cookpad news
トレンドレシピ

映画『めんたいぴりり』監督・キャストが明かす、ほろ苦懐かしい子どもの頃のあの味【江口カン・博多華丸・富田靖子】

クックパッドニュース編集部

日本No.1レシピサイト「クックパッド」編集部

今話題のあの方に印象深い料理の思い出についてインタビューする『あのひとの「思い出レシピ」』連載。今回は、2019年1月18日(金)公開の映画『めんたいぴりり』の監督・江口カンさんと、W主演を務めた博多華丸さん・富田靖子さんにお話を伺いました。福岡県出身のお三方が語る、子どもの頃のほっこりエピソード満載な「思い出レシピ」をどうぞ♪

“おいしくない”思い出がとても懐かしい

――映画『めんたいぴりり』の中では、博多華丸さん演じる主人公・海野俊之の“思い出の味”として、韓国の「明卵漬(ミョンランジョ)」が登場しますね。皆さんにとっての“思い出の味”といったら何でしょうか?

江口カンさん(以下、江口) 僕は亡くなったおふくろが作ってくれた“ホットケーキ”ですね。子どもの頃、毎日のようにおやつに出てきたんです。

ホットケーキといっても、全然厚みのない、ぺったんこのチヂミみたいな感じです。ほんのり甘みはあるものの、正直そんなにおいしくなくて(笑)。でも、おふくろとしては身体に良いものを僕に食べさせてあげようと、市販のものではなくわざわざ手作りのおやつを用意してくれていたわけで、子ども心にそういう思いは感じ取るじゃないですか。だから、嫌いだとも言えず、我慢して食べてたんですよ。そうしたら、おふくろはすっかりこのホットケーキが僕の大好物だと誤解して、毎日のように作ってくれちゃうわけです。

嫌だな〜でも言えないよな〜、と思いながら食べ続けていた記憶が鮮明に残っていてね。おいしい思い出じゃなくて恐縮なんですが(笑)、でも今は無性にあのホットケーキが懐かしくて、食べたくなるんですよ。嫌いだったはずなのに、不思議なんだけど。

富田靖子さん(以下、富田) あー、それすごく分かります。私も同じような“思い出の味”があって、それはお正月に食べたお雑煮なんです。

私は福岡県八女市の出身で、実家ではものすごく具だくさんのお雑煮を作っていました。野菜のほか、昆布などの乾物を細かく切って入れるんですが、お正月になるとこのお雑煮作りの手伝いに子どももみんな駆り出されるんですね。固い乾物をハサミで細かく切るのは、子どもの小さな手では大変な作業です。しかも大量だし、もう手が痛くて痛くて!

毎年毎年、お正月のこの作業が、子どもの頃は本当に嫌でした。ほかにいくらでもシンプルでおいしいお雑煮があるのに、なんでうちのお雑煮はこれなの〜!?といつも不満に思ってたんです(笑)。

でも大人になってみると、実家のお雑煮には百合根や銀杏、栗の甘露煮なんかも入っていて、すごく手の込んだお料理だったんですよね。実家で大家族だったあの頃だからできたお料理で、今の自分ではとても作れない。再現できないからこそ、あの味がとても懐かしくて……。

文句を言いながら手伝う自分の姿や手の痛みとともに、家族総出でお雑煮を作ったあのお正月の光景を、今もとてもよく覚えているんです。

初めての自炊、初めてのクックパッド!?

――お2人とも、ご家族との素敵なエピソードが“思い出の味”として残っているんですね。華丸さんはいかがですか?

