【お得ワザ】買ってきた「豆苗」の再生栽培にはコツがあった!

D8e4e2ca3b2ee016c8044a485f592bf0

一年を通して安定した価格で購入できる食材の1つ、豆苗。財布の強い味方でもありますよね!しかも、1度切り取った豆苗を自宅で「再生栽培」させれば、もう1度食べられるようになるので、さらにお得!

そこで、今回は、家庭で豆苗を上手に育てるためのコツをまとめました!今まで上手く育たなかった…という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しい育て方はコチラ

いつも成功!秘密の豆苗再生法 育て方 by プロースト!
安定価格再生可能!最高5回再生させたコツを紹介。試してみて➰(写真は4回目)ニュース掲載話題入2回目れぽ100名超感謝❤

「側芽」を残すのがポイント!

豆苗を料理に使う際に、根元から切らないように注意します。豆の上に葉がふたつある状態で残すのがポイント。

この部分は「側芽(そくが)」といい、上部がカットされたあと、次の豆苗が育つときの「成長点」になる部分なんです。

893d3e866edcfcef32f2ee330a6c98d9

専門家にも豆苗の上手な育て方&注意点を聞きました!

豆苗の育て方を日々研究している「村上農園」に、豆苗の再生栽培について伺いました。

日当たりのいい窓際に置こう!

「豆苗の栽培は暑すぎても寒すぎてもうまくいきません。日当たりのよい窓のある室内で、夏場は直射日光をさけて育てることが大切です。」

水を毎日替えよう!

「1日1回は水を替えましょう。夏場は1日2回以上替えるのがベター。また、使用する水は『肥料入り』ではなく、普通の『水』がおすすめです。」

衛生面に注意!

「条件が揃えば再生栽培は2回まで可能ですが、豆にカビが生えるなど、衛生面で問題が生じがちです。再生栽培が1回終了したら、また新しい苗で挑戦するのがおすすめです。」

なるほど、上手に育てるためには、やはりさまざまなコツがあったんですね。再生栽培に成功したあかつきには、豆苗料理のレパートリを増やして、食卓を豆苗祭りで盛り上げてみてはいかがでしょうか?

クックパッドで100人以上が作った!豆苗の人気レシピ

家庭で栽培する場合、必ずしも衛生的に育てられない場合も。そこで、調理の前にはしっかりと洗い、できれば加熱調理すると◎。

★豆苗(トウミョウ)のにんにく炒め★ by マミマミマー
家で作れば格安レシピです!!!

豆苗と豚バラのうま味炒め by 太田アキオ
豚バラと豆苗の炒めものです。豆苗は火が通りやすいので簡単でお手軽で美味しいっすよ♪

簡単にあと一品☆もやしと豆苗のナムル by めかまはぉ
胡麻の風味で食欲増進!栄養価の高い豆苗であと一品にぜひ♪ 2015/04/092回目の話題入り☆感謝!

初めて育てるときはちょっとドキドキしますが、うまく育ったときの喜びはひとしお。上手に育てて、毎日の食卓を賑やかにしてもらいましょう。(TEXT:八幡啓司)

取材協力:村上農園

クックパッド編集部

「裏ワザ」 アクセスランキング (毎日6:00更新)