cookpad news
コラム

悪玉コレステロール値が高いといわれたら?食事や食べ物選びの工夫を解説

健康診断などで悪玉コレステロール値が高いことを指摘された場合「食事の工夫が大切そうだ」ということはわかっても、実際にどうすればよいかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。悪玉コレステロール値が高い状態が続くと、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などにつながる恐れがあるため、しっかりと対策を行いましょう。今回は悪玉コレステロール値が高くなりやすい食生活の例や、食事のポイントを解説します。

悪玉コレステロール値が高くなりやすい食生活

悪玉コレステロール値が高くなる原因は、遺伝的なものもありますが、食べすぎ・飲みすぎ・運動不足といった生活習慣が関わる場合があります。具体的にどのような食生活なのか、当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

肉類や乳製品をとる量や頻度が多い

肉類や乳製品には、悪玉コレステロール値を上昇させる原因のひとつとなる「飽和脂肪酸」が含まれています。

「そこまで食べていない」と思っていても、気づかないうちに摂りすぎてしまっているかもしれません。例えば、魚より肉を選ぶほうが多い場合は、食べる量が少なくても、頻度が高ければ結果的に量をたくさんとることにつながります。またおかずのボリュームが多い食事をしているのも、肉類を食べすぎにつながりやすいため、要注意です。

また牛乳を水分補給の代わりに飲む、ヨーグルトやチーズを好んで食べる、生クリームやバターを使った洋菓子を毎日のように食べる…といった習慣がある方も、思っている以上に乳製品から飽和脂肪酸を摂りすぎているかもしれません。

お腹いっぱいになるまで食べたり間食が多かったりする

肥満も悪玉コレステロール値を高くする原因のひとつです。そのためお腹いっぱいになるまで食べたり、間食が多かったりする習慣があると、カロリーの摂りすぎから肥満を招き、悪玉コレステロール値が高くなる恐れがあります。

肥満のある方や、20歳のころから10kg以上増えている方は、生活習慣病のリスクが高いといわれているため、ぜひ「食べすぎ」の習慣を見直してみましょう。

コレステロールが多いものをよく食べる

食べ物に含まれるコレステロールの過剰摂取は、悪玉コレステロール値を高くする原因となります。健康な人であれば気にしすぎる必要性は低いといわれていますが、悪玉コレステロール値が気になる方は、控えることが勧められています。

例えば卵黄、いくらやたらこなどの魚卵、レバーやもつなどの内臓類はコレステロールが多い食べ物の例です。おつまみやご飯のお供などで好んで食べていないか、振り返ってみましょう。

悪玉コレステロール値が高いといわれた方が心がけたい食事のポイント3つ

それでは、悪玉コレステロール値が高いといわれた場合は、どのように食事内容を工夫するとよいのでしょうか。ポイントを3つ紹介します。

1.魚・大豆製品を増やす

肉類を食べる頻度を減らし、魚や大豆製品を食べる頻度を増やしてみましょう。そうすると飽和脂肪酸の摂取量を減らせるため、悪玉コレステロール値低下に役立ちます。

また、さばやさんまなどの青魚はオメガ3系脂肪酸を含み、心筋梗塞などの心疾患のリスクを下げられることもわかってきているため、積極的にとり入れましょう。

2.食物繊維を増やす

食物繊維を増やすことで、悪玉コレステロール値の改善につながるだけでなく、心疾患や脳卒中の予防にも役立つことがわかっています。

食物繊維は悪玉コレステロール値の吸収を妨げたり、コレステロールから作られる胆汁酸の排出を促したりするため、悪玉コレステロール値を下げるために欠かせません。さらにはカロリーカットにも役立つため、肥満の解消にも役立ちます。

食物繊維は、野菜・きのこ・海藻・大豆製品・穀類などから摂取できます。下記の食べ物を増やしてみましょう。

<食物繊維を含む食べ物の例> 玄米・押し麦・オートミール・小麦ふすま(ブラン)・ブロッコリー・ごぼう・オクラ・エリンギ・しめじ・ひじき・わかめなど

3.コレステロールの多い食品を減らす

悪玉コレステロール値が高い方は、食べ物から摂取するコレステロールの量を1日200mg未満に抑えることが目標とされています。先ほどお伝えした、卵黄・魚卵・内臓系などを食べる頻度の多い方は、食べる量と頻度を減らすようにしてみましょう。

