cookpad news
コラム

寝る直前に水を飲むと心筋梗塞になりやすい⁉️「心臓力」を高めるための食習慣とは

「人生100年時代」とよくいわれますが、そのうちハッピーに100歳を迎えられる方はどれくらいの割合でしょうか。年齢を重ねながら充実した暮らしをしていくうえで重要な事は、「心臓」を健康に保つこと。健康な心臓は酸素や栄養を体に効率的に供給してくれるので、より活発な生活が送れるのです。今回は、心臓のエキスパートである大島一太医師による著書『100歳まで元気でいたければ心臓力を鍛えなさい』(かんき出版)から、心臓を健康に保つ食習慣について少しだけご紹介します。

健康で幸せな老後をおくるためには「心臓力」の強化が重要!

心臓とはどのような臓器で、そこにはどんな役割があるのか。ほとんどの人が考えたこともないでしょう。それは、その問いの答えが意識する必要もないほど明快だからです。

「心臓はカラダ全体に血液を送り続けるポンプである」
「心臓が止まれば、死んでしまう」

そうです。心臓は私たちのカラダにとって欠かすことのできない「命の源」であり、一生涯にわたって黙々と働き続ける「命の泉」なのです。

健康な心臓は酸素や栄養をカラダ全体に効率的に供給し、体力や持久力を向上させます。心臓力を高めることで、より活発な生活を送ることができるのです。そして、カラダの健康はQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の土台となり、ハッピーな人生へとつながっていきます。

明日からやりたい!
心臓力を高める「朝の食習慣」

毎朝の白湯が心臓力を高める

就寝中は絶飲絶食が続くので、起床時のカラダは脱水状態になっています。そこで、血流をうながすためにも水分を補給しなければなりません。ただ、冷水は血管や筋肉の緊張を招くので、白湯を飲むことをおすすめします。
白湯とは一度沸騰させて冷ましたお湯です。だいたい50°Cくらいが適温です。カラダを温め、筋肉や内臓がほぐれると、それぞれの機能が高まり、基礎代謝もアップします。腸の働きも活性化するので、白湯とともに朝、トイレに行く習慣もつけていきましょう。

朝食は抜かずに食べる

朝食をしっかりとることも、心臓力を高めるために大切です。朝食を抜くと、カラダはエネルギーの欠乏による「飢餓状態」と感じ、その後、昼や夜にとったエネルギーを必要以上に蓄積してしまいます。
もし、これに運動不足が加われば、メタボとなって、高血圧や糖尿病、脂質異常症を併発する可能性が「掛け算式」に高まり、動脈硬化が進むと、やがては心筋梗塞や脳卒中を引き起こしてしまいます。1日のはじまりに、バランスのよい朝食を心がけましょう。

明日からやりたい!
心臓力を高める「夜の食習慣」

深夜の食事に要注意! おやつは午後3時に

夜遅くに食事をとって、すぐに寝るという生活には危険がひそんでいます。食後は血糖値が上がったり、胃腸の血流が増えたりして睡魔が襲ってきます。そして、1日の疲れやアルコールなども影響して、心地よく眠ってしまいます。*この、心地よさが超危険! *夜中の食事がなぜ危ないのか。その理由はたくさんありますが、なかでも、朝起きて夜寝るという生活リズムをつくる体内時計(サーカディアンリズム)が大きく関係しています。
体内時計を調節する働きをする成分に、「BMAL1」というタンパク質があります。近年、注目を集めているこのタンパク質は、脂肪をつくってため込む酵素を増やし、増加すると脂肪もどんどん増え、減少すると脂肪をため込みにくくなります。
BMAL1は、1日の体内時計のなかで午後3時くらいに低下し、午後10時から深夜2時に上昇します。その差は20倍以上。この仕組みからも、深夜の食事は体内の脂肪を増やし、肥満への道を加速させてしまうことがわかります。
いっぽう、おやつをとるなら午後3時が合理的。おすすめはチョコレートです。カカオポリフェノールやGABAなどの成分が、抗酸化作用や血圧を下げて動脈硬化を防ぎます。食べ過ぎは禁物ですが、最も心血管病のリスクを下げるのは、1週間に45g程度と報告されています。

