【保存版】次世代おにぎり「おにぎらず」を美味しくキレイに作る7つのコツ!

D74b65b57eef700a53b543538b998ecd

もはやお弁当の定番、おにぎらず!

握らないおにぎり「おにぎらず」。昨年、クックパッドニュースの記事話題の「おにぎらず」って一体なんだ?で取り上げた際には、大反響を呼びました。あれから半年が過ぎ、いまではすっかりお弁当やパーティーの定番メニューとなっているようです。

コツをつかめば、もっと上手にできる

おにぎらずの作り方は、のりの上にご飯と具材をのせて包んで切るだけと至ってカンタン!チーズや半熟卵、スパム、明太子などなど、おにぎりの域を超えた具材を包めるのも楽しいですよね。でも、中には「のりがペロンとはだけちゃう」「うまく切れない…」などの声も。おにぎらずをもっと上手に作るコツをまとめました。

コツ1 ご飯を正方形にしておく

17f8c41118f360e1869ef52bee3b7eaf おにぎらずに使うご飯は、あらかじめ薄く正方形にラップで整えておくと、キレイな形にしやすいですよ。使うご飯の量もわかって便利!


コツ2 ご飯に塩をふる

おかずのような味付きの具材を入れることも多いおにぎらずですが、おにぎり同様、ご飯に少量の塩をふることで味が引き締まります。

コツ3 のりに穴をあけて食べやすく

お子さんなどは、のりの重なった部分が噛み切りにくい場合も。のりにフォークでぷすぷすと穴を開けておくと、穴が切り取り線のようになって食べやすくなりますよ。この方法、コンビニでも使われているとか。

コツ4 ご飯の量は気持ち多めにする

ご飯が少なすぎるとおにぎらずが小さくなり、重なったのりの部分を食べにくく感じてしまいがちに。のりを1枚使う場合は、ご飯はお茶碗軽く2杯分、ハーフサイズなら1杯分と、しっかり入れるのがコツです!

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

「裏ワザ」 アクセスランキング (毎日6:00更新)