cookpad news
コラム

ダイエットを成功に導く活用法も紹介!意外と知らない「体組成計選び」のポイント

春に向けてそろそろ本格的にダイエットを…と思う方も多い時期。ダイエットに欠かせないのが、身体の変化を数値で知ることのできる体組成計です。けれど、体組成計と一口に言っても機能や価格帯は幅広く、自分に合った一台を選ぶのには迷うもの。そこで今回は、体組成計の選び方や活用法について、体組成計を販売するオムロン ヘルスケア株式会社のマーケティングご担当者にお話を伺いました。

実測値じゃない!?意外と知らない「体組成計の仕組み」

ーーそもそも、体組成計では何が測れるのでしょうか?

体組成計は、筋肉や体脂肪、内臓脂肪、骨などの身体を構成している項目の値を測ることができます。計測方法をお伝えすると驚く方も多いのですが、体組成は基本的に推定して表示している数値です。

体組成計は、”脂肪は電気を通しにくく、筋肉や血管など水分の多い組織は電気を通しやすい”という性質を利用して、体に微弱な電流を流し、「抵抗値」と呼ばれる数値を計測します。体に流す電流は非常に微弱ですので、ビリビリと刺激を感じるようなこともなく、体にも安全です。

弊社をはじめ、体組成計メーカーは数多く集められた詳細な身体の基礎データを元に推定式を作っています。抵抗値、身長、体重、年齢、性別の5項目と推定式を用いて、測定した人の体脂肪率や骨格筋量、基礎代謝などの体組成の数値を算出しているんです。

お客様から「他メーカーの体組成計で測ったら体脂肪率が違った」といったお声もいただくのですが、違う数値が出てしまうのはメーカーによって元になる推定式が違うからです。どちらが正解ということはなく大切なのは経過を見ることなので、その差はあまり気にせずお使いの機器で継続的に測っていただくのがいいかなと思います。

価格の差は「アプリ連携機能の有無」にあった!

ーーさまざまな機能や価格帯の体組成計が販売されていますが、自分に合った体組成計を選ぶポイントを教えてください。

価格帯はスマートフォンのアプリ連携機能があるかないかで大きく変わってきます。なので、まずは体組成をアプリで管理したいかどうかを考えるのが最初のポイントになるかと思います。

アプリ連携機能は、計測した数値が自動でアプリに転送され、体組成の変化をグラフで継続的に記録できるのがメリット。グラフ化することで、ただ数値だけを見るよりも変化を実感しやすくなります。年間での変化もわかるので、夏バテや冬に増えやすいなどの季節に応じた自分の傾向や変動が把握でき、数値に変化があった時に許容範囲かどうか、柔軟に判断できる良さもあります。アプリ連携機能付きだと、大体5000円から1万円くらいからの価格でしょうか。

そもそも記録する必要がない、記録するにしても手入力で数値を実感したい方などは、概ね5000円以下で購入できるアプリ連携のない商品を選んでいただけたら良いかと思います。

より正確に測るコツとは?

ーー価格の差がアプリ連携機能にあるとは驚きでした!アプリ連携以外で価格に差がある場合は、計測項目に違いがあるのでしょうか?

体組成として測れる項目について、みなさんがよく気にされる体重と体脂肪率はほとんどの製品で測れるので、あまり大きな差がない場合が多いです。あとは、どの程度正確に測りたいかによってタイプが分かれるかと思います。

身体の部位別で測定したい場合におすすめなのが、両手両足で測定する全身式のです。腕やお腹、脚などの強化しているポイント別に測れるので、ボディメイクをされている方などに向いています。

また、全身式のタイプは計測タイミングによる数値の変動がほとんどないという特徴があります。実は、両足だけで測定タイプの場合、測るタイミングが重要で、計測時間帯によっては体脂肪率も変化する場合があるんです。

夜になると足が浮腫むことがありますよね。体内の水分は起床後時間を追うごとに下半身に集まる傾向があります。両足測定タイプの体組成計は下半身を中心に電気抵抗値を測定しているので、夕方に両足測定タイプで計測すると電気が流れやすい状態になって、体脂肪率などが1.5〜2%ほど下がって測定されてしまいます。一方、全身式のタイプは、上半身と下半身それぞれの電気抵抗を合わせて全身の値を推定するので、時間の影響なく正確に計測することができます。

いずれのタイプで測る場合も体組成の変化をより正確に知るには、毎日同じ時間帯に測ることがポイントです。

提供:オムロン ヘルスケア株式会社

ただ、ボディビルをされていたり、スポーツで生計を立てていらっしゃったりすような方だと、一般の方と体の組成が違うので、体組成の数値は参考値になります。もしそういう方がより正確に測りたい場合は、アスリートモードのある体組成計や、ジムに設置されている業務用を活用していただけたらと思います。

ダイエット成功の秘訣は毎日体重計に乗ること!

ーー業務用の体組成計があるのですね!ではダイエット目的で使用するならどんなポイントが大事でしょうか?