博多華丸さん(以下、華丸) 私は両親が共働きだったので、忙しくてそんなに手の込んだものを作ってもらった記憶はあまりないんです。なので、お2人とはちょっと毛色は違うんですが、でも忘れられない料理の思い出があります。

子どもの頃、スイミングスクールの前にちょっと腹ごしらえしてから行ってたんですが、母は仕事でいないので、いつも自分で肉まんをチンして食べてたんですね。でもある日、いつもの肉まんがなくて、冷蔵庫をあさっていたら冷凍のフライドポテトを発見して。これなら油で揚げるだけだし、自分でも作れるだろうと思ってやってみたんですよ。

鍋に油をなみなみ入れて火をかけ、気泡も立ってきてそろそろ温まったかなと、ポテトを投入するんですが、どうも様子がおかしい。何だかうまく揚がらない。それでもポテトは温まってはいるようだったので、ひとまず皿に上げたんです。で、食べてみるんだけど、やっぱりいつも食べてるポテトと味が違う。おいしくない。でもまあ解凍はされてたし、せっかく作ったからと全部食べたんですよね。変な味だな〜と思いながら。

結局、今思い返すと、私が油だと思ってたものは、おそらく台所用洗剤だったんだろうなと。

富田 えええ!? 何それ!? お鍋に出した時点で気づかなかったの!?

華丸 気づかんよ、そんなの。子どもだもん。

富田 だとしても、味! 味でわかるでしょ!? 本当に全部食べちゃったの?

華丸 食べたよ。お腹減ってたし。

富田 信じられない〜!

――そ、それは食べちゃいけないやつだと思いますが……でも、博多さんにとって初めての“自炊”の思い出というわけですね。

華丸 そ! これが初めて自分で作った料理。何なら私の最初のクックパッド!!

富田 違うから〜!!(笑)

江口 (失笑)

――華丸さん、すみません。次は食べれるものの中で、思い出の味がもしあれば教えてください(笑)。福岡は食文化も豊かですし、郷土料理で昔から好きで懐かしい味などありませんか?

華丸 私は今も福岡にしょっちゅう来てるから、郷土料理なんかも普段から普通に食べてるんですよね。もちろんおいしいものがたくさんあるんだけど、自分にとっては特別なものじゃなくて、思い出の味って言われると選ぶのが難しいなぁ。監督も福岡にいることが多いから、そうじゃないですか?

江口 そうだね。確かに。

華丸 だから、懐かしい味と言われると、逆に日常の朝食とかなんですよね。うちの朝は、母も仕事に出なきゃいけないからバタバタで、だいたいパンだったんです。そういえば、マーガリンをたっぷり付けたトーストを紅茶に浸しながら食べるのとか好きだったなぁ。

富田 えー! 紅茶に浸すの? 初めて聞いた。

華丸 これが意外とうまいのよ(笑)。寝坊してきた自分に、「早く起きんから!急げ!」と叱る母の姿とセットで、いつもバタバタしていた朝食の光景は私もよく覚えてますね。

家族で囲む食卓シーンこそ「ふくのや」の原点

――『めんたいぴりり』にも、そうした家族みんなで食卓を囲むシーンが多いですよね。

江口 そうですね。狭い居間にみんなで集まって、ギャーギャー言いながら食べているシーンが多いです(笑)。映画も、最初のシーンは朝の食卓から始めようって決めてました。

TVドラマから始まって、福岡の皆さんを中心に愛してもらってきた『めんたいぴりり』が、映画になってまた帰って来ましたよ!という思いが一番伝わるかなと。あの食卓こそが、「ふくのやファミリー」の原点ですから。

華丸 TVドラマが始まった2013年から、ずっと同じメンバーでやってますからね。即席でできたチームじゃない。本物の結束力があるからこそ生み出せる“奥行き”を、スクリーンを通して感じてもらえたらと思います。

一人一人はまだまだ小さな粒々ですが、束になるとすごいんです。明太子のように!(笑)

富田 映画では、「ふくのや」の昭和30年代のある1年を切り取って物語が展開していきます。戦後の激動の時代を、私たちが泣いて、笑って、のたうち回りながら生きていく、その姿を見てほしい。そして、大変な時代だからこそ、大人も子どももみんなが助け合い、支え合う、そんな家族や友達を想う愛が伝われば嬉しいです。

――ちなみに、クックパッドには「明太子」を使ったレシピが1万9000品以上も投稿されています(2019年1月16日現在)。最後に、辛子明太子の生みの親である“海野夫妻”がオススメする明太子の食べ方を教えてください。

富田 お料理で使うなら、王道だけどパスタがおいしいですよね……。

華丸 うん。パスタうまいね。

富田 あーーーでも、やっぱり白かメシで楽しんでほしい!