寝る前の水分のとり過ぎに注意

寝ている間にカラダの水分は500mℓ以上失われ、脱水状態になるため、就寝前に水分を補給するのは健康にいいとされています。これは、夜間就寝中に血液がドロドロになるのを防ぐためですが、じつは、寝る前の過度の飲水には注意も必要です。
寝る前に水分をとり過ぎると、水分はすぐに血液から腎臓を通って膀胱にたまり、尿意をもよおし、夜間頻尿のために何度も目が覚める原因になってしまいます。
眠りが断続的になると、疲れがとれないばかりか、冬場はトイレの寒暖差によるヒートショックや翌朝の血圧上昇による心筋梗塞、脳卒中の引き金となり、さらに夜間の転倒、骨折の原因にもなってしまいます。
夜の飲水は、入浴前後にコップ1杯ずつ、寝る1時間前までに1杯、合計3杯が目安です。また、起床時はもっとも水分が足りないので、朝はしっかり水分をとるようにしてください。就寝中、3回以上のトイレは異常です。水分をとることは必要ですが、頻尿の有無や体調などをふまえて医師の指示に従い、自分にとってベストな飲水量やタイミングを意識しましょう。

本文は『100歳まで元気でいたければ心臓力を鍛えなさい』(かんき出版)より一部抜粋・編集しています。

画像提供:Adobe Stock

著者メッセージ

いつまでも、美味しくご飯を食べていきたいですよね。そのためには健康が第一! 健康のもとには「心臓」があります。心臓を弱らせて、心臓病を発症したら寝たきりになりかねません。心臓力を鍛えて楽しい食生活を送って欲しいと思います。そのヒントが、食習慣。たとえば、朝食はとったほうがいいのかどうか。深夜に食事して、体はどうなるのか。寝る前の水分補給に注意点はあるかなど、気を付けてみてはいかがでしょうか。他にも、高血圧や血糖値、コレステロールも気になるところ。私の医院にいらっしゃる患者さんは、食習慣を気を付けたその時から体調が変わっていきます。健康を蝕む食習慣から、健康寿命を育む食習慣へ、スイッチしてみては。

書籍紹介

『100歳まで元気でいたければ心臓力を鍛えなさい』(かんき出版)
健康で長生きしたい人、心臓に不安がある人が読む本!

本書は、「全国、循環器系スペシャリストの1人」、「朝6時から行列ができる町医者」、「大学病院の循環器科医師」である心臓のスペシャリスト、大島一太医師・医学博士が解説!

ご自身の健康診断と照らし合わせて本書をお読みください!
次のようなことがわかるようになります。
〇心臓と健康長寿の関係
〇自分に心臓がいつまでもつか
〇いま、何をしたらいいか

医学的なエビデンスに基づく「知識」と「生活習慣」が詰まった一冊です。

■心臓を鍛える習慣×ストレッチ法
◎タマゴはいくつまでOKか?
◎イヌイットの食生活に隠された健康的な食べ方
◎一生、自分の足で歩く筋トレ法
◎健康にする貧乏ゆすり法
◎高血圧、コレステロールの正しい下げ方
◎ストレスのコントロール法
◎血管をやわらかくする方法
◎自分に合った運動法の見つけ方
◎血圧を下げる薬は何がいいか
など。

■心臓の最新情報×知っておきたい知識
◎気になる心臓病の症状と対処法
◎50代以上の多くが心不全
◎医者が危惧する「心不全パンデミック」とは?
◎寿命を明らかにするホルモンがある?
◎LDLだけが悪玉ではない⁉
◎第三の脂肪とは?
◎遺伝・性格で心臓力が左右される?
など。

今、知って絶対に得する内容が満載!!

