cookpad news
コラム

スシライス、バナナと合わせる…日本と全然違う!?世界の「お米」事情について調べてみました

クックパッドニュース編集部

日本No.1レシピサイト「クックパッド」編集部

日本人の食生活に欠かせない「お米」。海外の方はどのように食べているのでしょう?今回はアメリカ、ブラジル、イタリアのお米事情を現地の方にインタビューしました。

アメリカ在住日本人に聞いた!アメリカのお米事情

Kitano Annaさん

フローリスト。東京、ロンドン、ニューヨーク、ヒューストンで活躍。幼少期よりアメリカを中心として様々な国の世界観に触れながら感性を養った。生花、食器、紅茶を基にロンドン/NY にて数々のラグジュアリーイベントやリッツカールトンホテルなどの装花を行い、東京ではフラワーレッスンを主宰。

アメリカでは「スシライス」という概念がある⁉️

−アメリカではお米はどれくらい親しまれているんでしょうか?

Annaさん:「お米はかなり一般的に食べられています。メキシコなどヒスパニック系の方々は、主食に近い形でお米と豆を食べていますね。例えばアメリカの食文化で定番のメキシカン料理には、お米が欠かせません。 ブリトーにはお米が入っている場合が大半、一品料理やエンチラーダ(トルティーヤに具をのせて巻いたものに、サルサソースをかけて焼いた料理)などでの付け合わせにお米が付いています。メキシコ料理においてのお米は、ただの白米ではなく、若干酸味のあるケチャップライスのようなもので、ごく少量のミックスベジタブルが混ざっています」

スーパーで売られている、メキシコ料理・ファヒータのボウル

−Annaさんはどれくらいの頻度でお米を食べていますか?

Annaさん:「私自身は毎日お米を食べるので日系スーパーで買ったお米をストックしています。スーパーの寿司、ファーストフードのポケ丼、ギリシャ料理のお米メニューなど広く食べていますよ」

「錦」というブランドは、アメリカで手に入りやすいお米。日本米の中では安めなのだそう

−アメリカで食べられているお米は、日本のお米と違っていますか?

Annaさん:「アメリカのお米はおいしくなさそう、というイメージがあるかもしれません。しかし近年は、品種や調理法も発達し、日本米も数多く存在しているので、『アメリカのお米はおいしくない』というのは変わってきていると思います。白米と寿司用のお酢入りの米の違いも認識としてスタンダードになってきています。寿司用のお米は、スシライスと呼ばれ、アメリカでも浸透しています」

コシヒカリは約7kgで39ドル。およそ6200円

アメリカで流行中!お米を使ったあのスイーツ

Annaさん:「お米そのものではないですが、アメリカではもちアイスが大流行しています。お餅単体では認知度はほとんどありませんが、もちアイスとしてかなり知られていて、アメリカのどこのスーパーでも大抵販売されています。あと、ポピュラーとまではまだ行きませんが、『おにぎり』も少しずつ出ては来ています」

−海外で人気のお米料理といえば、寿司のイメージがあります。

Annaさん:「お寿司はアメリカで認知度100パーセント。本当に定番の料理です。ただ私たち日本人は、寿司=握り寿司ですが、海外ではSushi =のりまきという認識になります。一般的にSushiが好きだと言っても、握り寿司はあまり食べたことがないor苦手という方は多いですね」

アメリカ料理だけで考えると、スープにお米が入っていたり、リゾットだったり、ちょっとした付け合わせなど、お米を使ってる料理は限られるのだそう。しかしアメリカはいろんな人種が住んでいるので、料理も多国籍。お米を使っている料理は多く、アメリカ人もみんなそれを当たり前のように食べているようです。

(画像提供:Annaさん)

執筆者情報

クックパッドニュース編集部

日本No.1のレシピサイト「クックパッド」のオウンドメディアであるクックパッドニュースでは、毎日の料理にワクワクできるような情報を発信しています。人気レシピの紹介や、定番メニューのアレンジ、意外と知らない料理の裏ワザをお届けしています。

編集部おすすめ
クックパッドの本