ドラマ「問題のあるレストラン」の「炊き込みごはん風パエリア」レシピを紹介!

ドラマ「問題のあるレストラン」の「炊き込みごはん風パエリア」レシピを紹介!

早くも今期NO.1と評判の連続ドラマ「問題のあるレストラン」(フジテレビ系)。第二話が昨日放送でした。第一話同様、放送と同時にSNSでも大いに話題になっていましたね。二話分見逃しちゃった…と嘆くあなた!諦めるのは早い!まだ間に合いますよ。第二話の内容を振り返りましょう!

念願のレストラン立ち上げ。夢の現実へ奔走するたま子

たま子(真木よう子)は、念願だったビストロをオープンさせるために、表参道の格安ペントハウスを借りる。たま子は、パティシエのハイジ(安田顕)、シェフの千佳(松岡茉優)と店で共同生活を開始。少ない予算の中で理想の店に近づけるため、開店の準備を進めようとしていた。この時点でスタッフはまだ三人。

そんなたま子たちが、資材を搬入していると、ライクダイニングサービス社の門司(東出昌大)や藍里(高畑充希)、土田(吹越満)が気付き近づいてきた。たま子たちが、門司がシェフを務める新店舗『シンフォニック表参道』の近くでビストロをオープンさせること知った土田たちは完全にたま子たちのことをバカにしていた。

そんな一方で、離婚調停中の専業主婦・鏡子(臼田あさ美)は、夫に息子の洋武(庵原匠悟)は母親である鏡子でなく自分が育てたほうが息子のためになると告げられ、息子と引き離されてしまう。専業主婦しか経験がなく、一度も働いたことがなければ料理もできない自分は不良品だと思いこむ鏡子はなかなか自分に自信が持てず、息子を迎えに行けないでいた。悶々とする中、たま子の店へと向かう。

鏡子はたま子たちにこれまでの経緯を説明。話を聞いたたま子は自分をだめな専業主婦で不良品だという鏡子の考え方を否定する。そして夫の元へ息子を返してもらう交渉に出かけたのだった。

第二話に登場した「炊き込みごはん風パエリア」レシピはこれ!

炊き込みごはん風パエリア by 問題のあるレストラン
「お母さんのご飯がいちばん好きだよ」と言われ、鏡子がつくった料理。これで「bistro fou」の副シェフ就任が決まった

第二話のストーリーの後半にたま子たちが食べたのが「炊き込みごはん風パエリア」。「お母さんのご飯がいちばん好きだよ」と息子に言われ、鏡子がつくっていましたよね。みんなで味わい、その美味しさで「bistro fou」の副シェフ就任が決まった、思い出深い一品です。鏡子が作る、母親の味をみんなで再現してみませんか?


「問題のあるレストラン」公式キッチンがクックパッドに登場!

問題のあるレストランのキッチン
【フジテレビ系 木曜劇場「問題のあるレストラン」公式キッチン】 坂元裕二脚本・あの「最高の離婚」制作陣が贈るスカッと笑えてホロっと泣ける女性応援コメディー!おいしい魅力がいっぱい詰まった極上のド...

ドラマ「問題のあるレストラン」(毎週木曜日22時〜放送)に登場するメニューがクックパッドでチェックできます。

放送を見逃した人はここで視聴可能!

放送を見逃してしまった人は放送後7日間は、フジテレビオンデマンドで無料で視聴できますよ!観て次週に備えましょうね♪

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「最新トピックス」 アクセスランキング (毎日6:00更新)