著者紹介

大島 一太(おおしま かずたか)
医師・医学博士。大島医院院長、東京医科大学循環器内科学分野、東京医科大学八王子医療センター循環器内科兼任講師、日本看護協会看護研修学校非常勤講師、日本循環器学会心不全療養指導士実務部委員、日本心臓病学会特別正会員・フェロー・心臓病上級臨床医、Japan Cardiology Clinic Network理事など。
平成8年東京医科大学卒業、同大学院修了。聖路加国際病院循環器内科、東京医科大学八王子医療センター循環器内科、東京医科大学病院循環器内科に勤務。日本循環器学会や日本心臓病学会、日本不整脈心電学会、日本集中治療医学会、日本救急医学会など、多くの学術集会で教育講演、シンポジスト、座長、査読委員などを歴任。日本看護協会、東京都看護協会、日本臨床衛生検査技師会、東京都臨床検査技師会などでは長年にわたり教育、研修講師を担当。テルモ株式会社の技術開発指導などにも携わり、循環器病学の発展に広く貢献。連日行列となる地域密着の開業医でもあり、大学病院の専門性を兼務する、きわめて質の高い地域医療を、正しく丁寧に実践している正統派のスペシャリストである。
おもな著書に『Dr.大島一太の7日でわかる心不全』(日総研出版)、『これならわかる! 心電図の読み方』(ナツメ社)、『心電図の読み方 Dr.大島一太の心電図講座』(看護の科学社)、共著に『あなたの家族が病気になったときに読む本 狭心症・心筋梗塞』(講談社)などがあり、医学系専門誌への執筆は100編以上、その他、健康誌、スポーツ誌など多数執筆。

