おいしく楽しく食費節約する買い物術【増税に負けない!家計防衛シリーズ①】

おいしく楽しく食費節約する買い物術【増税に負けない!家計防衛シリーズ①】

食品値上げ、消費税増税。家計の負担は今後さらに増えそうです。そんな中でも、食卓はおいしく楽しく♪ そんな人のための食費節約術を数回にわたってリポート。今回は、料理のスタート=食材の買い物節約術をご紹介します。

今月から円安等の影響で牛乳、清酒、輸入小麦の料金が値上げ。さらに、2014年4月1日より消費税率が現5%から8%に引き上がることが決定しました。 アベノミクス効果で景気は上向きといわれるものの、まだまだ実感は薄い暮らしの中、家計負担増大に不安な方も多いと思われます。

家計を守るときに真っ先に注目されるのは「食費」。努力した分だけ節約の効果が出やすい領域だからでしょう。でもおいしさは家族の笑顔につながり、健康にも直結するため、ただ財布の紐をしめればいいというものではありません。 おいしさも、健康も、笑顔も損なわずに、家計防衛のために賢く食費を節約するにはどうしたらよいのでしょうか?

食費節約というと、つい安い食材の使いこなしなどが気になりますが、料理のスタート地点は食材調達=買い物。ここを制する者が食費を制すると語るクックパッド買物情報事業部ディレクター横溝さんに今回、賢い買い物術を取材しました。

衝動買い防止のためには、冷静な環境で買い物計画を!

横溝さん(以下太字同):「調査によると、日本人は食に関する買い物の場合、店頭での意思決定が80%だそうです。これって、店頭で衝動的に買うことが多いということ。家電やコスメなどの購入は事前調査・比較検討する人も、食材といった比較的安価で日常の買い物になると、ついついあまり考えずに購入ということになりがちなのです

確かに。

買い物って実は情報戦!なんですよ

え? ふだんの買い物も情報戦?

スーパーも、コンビニも目立つ位置に並んでいる商品は、メーカーやお店が売りたい意思のものが混ざっていることが多いもの。それらを買うような受け身の姿勢ではなく、今安くまとめ買いしたとしても、使い切れるかどうか。今、自分や家族に必要なものは何か、を冷静に考えて買物をする姿勢が大事だと思います。なぜ欲しいかの整理>事前調査>比較>購買ができるようになるといいと思います

食材を買うだけなのに、そのプロセス必要なんでしょうか…

実は食費の無駄で一番多いのは【冷蔵庫内ロス】なんです。食材を買いすぎて使いきれず、冷蔵庫で腐らせたり賞味期限がすぎてしまったり

ドキッ!心当たりがありすぎます…

買い物に行く前に何を買おうか、事前にシミュレーションする方がいいですよ。そのときに役立つのが、チラシやネットなどでの特売情報。店頭に行く前の冷静な環境で、買い物計画をたててから買い物すれば、食費はずいぶん変わるはずです

冷静な環境での買い物計画…なるほど! 買い物って楽しいけど後悔も多いですもんね。

そして、適正な価格を把握しましょう。安い!と飛びついても安くないことも。特に、じゃがいも、にんじん、玉ねぎなど一年中ある食材は底値を把握しやすいので、定期的に値段をチェックしておくなどの積み重ねが大事ですよ

買い過ぎる気分やタイミングは、要注意!

C2a87b834456f70a5aacd0280337df3a

さらに、店頭でも注意が必要です。

お腹がすいているとき、給料日後の気持ちが大きくなっているときなどは、つい買いすぎる傾向があるので、避けた方がよいかも。また、お子さんと一緒だとお菓子を買ってしまったりするので、できるだけ一人で短時間にすませるのも大切です。買い物カゴはカートに乗せず手にもつと、重さで買い過ぎ防止になりますよ

まずは、お腹を満たしてから買い物へ!ですね。

よく行くお店を知りつくす!ことも大切

よく行く店が何店かあるなら、売り場をよく観察してみてください。生鮮で葉ものの鮮度はどうか、魚の鮮度はどうか。すると、各店舗の特長が見えてきます。また、陳列やPOP(店頭に飾られているポスター)などは何に力を入れているのかが見えてきやすいアイテムなので要チェック。その上でこの商品はこの店で買う、など決めてから行くと賢い買い物ができて、最終的には時間節約にもなります

なるほど。そうすれば安くてもおいしい食材が手に入りますね!

そして、ぜひお店の人と仲良くなってほしいですね。大規模スーパーでは難しいかもしれませんが、個人商店などはぜひ積極的に行うべし!です。仲良くなるならスーパーの店長さん以上に、いつもいる主婦のパートスタッフがオススメ。この人はリーダー格だ!という人をみつけたら声をかけてみましょう。商品知識や調理方法なども豊富なはずです

!!!!なるほど。

基本的にはスーパーも商店街も生活者を応援したい気持ちでいっぱい。そして、どんなニーズがあるのかなどをすごく知りたがっています。お店のご意見カードなどを利用して、声を届けてぜひ使いやすい店を増やしていってほしいですね

なんだか買い物上手になれそうな気がしてきました。

ちなみに、消費税増税にあたって今後は大多数が税抜き表示になると言われています。が、一部では税込みあるいは併記するところも出てくるでしょう。税に関する表示が店舗によってバラバラになる可能性が高いので、店頭では価格表示はぜひ確認しましょう

了解しました!! 買い物術をマスターしたら、安い食材を使ったレパートリーを増やせるかが肝心ですね!次回のリポートでは、冷蔵庫で腐らせがちだけど激安の【もやし】をおっかけていきたいと思います。乞うご期待!


取材協力

クックパッド 買物情報事業部

日本全国のスーパー、商店街1万店舗以上の特売情報を集め即時に伝えるサービスクックパッド特売情報を運営。各店舗から届く特売情報のチェック・配信や店長との交渉・コミュニケーションなど、店頭情報の最前線にたち、消費者の方の買い物がより良いものになるよう日々改善・改良・開拓に励んでいる。
「通常のチラシの場合、事前に計画されている目玉商品ばかりですが、クックパッドの特売情報はリアルタイムで店舗がお勧めする商品も配信されます。そのため、売り切れがすくなかったり、おもわぬ掘り出し物を発見したりなど、よりお得に買うことが可能です。ぜひ利用してみてくださいね」(横溝さん)

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、週6回編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

アクセスランキング (毎日6:00更新)