詳しいコレステロールの量や食事のポイントはこちらのコラムでも紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。
ホルモンをつくる材料となる【コレステロール】(あすけん公式サイトに移動します)

悪玉コレステロール値が気になる方におすすめの料理・レシピ3つ

最後は、悪玉コレステロール値が気になる方に向けた、おすすめのレシピを紹介します。

サバじゃがみそしる

積極的にとりたい青魚は、缶詰を利用すると手軽にとり入れられます。さば水煮缶とじゃがいもで作る簡単な味噌汁は、さばの栄養素やうまみをムダなくたっぷり摂れますよ。

サバじゃがみそしる(あすけん公式サイトに移動します)

春菊とクルミのサラダ

春菊からは食物繊維、くるみからはオメガ3系脂肪酸をたっぷり摂れるレシピです。春菊は生のまま使っているのでよく噛んで食べられ、食べすぎ防止にも役立ちます。

春菊とクルミのサラダ(あすけん公式サイトに移動します)

オーツミルクシチュー

牛乳やバターを使って作るシチューは、飽和脂肪酸の量が気になってしまいますが、こちらのレシピではオリーブ油とオーツミルクを使っているので、安心して食べられます。鶏胸肉も皮を外して使うので、脂質の量も抑えられるヘルシーなレシピです。

オーツミルクシチュー(あすけん公式サイトに移動します)

自身の食生活を振り返るときに、食事記録をしてみる方法もおすすめです。客観的に食生活を振り返られるため、食事の偏りや過不足に気づきやすくなります。ぜひ今回紹介した内容を参考に、悪玉コレステロール値改善を目指して食事の工夫をはじめてみましょう。

※食事療法について、医師から指示がある場合はそれに従ってください。治療中の方が実践する場合は、必ず医師に相談しましょう。

【執筆者:管理栄養士 広田 千尋】
管理栄養士。病院、保健センター、保育園で幅広い年代の栄養サポートに携わる。現在はフリーランス管理栄養士として、ライターやレシピ制作を中心に活動中。あすけんではコラム執筆などを担当している。HP:https://hirotachihiro.com/

※本記事は、AI食事管理アプリ『あすけん』の「ダイエットの知識」コラムからの転載記事です。

AI食事管理アプリ『あすけん

ダイエットや健康管理に必要な、食事記録・カロリー計算・体重管理・運動記録などがまとめてできる無料アプリ『あすけん』。食事写真や商品バーコードを “撮るだけ” で簡単にカロリー計算ができ、AI栄養士からあなただけの食事アドバイスが毎日届くので、日々の栄養バランスの改善に役立ちます。

▶︎アプリダウンロードはこちらから!

【PC・スマホサイト】https://www.asken.jp/
【公式Twitter】https://twitter.com/askenjp
【公式Instagram】https://www.instagram.com/askendiet_japan/