オムロンコネクトアプリのユーザーの傾向を調べたところ「週6日以上測定していた人は、平均週2日測定していた人より減量幅が大きい」ということが分かりました。体組成計に乗るだけでは痩せませんが、乗る頻度が高く経過をオムロンコネクトで記録している人の方が減量幅が大きいことがわかっています。なので、ダイエットしたい方は、まずは毎日乗ること、それをルーティン化することを目指していただけたらと思います。

提供:オムロン ヘルスケア株式会社

知りたくないと恐る恐る体組成計に乗っている方もいると思いますが、毎日の計測を当たり前にすることで心の負担を減らせれば、体重を楽にコントロールしていただけるのではないでしょうか。

毎日測る上で重要な「デザイン」と「サイズ」

ーーなるほど、毎日測るとなると継続するモチベーションが重要そうですね。

そうですね、そのために使いたくなるビジュアルからモチベーションを高めるのも良いかと思います。ご家庭によってはリビングに置く方もいて、インテリアを気にされていると「置くことで生活感が出てしまう」というご意見も。そういう方には、ボタンや表示画面がないガラスの天板を使ったデザインですと電子機器っぽさを感じない見栄えで置きやすいと思います。

全体が黒いスタイリッシュなデザインの商品は、黒物家電で揃えていらっしゃる方から「部屋のトーンに合わせて置ける」と好評をいただいています。他にも人気キャラクターが描かれている商品もあるので、見た目の好みで選んでいただくのも良いかと思います。

あと、意外と見落としがちなのがサイズですね。あまりコンパクトなものですと、測定には問題ありませんが、特に男性は足が結構はみ出てしまい使いにくいと感じる方もいらっしゃると思います。逆に、全身式タイプは本体の幅が30センチほどとやや大きく、腕を身体の前に伸ばして計測するのでスペースが必要です。狭い洗面所や壁側に寄せての設置が難しい場合もあるので、購入前に生活動線や置き場所をイメージして見合ったサイズを選んでいただくことも重要ですね。

見逃されがちだけど着目したい「骨格筋率」

ーー最後に、意外と知られていない体組成計の活用法があれば教えてください。

体重や体脂肪に着目される方が多いかと思いますが、ぜひチェックしていただきたいのが「骨格筋率」です。骨格筋とは体を動かすための筋肉で、運動など自分の意思で増やすことができます。筋肉を筋肉量で見ると一見わかりやすいのですが、減量すると筋肉量も減るので、ダイエット中は「筋肉が落ちてしまった」と感じやすいんですね。なので、減量している人は筋肉量ではなくて、体重あたりの骨格筋の割合を見る「骨格筋率」が維持もしくは増加しているかを確認いただくのをおすすめします。

骨格筋が増えれば、基礎代謝が上がり、エネルギーを消費しやすくなるので、骨格筋率を下げないようにすることでより太りにくい体質になります。骨格筋率は日々大きく変わるものではありませんが、変化した時に気づけるように月に一回くらいは着目していただくと良いかと思います。

また、一般的に筋肉は加齢とともに減少する傾向にあります。特に運動不足を感じている方は、長く健康でいるために、骨格筋に着目してみていただきたいです。

このような変化も記録をしていないと気付けないので、せっかくお金をかけて購入していただいたのであれば、できれば毎日測ってアプリ連携で推移を見て、健康的な身体作りを目指していただけたらと思います。

※体組成計製品の参考情報はこちら

取材・執筆/小菅 祥江

※本記事は、AI食事管理アプリ『あすけん』の「ダイエットの知識」コラムからの転載記事です。

AI食事管理アプリ『あすけん

ダイエットや健康管理に必要な、食事記録・カロリー計算・体重管理・運動記録などがまとめてできる無料アプリ『あすけん』。食事写真や商品バーコードを “撮るだけ” で簡単にカロリー計算ができ、AI栄養士からあなただけの食事アドバイスが毎日届くので、日々の栄養バランスの改善に役立ちます。

▶︎アプリダウンロードはこちらから!

【PC・スマホサイト】https://www.asken.jp/
【公式Twitter】https://twitter.com/askenjp
【公式Instagram】https://www.instagram.com/askendiet_japan/

