はちみつは1歳未満の乳児に与えてはいけないって知っていますか?

5b8aaf0474dd93edd603a09c96067fb4

料理やお菓子に甘みやコクを与えてくれ、栄養成分も豊富で美容や健康にも良いと言われているはちみつ。クックパッドでもとても人気の食材です。でも、1歳未満の乳児にはちみつは与えてはいけないのはご存知ですか?

みんなの大好きな「はちみつ」。実は1歳未満の乳児に与えてはいけないというのを知っていますか?ママ経験者以外には意外にしらない、この情報をクックパッド管理栄養士が解説します。

そもそもはちみつって?

みつばちが花の蜜を採取し、巣に持ち帰り巣の中で熟成、濃縮してできる天然の甘味料のことを指します。

1歳未満の乳児に与えてはいけない理由とは

はちみつは土で育つ花の蜜が原料のため土壌菌(ボツリヌス菌の芽胞)が含まれている可能性があります。すべてのはちみつに含まれているわけではありませんが、全体の約5〜10%にボツリヌス菌の芽胞が検出されています。しかし、どのはちみつにボツリヌス菌芽胞が含まれているかは詳しく検査をしないとわからないため、与えるのは控えるべきとの見解です。 1歳未満の腸はまだ未熟で短いため、ボツリヌス菌芽胞が消化管で死滅されずに吸収されてしまい、抵抗力の低い乳児の腸内で菌が増殖し便秘、麻痺、全身の筋力が低下する脱力状態などの症状が現れる『乳児ボツリヌス症』を引き起こす危険性があります。1986年に初めて症例が報告され、厚生省(当時)が1987年以降、1歳未満の乳児にはちみつを与えないよう指導しています。

よくある質問に答えます

Q. 1歳を過ぎればはちみつを与えても大丈夫?
A. 1歳を過ぎれば腸が発達し、免疫機能が整うのでボツリヌス菌が増殖することはありませんので、大丈夫といわれています。乳児ボツリヌス症の94%は6ヶ月未満の乳児、症例の最高月齢は11ヶ月です。

Q 菌ならば、加熱すれば食べさせても大丈夫では?
A. ボツリヌス菌の芽胞は高温に耐えるため、加熱調理では除去できません。よって加熱をしたものや、はちみつの入った加工品でも1歳未満の乳児には与えないで下さい。

母子手帳などに記載されているため、ママ達にはほぼ常識かもしれませんが、意外に知らない人も。パパはもちろん、あらゆる世代の人たちに知ってほしい知識です。是非覚えておいて下さいね。


参照サイト
厚生労働省ホームページ
国立感染症研究所ホームページ

クックパッド編集部

アクセスランキング (毎日6:00更新)