関連する記事
30代からの発症も⁉︎”うつ病"に間違えられやすい「男性更年期障害」の実態 2023年09月30日 20:00
肉を食べて内臓脂肪を落とす!アメリカの名医がダイエットに「赤肉」を勧める理由とは? 2023年10月07日 19:00
コレステロールを下げる食材はコレ!「年代別」「男女別」の付き合い方を医師に聞きました 2023年09月29日 17:00
「カップ麺だけ」の食事をする人に迫るリスクって?コンビニで買い足すならコレ 2023年09月19日 12:00
ケーキを食べるならアップルパイが正解!? ダイエット中に役立つ食事選びのちょっとしたコツ 2023年08月30日 20:00
やせない理由はカロリーじゃない?忙しい人が見直したい3つの習慣 2023年09月06日 20:00
食べないダイエットになってない?「カロリー制限ダイエット」の5つの落とし穴 2023年09月13日 20:00
その不調「寝だめ」のせいかも?注意したい社会的ジェットラグとは 2023年09月20日 20:00
飲み方次第で"睡眠"に悪影響も… コーヒー「飲む時間」の正解は 2023年08月28日 20:00
減量中もスコーン1日1個!−30kgを叶えた「停滞期」もお構いなしのストレスフリーダイエット 2023年08月26日 16:00
栄養士が選ぶ!我慢しないで思いっきり食べたいメニュー5選と食べ方のコツ 2023年09月27日 18:00
朝起きると体が鉛のように重い…更年期症状をきっかけに始めたダイエットで手に入れた健康と「新たな趣味」 2023年09月02日 17:00
はかり不要!バターを10g、5gにカットする方法が画期的すぎた 2023年10月15日 18:00
くしゃみ・目の痒みが止まらない…「秋の花粉症」に絶対とるべき食事とは? 2023年10月21日 10:00
これって秋バテ?秋の不調を乗り切る食事と生活習慣のポイント 2023年10月04日 20:00
DASH食とは?高血圧予防に役立つ食事法の効果とやり方を知ろう 2023年10月11日 20:00
シニアにもおすすめ!不足しがちなタンパク質&カルシウムのちょい足しワザ 2023年10月18日 20:00
間食の適量200kcalとはどのくらい?おすすめの種類と量を解説 2023年10月25日 20:00
その習慣が認知症を招く?「寝る直前に大量の水を飲む」ことのデメリットとは 2023年09月21日 20:00
痩せたい人はコレ買って!ダイエット講師が買ってる「コストコ食材」3選 2023年10月17日 16:00
低カロリーで肥満予防にも!「里芋」の栄養がすごかった 2023年11月18日 12:00
SNSで9万回検索された!卵不使用なのに驚くほど濃厚な「罪悪感ゼロ・カルボナーラ」 2023年11月28日 18:00
人工甘味料は血糖コントロールやダイエットの味方になる?上手な活用の仕方 2023年11月01日 20:00
そのプロテイン、本当に必要?プロテインが必要な人、必要ではない人 2023年11月08日 20:00
血糖値が高いといわれたら?まず見直したい食生活のポイント4つ 2023年11月15日 20:00
野菜ジュースのメリット・デメリットは?上手な活用の仕方 2023年11月22日 20:00
“だしいらず“でおいしい!低カロリー高タンパクな「豆乳」がスープにおかずに万能すぎた 2023年10月22日 20:00
医師が伝授する老化予防。「なぜか若く見える人」は◯◯を食べている! 2023年11月23日 20:00
158cm・60kgから48kgへ!食事管理のみで1年に−12kgを叶えた産後ママの最強ダイエット法 2023年11月04日 15:00
これだけ守れば大丈夫!ダイエット中でも罪悪感ゼロの「おやつ2か条」とは 2023年12月18日 20:00
これ知ってる?ドンキ・ホーテのおすすめプライベートブランド商品 2023年12月01日 20:00
1年で最もダイエットに適した季節到来!冬が来る前に運動を始めるのがポイント 2023年11月29日 19:00
サウナにダイエット効果はある?流行りの「サ飯」の気をつけるポイントを解説 2023年12月06日 20:00
血圧が高いといわれたら?注意したい食生活と食事のポイント3つ 2023年12月20日 20:00
眼科医が警告「水の一気飲み」で視力が落ちる⁉️失明に繋がる悪習慣に注意 2023年11月20日 20:00
年末年始の強い味方!暴飲暴食をなかったことにできる◯◯スープって? 2023年12月26日 20:00
3%の減量で血糖コントロールが改善?減量を達成するための実践法を伝授! 2024年01月03日 20:00
肝機能の数値が高いといわれたら?原因となる生活習慣や改善のポイント4つ 2024年01月10日 20:00
何でも食べていい?「16時間ダイエット」でやってはいけないNG行動! 2024年01月17日 20:00
知らないうちにとりすぎてるかも!?炭水化物の過剰に気をつけたい食べ物7つ 2024年01月24日 20:00
朝食にコーンフレークは危険!?「老けない主食ランキング」の結果は… 2024年01月19日 17:00
梅おにぎりと鮭おにぎり、どっちが正解?栄養士が教える「食べても太らない食事」とは 2023年12月12日 20:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
がん専門医に聞いた!がんリスクを減らす「抗がん食材」ベスト3 2023年12月21日 20:00
これって冬バテ⁉︎乾燥や寒い季節の不調を撃退する健康食材5選 2024年02月07日 20:20
筋肉不足で糖尿病リスクにも?!女性の痩せによる健康リスク 2024年02月14日 20:00
毎日プチ運動をしたら1年で何キロやせる?習慣化したい運動を紹介 2024年02月21日 20:00
挫折とリバウンドを乗り越えて−16kg!成功を支えたのは「アプリで繋がった仲間たち」 2024年02月10日 09:00
「老け見えしない」50代のダイエット術!4カ月でー6kg、更年期症状も改善した方法 2024年02月17日 09:00
【医師が伝授】ポイントは油!認知症リスクが最大23%下がった○○食事法とは 2024年02月19日 19:00