関連する記事
SNSで9万回検索された!卵不使用なのに驚くほど濃厚な「罪悪感ゼロ・カルボナーラ」 2023年11月28日 18:00
これだけ守れば大丈夫!ダイエット中でも罪悪感ゼロの「おやつ2か条」とは 2023年12月18日 20:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
1年で最もダイエットに適した季節到来!冬が来る前に運動を始めるのがポイント 2023年11月29日 19:00
サウナにダイエット効果はある?流行りの「サ飯」の気をつけるポイントを解説 2023年12月06日 20:00
悪玉コレステロール値が高いといわれたら?食事や食べ物選びの工夫を解説 2023年12月13日 20:00
血圧が高いといわれたら?注意したい食生活と食事のポイント3つ 2023年12月20日 20:00
年末年始の強い味方!暴飲暴食をなかったことにできる◯◯スープって? 2023年12月26日 20:00
年末年始太りに!痩せたい人は「みかん」こう食べて【管理栄養士に聞いてみた】 2024年01月09日 10:00
冬は子どもの肌がガサガサに……その乾燥肌を生まれ変わらせる4つの栄養素とは? 2024年01月27日 19:00
3%の減量で血糖コントロールが改善?減量を達成するための実践法を伝授! 2024年01月03日 20:00
肝機能の数値が高いといわれたら?原因となる生活習慣や改善のポイント4つ 2024年01月10日 20:00
何でも食べていい?「16時間ダイエット」でやってはいけないNG行動! 2024年01月17日 20:00
知らないうちにとりすぎてるかも!?炭水化物の過剰に気をつけたい食べ物7つ 2024年01月24日 20:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
医師が勧める「痩せる炭水化物」って?糖質制限ダイエットをする人に知ってほしい真実 2024年01月15日 19:00
50代からの落ちにくい体重に!話題の「アジアン粥」で置き換えダイエットをやってみた 2024年01月24日 19:00
ダイエットに失敗する人の家には◯◯がない!「太りやすいキッチン」にあるもの・ないもの 2024年01月06日 19:00
なかなか痩せない……なら冷蔵庫を見直して!「痩せやすい冷蔵庫」作りのポイントって? 2024年01月13日 19:00
夕方以降の◯◯で脳機能が低下!?脳内科医が警告する不眠原因となる食習慣とは 2024年01月08日 19:00
毎朝の◯◯が“要介護”にならない秘訣!?医師が教える「元気に長生きできる食事術」とは 2024年01月11日 19:00
ダイエットに間食はNG……ではない!太りにくい体を作る「戦略的な間食」を医師が伝授 2024年01月10日 19:00
400人以上が実践!ささみの筋が◯◯でするんと取れる裏ワザ 2024年02月11日 18:00
何これスゴい…!半熟卵を超えた「とろ生ゆで卵」の作り方 2024年02月20日 09:00
成長期に◯◯をすることが重要!人生100年時代を支える「骨育」を知っておこう 2024年02月25日 14:00
これって冬バテ⁉︎乾燥や寒い季節の不調を撃退する健康食材5選 2024年02月07日 20:20
筋肉不足で糖尿病リスクにも?!女性の痩せによる健康リスク 2024年02月14日 20:00
毎日プチ運動をしたら1年で何キロやせる?習慣化したい運動を紹介 2024年02月21日 20:00
朝までぐっすり眠りたい!質のよい睡眠をとる工夫 2024年02月28日 20:00
不摂生な生活で激太り!座りっぱなしの漫画家が一念発起して−25kgを達成した「期間集中ダイエット」 2024年02月03日 09:00
挫折とリバウンドを乗り越えて−16kg!成功を支えたのは「アプリで繋がった仲間たち」 2024年02月10日 09:00
「老け見えしない」50代のダイエット術!4カ月でー6kg、更年期症状も改善した方法 2024年02月17日 09:00
医師に聞いた!糖尿病を「改善させる食事」と「悪化させる食事」 2024年02月28日 12:00
酸化ストレスを減らそう!医師が教える「老化を早める食事」と「老化を防ぐ食事」の違い 2024年03月30日 10:00
社会問題に貢献!人気店のパンやスイーツをお得に買える「フードロス対策アプリ」を紹介 2024年03月22日 20:00
「朝起きられない子」は◯◯不足が原因⁉️規則正しい生活に必須の栄養素とは 2024年03月28日 12:00
早めにとりかかろう!花粉症対策 2024年03月06日 20:00
栄養士がアドバイス!口内炎の原因と食事でできる対処法 2024年03月13日 20:00
隠れ脂質を見逃すな!脂質の摂りすぎにつながる要注意な食べ物 2024年03月20日 20:00
不調の原因は「春バテ」?対策をして季節の変わり目を乗り切ろう! 2024年03月27日 20:00
子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる⁉️“脳”の能力アップに必要な5つの栄養素とは 2024年02月29日 20:00
材料2つ!卵不要・揚げない「チュロス」が簡単すぎ 2024年04月09日 07:00
睡眠で変わる!質の良い睡眠で得られるうれしい効果6つ 2024年04月10日 20:00
食べ歩きが趣味の30代グルメ夫婦!栄養知識ゼロではじめたダイエットがきっかけで大きく変化した食習慣とは? 2024年03月23日 20:00
120kgから55kgになり人生が一変!体型、体調、メンタルまで整った−65kgダイエットの中身 2024年03月30日 18:00
寝る直前に水を飲むと心筋梗塞になりやすい⁉️「心臓力」を高めるための食習慣とは 2024年04月20日 20:00
アレを食べない人は口臭が強くなるってホント⁉️気になる“ニオイ”を防ぐ毎日の食習慣とは 2024年05月14日 20:00
趣味のロードバイク大会を目標に1年で−15.5㎏!50代が実践した、無駄な間食がなくなる「1日4食」の食事術 2024年04月20日 17:00
「まごわやさしい」とはどんな意味?おすすめレシピと1週間分の献立例を紹介 2024年04月29日 20:00
更年期世代の希望の星を目指す!半年の停滞期を乗り越え50代で−9kgを実現した「痩せる思考術」 2024年05月25日 18:00