cookpad news
トレンド

今ならコーヒー100円!中国のコーヒーチェーン店「Cotti Coffee(庫迪咖啡)」に行ってみた

この夏、中国のコーヒーチェーン最大手の「Cotti Coffee(庫迪咖啡)」が、日本初上陸しました。1号店は、8月下旬にオープンした文京区・本郷三丁目店。東京大学赤門に向かう途中にオープンした同店は、開店から常に行列が絶えない人気店となっています。そして、9月24日には2号店となる池袋店がオープンしました。

「Cotti Coffee(庫迪咖啡)」は、2022年10月に中国でスタートしたコーヒーチェーンブランド。設立から1年足らずで、すでに中国の店舗数は5,500店舗を越えているそう。
1ヵ月に1,000店舗という驚くべきスピードで中国国内で拡大し続けている「Cotti Coffee(庫迪咖啡)」は、2023年の夏に日本に上陸し、すでに2店舗目がオープンしています。

9月24日に池袋西口にオープンした2号店も、8月に開店した本郷三丁目店と同様オープンと同時に行列が絶えない様子。すでに、日本では多くの外資系コーヒーチェーン店が人気ですが、この行列を見ると飛ぶ鳥を落とす勢いで注目されているのがわかります。

「Cotti Coffee(庫迪咖啡)」は、ドリンクメニューも豊富です。メニューを見ると、「人気TOP」「お茶とその他のドリンク」「クラシックコーヒー」「アルゼンチン」などのカテゴリ分けがされていて、とても種類が豊富です。
コーヒー、紅茶、スムージーと、いろいろなメニューが揃っているので、家族連れでも楽しめるラインナップになっています。

初めての「Cotti Coffee(庫迪咖啡)」なので、「人気TOP」の1番上にある「ココナッツラテ」を購入してみました。日本ではあまり馴染みがないですが、中国ではココナッツミルクがよく飲まれていて、そのココナッツミルクを使ったラテは大人気だそう。
しかも、オープンを記念して、10月31日までは全てのドリンクが180円(税込)という驚きの値段で飲めます。(アメリカーノは100円(税込))

お待ちかねのココナッツラテ。一口飲むと、口の中にココナッツの香りが広がります。ミルク自体は軽めなのでとても飲みやすく、鼻から抜けるココナッツの香りがアクセントになります。甘みを足すと、さらに飲みやすくなり、このサイズもあっという間に飲み干せてしまいます。 テイクアウトの場合は、このような紙袋に入れてくれるのでとても便利です。

専用のアプリをダウンロードすると、アプリから注文し、待たずにドリンクを受け取ることができます。しかも、アプリ会員限定のクーポンが発行されています。アプリからオーダーすれば、常に割引価格でお得にドリンクが飲めるのもうれしいポイントです。

年内には30店舗のオープンを目指しているそうなので、街のあちこちで「Cotti Coffee(庫迪咖啡)」を見かけるようになる日も近いかもしれません。

(TEXT:山田かほり)

編集部おすすめ