華丸 そう!やっぱ白かメシが最強!!

――はい。白かメシでいただきます! 監督、海野夫妻、本日はありがとうございました。

(TEXT:福井千尋)

映画『めんたいぴりり』2019年1月18日(金)全国ロードショー


■ストーリー:昭和30年代。戦後最大の引揚港でもあった福岡は戦争の傷跡を残したまま、復興を遂げようとしていた。主人公・海野俊之は焼け跡となっていた中洲の一角に小さな食料品店「ふくのや」を立上げ、妻の千代子と営んでいた。博多の祭り<博多祇園山笠>に情熱を燃やし盛り上げてきた「山のぼせ」でもあった。一方で俊之には山笠と並んで熱中しているものがあった。それは「めんたいこ」作り。戦前、日本の統治下でもあった韓国の釜山で生まれ育った俊之は、当時の思い出の味「明卵漬 → ミョンランジョ」をヒントに明太子を作り出し、日々味の改良を重ねていたが、なかなか納得できる味に近づかず苦悩の毎日だった――。映画『めんたいぴりり』はドラマでは語りきれなかったエピソードも加え、福岡の代表的な惣菜として知られることになった「辛子明太子」が出来上がるまでを「笑い」と「涙」を交えながら描いていきます。
■出演:博多華丸、富田靖子、博多大吉(友情出演)、田中 健(特別出演)、でんでん、吉本実憂、高田延彦、柄本時生、中澤裕子 ほか
■監督:江口カン
■脚本:東 憲司
■公式サイト:http://piriri_movie.official-movie.com/

執筆者情報

クックパッドニュース編集部

日本ナンバーワンのレシピサイト「クックパッド」のオウンドメディアであるクックパッドニュースでは、毎日の料理にワクワクできるような情報を発信しています。季節にあわせた人気レシピの紹介のほか、定番メニューのアレンジ、意外と知らない料理の裏ワザもお届けしています。

