年02月28日 20:00
特に女性は要注意!?コーヒーと「一緒に摂らないほうがいい食材」とは… 2024年03月01日 17:00
不摂生な生活で激太り!座りっぱなしの漫画家が一念発起して−25kgを達成した「期間集中ダイエット」 2024年02月03日 09:00
挫折とリバウンドを乗り越えて−16kg!成功を支えたのは「アプリで繋がった仲間たち」 2024年02月10日 09:00
「老け見えしない」50代のダイエット術!4カ月でー6kg、更年期症状も改善した方法 2024年02月17日 09:00
あると便利!プラス1食材でできる「しめじ」の作りおき 2024年03月24日 18:00
え、そうだったんだ…医師が教える「朝一番のコーヒー」のリスク 2024年02月14日 12:00
医師に聞いた!糖尿病を「改善させる食事」と「悪化させる食事」 2024年02月28日 12:00
酸化ストレスを減らそう!医師が教える「老化を早める食事」と「老化を防ぐ食事」の違い 2024年03月30日 10:00
栄養士がアドバイス!口内炎の原因と食事でできる対処法 2024年03月13日 20:00
不調の原因は「春バテ」?対策をして季節の変わり目を乗り切ろう! 2024年03月27日 20:00
朝と夜に◯◯を食べると10歳も若返る⁉️医師が教える“細胞を元気にする”食事法とは 2024年02月22日 20:00
血糖値の上昇をゆるやかに&血管を若返らせる!便利すぎる「みそ玉」のつくり方 2024年02月28日 18:00
買った時の◯◯がポイント!青ネギがばらけずに刻めるワザ 2024年04月05日 11:00
睡眠で変わる!質の良い睡眠で得られるうれしい効果6つ 2024年04月10日 20:00
食べ歩きが趣味の30代グルメ夫婦!栄養知識ゼロではじめたダイエットがきっかけで大きく変化した食習慣とは? 2024年03月23日 20:00
「一日三食規則正しくご飯を食べる」は逆にNG!?人生100年時代を元気に長生きするための食習慣とは 2024年03月26日 19:00
もしかして五月病?「バナナ」でセロトニンを味方につけよう 2024年05月21日 17:00
毎日食べているアレが老化の原因に⁉️アンチエイジングに欠かせない“副腎”を元気にする食事法とは 2024年04月05日 21:00
医師がすすめる、血圧高い人が「朝」に飲むべき飲み物、避けたい飲み物 2024年05月15日 12:00
「運動=痩せる」は間違い?医師が解説する、運動とダイエットの落とし穴 2024年05月29日 12:00
寝る直前に水を飲むと心筋梗塞になりやすい⁉️「心臓力」を高めるための食習慣とは 2024年04月20日 20:00
「だるくて疲れやすい」をキャベツが解決⁉️人生が変わる“だる抜け”の方法とは 2024年05月28日 19:00
そのイライラや不安、“脳の疲れ”が原因⁉️脳を休ませる「おひとりさまごはん」のススメ 2024年05月07日 19:00
アレを食べない人は口臭が強くなるってホント⁉️気になる“ニオイ”を防ぐ毎日の食習慣とは 2024年05月14日 20:00
1日1切れアレを食べるだけで突然死のリスク減!100年長生きする予防医学のススメ 2024年05月28日 20:00
趣味のロードバイク大会を目標に1年で−15.5㎏!50代が実践した、無駄な間食がなくなる「1日4食」の食事術 2024年04月20日 17:00
更年期世代の希望の星を目指す!半年の停滞期を乗り越え50代で−9kgを実現した「痩せる思考術」 2024年05月25日 18:00