関連する記事
医師が伝授する老化予防。「なぜか若く見える人」は◯◯を食べている! 2023年11月23日 20:00
「お腹が鳴ったから食べる」は肌トラブルの原因!?自律神経を整える食事のタイミングとは 2023年11月27日 20:00
ダイエット・高血圧予防にも◎「バナナ酢」を食前に飲んでみて 2023年12月05日 18:00
「ひどい乾燥で体全体が痒い…」カサカサ肌に悩む看護師 おすすめの食べ物とは 2023年12月23日 20:00
悪玉コレステロール値が高いといわれたら?食事や食べ物選びの工夫を解説 2023年12月13日 20:00
血圧が高いといわれたら?注意したい食生活と食事のポイント3つ 2023年12月20日 20:00
53歳女性「昔のことを思い出して落ち込む…」寂しさや憂鬱感、意外な原因が? 2024年01月27日 20:00
冬は子どもの肌がガサガサに……その乾燥肌を生まれ変わらせる4つの栄養素とは? 2024年01月27日 19:00
3%の減量で血糖コントロールが改善?減量を達成するための実践法を伝授! 2024年01月03日 20:00
肝機能の数値が高いといわれたら?原因となる生活習慣や改善のポイント4つ 2024年01月10日 20:00
知らないうちにとりすぎてるかも!?炭水化物の過剰に気をつけたい食べ物7つ 2024年01月24日 20:00
梅おにぎりと鮭おにぎり、どっちが正解?栄養士が教える「食べても太らない食事」とは 2023年12月12日 20:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
東洋医学的にはNG!雨の日に食べる「乳製品」がタプタプ脂肪の原因かもしれない 2023年12月29日 20:00
がん専門医に聞いた!がんリスクを減らす「抗がん食材」ベスト3 2023年12月21日 20:00
医師が勧める「痩せる炭水化物」って?糖質制限ダイエットをする人に知ってほしい真実 2024年01月15日 19:00
ダイエットに失敗する人の家には◯◯がない!「太りやすいキッチン」にあるもの・ないもの 2024年01月06日 19:00
なかなか痩せない……なら冷蔵庫を見直して!「痩せやすい冷蔵庫」作りのポイントって? 2024年01月13日 19:00
夕方以降の◯◯で脳機能が低下!?脳内科医が警告する不眠原因となる食習慣とは 2024年01月08日 19:00
ダイエットに間食はNG……ではない!太りにくい体を作る「戦略的な間食」を医師が伝授 2024年01月10日 19:00
専門家が解説!ヘトヘトに疲れてるのに「なぜか眠れない人」が知っておきたいこと 2024年03月02日 20:00
成長期に◯◯をすることが重要!人生100年時代を支える「骨育」を知っておこう 2024年02月25日 14:00
筋肉不足で糖尿病リスクにも?!女性の痩せによる健康リスク 2024年02月14日 20:00
朝までぐっすり眠りたい!質のよい睡眠をとる工夫 2024年02月28日 20:00
得意のDIYでキッチンのゴミ箱にダイソーのアレ使ったら便利すぎた!〜アンバサダーちーすけ♡さんに聞きました〜 2024年03月05日 20:00
【医師が教える】老けて見える人、見えない人の「食習慣」の差 2024年01月30日 20:00
挫折とリバウンドを乗り越えて−16kg!成功を支えたのは「アプリで繋がった仲間たち」 2024年02月10日 09:00
え、そうだったんだ…医師が教える「朝一番のコーヒー」のリスク 2024年02月14日 12:00
医師に聞いた!糖尿病を「改善させる食事」と「悪化させる食事」 2024年02月28日 12:00
鼻づまり解消の食品も!花粉症を「予防できる食べ物」と「悪化させる食べ物」を医師が解説 2024年03月05日 10:00
酸化ストレスを減らそう!医師が教える「老化を早める食事」と「老化を防ぐ食事」の違い 2024年03月30日 10:00
「朝起きられない子」は◯◯不足が原因⁉️規則正しい生活に必須の栄養素とは 2024年03月28日 12:00
早めにとりかかろう!花粉症対策 2024年03月06日 20:00
隠れ脂質を見逃すな!脂質の摂りすぎにつながる要注意な食べ物 2024年03月20日 20:00
不調の原因は「春バテ」?対策をして季節の変わり目を乗り切ろう! 2024年03月27日 20:00
“腸のメンテナンス”がカギ!「花粉症」を抑える食事と生活習慣を医師が解説 2024年03月13日 12:00
糖尿病予防、中性脂肪減にも効果的 健康意識の高い医師が「毎日食べている野菜」とは 2024年03月27日 12:00
◯◯をしっかり食べる子はテストの結果が良い!子どもの成績をアップさせる食事法とは? 2024年02月28日 21:00
子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる⁉️“脳”の能力アップに必要な5つの栄養素とは 2024年02月29日 20:00
朝と夜に◯◯を食べると10歳も若返る⁉️医師が教える“細胞を元気にする”食事法とは 2024年02月22日 20:00
【医師が伝授】ポイントは油!認知症リスクが最大23%下がった○○食事法とは 2024年02月19日 19:00
血糖値の上昇をゆるやかに&血管を若返らせる!便利すぎる「みそ玉」のつくり方 2024年02月28日 18:00
心臓病や不整脈のリスクが減る!医師がオススメする最も効果的な「コーヒーの飲み方」 2024年04月10日 12:00
減塩しても血圧は下がらない?医師が教える「高血圧の改善」に効果的な食べ物 2024年04月24日 12:00
「朝ごはんにパン&コーヒー」はNG⁉️健康に欠かせない◯◯を弱らせてしまう悪い食習慣 2024年04月15日 19:00
「一日三食規則正しくご飯を食べる」は逆にNG!?人生100年時代を元気に長生きするための食習慣とは 2024年03月26日 19:00
毎日の◯◯が将来の認知症を予防!40代から始まる脳の衰えを防ぐ“脳のおそうじ食”とは 2024年04月06日 19:00
毎日食べているアレが老化の原因に⁉️アンチエイジングに欠かせない“副腎”を元気にする食事法とは 2024年04月05日 21:00
医師がすすめる、血圧高い人が「朝」に飲むべき飲み物、避けたい飲み物 2024年05月15日 12:00
アレを食べない人は口臭が強くなるってホント⁉️気になる“ニオイ”を防ぐ毎日の食習慣とは 2024年05月14日 20:00