関連する記事
【見知らぬ土地で子なし、友達なし】孤独だった元・歯科助手がフォロワー8万人越えの人気レシピ作家になるまで 2023年12月09日 20:00
300人絶賛!大ざっぱさが肝心のザクザクしっとりふわっな「3層スコーン」 2023年11月30日 06:00
年末の味方!あると安心「冷凍作りおきトースト」 2023年12月10日 16:00
この組み合わせは最強だわ…絶対ハマる「悪魔のおにぎり」 2023年12月13日 15:00
ワインにもあう悪魔的おつまみ!おいしいに決まっている「明太カマンベール」 2023年12月20日 17:00
白だしで簡単味つけ!パパッと作れるにんじんだけ副菜 2023年12月27日 06:00
お正月準備にやってみて!簡単だけど豪華見え「かまぼこの飾り切り」4選 2023年12月28日 14:00
お正月の副菜にもおすすめ!「大根ナムル」の味バリエ 2023年12月29日 14:00
白だしだけでうまみたっぷり!絶品「お雑煮」 2023年12月31日 09:00
その手があったか!「お雑煮」づくりに役立つ裏ワザ 2023年12月31日 06:00
一石◯鳥!?ひき肉100gで家族分できちゃう子ども大喜びなお子様ランチ風【ハンバーグ鍋】 2023年12月25日 12:00
【殿堂入り】クックパッドで人気!鶏だしでほっこりおいしい「お雑煮」 2023年12月29日 12:00
30代スタッフに聞いた“こだわり”!料理で「面倒だな」と思いながらもやってしまうこと 2023年12月01日 17:00
寝る前のお水が原因に…!?「認知症」につながるリスクがある行動とその対処法とは 2023年12月08日 17:00
あの料理にもすごく合う!編集部スタッフも悩む「味の素」の上手な使い方とは… 2023年12月15日 17:00
料理をするとき必ずつける?30代スタッフの「エプロン」に対する本音とは… 2023年12月22日 17:00
8種を食べ比べ!「ドン・キホーテ」のヤバ盛りパスタ実食レポ 2023年12月27日 18:00
年始あるあるのイライラ解消!「お餅」が網にくっつかない方法 2024年01月01日 14:00
中華風や洋風で!お餅を消費できる「簡単スープ」3選 2024年01月24日 07:00
ふわ旨!朝に作れる「はんぺん」のすき間おかず 2024年01月08日 06:00
【お弁当にも大活躍】ブロッコリー×◯◯マヨの味バリエ 2024年01月09日 16:00
余った切り餅で簡単!パパッと作れる「お餅おつまみ」4選 2024年01月10日 17:00
白だし&ごま油がおいしい!和風明太子パスタ 2024年01月17日 08:00
これ知らなかった!プッチンプリンまさかの使い方に反響 2024年02月04日 15:00
カリカリチーズで食欲増進!「じゃがいもガレット」 2024年01月26日 09:00
りんごの変色防止ワザが話題!12月に最も読まれた「裏ワザ」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年01月11日 22:00
年末年始の食べ過ぎをリセット!食べごたえバッチリな「しらたき」副菜 2024年01月07日 21:00
5分で完成!白だし&マヨで絶品「明太子クリームうどん」 2024年01月06日 11:00
味噌のベストな保存法も紹介!30代スタッフに聞いた「オススメの味噌汁の隠し味」とは… 2024年01月12日 17:00
朝食にコーンフレークは危険!?「老けない主食ランキング」の結果は… 2024年01月19日 17:00
発症リスクが47%も低下する! “風邪予防”につながる2大栄養素とは… 2024年01月26日 17:00
子どもに合わせて料理はしない。21万人が注目、arikoさんが語る「家族が幸せになる食事」 2023年11月30日 18:00
50代からの落ちにくい体重に!話題の「アジアン粥」で置き換えダイエットをやってみた 2024年01月24日 19:00
「ちくわ×ウインナー」でホットドッグができちゃった 2024年02月08日 08:00
使いこなせない!?編集部スタッフに聞いた「鉄のフライパン」のメリット&デメリット 2024年02月09日 17:00
1ヶ月に1回は替えている?「キッチンスポンジ」の取り替えどき&オススメの優秀スポンジ 2024年02月23日 17:00
特に女性は要注意!?コーヒーと「一緒に摂らないほうがいい食材」とは… 2024年03月01日 17:00
ピッカピカの新品状態に!?赤サビだらけの「電気ケトル」を一発解決した掃除術 2024年03月08日 17:00
あの油汚れがゴッソリと落とせる!お掃除好きスタッフ激推し「重曹」のとっておき活用術 2024年03月22日 16:00
ある成分を制限することが大事!「老化を防ぐ」ための食生活のポイント2つ 2024年03月29日 17:00
するっと取れる!「たらこ・明太子の薄皮」の取り方 2024年04月06日 17:00
お弁当に◎レンジで簡単「えのき」だけ副菜 2024年04月10日 06:00
「料理は“型”があれば迷わない」スープ作家・有賀薫さんが教える、レシピなし料理の秘訣 2024年04月05日 18:00
食べ歩きが趣味の30代グルメ夫婦!栄養知識ゼロではじめたダイエットがきっかけで大きく変化した食習慣とは? 2024年03月23日 20:00
120kgから55kgになり人生が一変!体型、体調、メンタルまで整った−65kgダイエットの中身 2024年03月30日 18:00
「合理的にいうと料理ってする必要がない」スープ作家・有賀薫さんがそれでも料理をする理由 2024年03月29日 18:00
パウンドケーキやカップケーキも!材料費たった「100円」で作れるケーキレシピ集めました 2024年05月09日 16:00
トマトを手で潰してTV局からストップも!?平野レミさんに聞く、料理を楽しくする考え方 2024年04月12日 21:00
料理愛好家という肩書きにした理由は…平野レミさんの「料理を好きになる」ために大事なこと 2024年04月26日 19:00
発酵と腐敗は同じ!?ブームの火付け役・小倉ヒラクさんが語る発酵食品の魅力 2024年05月10日 19:00