cookpad news
スイーツ

【伝説の家政婦・志麻さん直伝】1人分50円「キャラメルバナナケーキ」は失敗知らずで作れる!

言わずと知れた伝説の家政婦・志麻さん。書店の料理本コーナーを見ると、志麻さんのレシピ本がズラリと並んでいます。そんな志麻さんの「我慢しない」節約レシピがたっぷり掲載された『志麻さんのベストおかず プレミアムなほぼ100円おかず編』の中からレシピを特別にご紹介していきます。おいしく作るコツや節約になるワザも志麻さんに教えてもらいました。

ホットケーキミックスを使えば失敗しない!

こんにちは! 家政婦の志麻です。今回も、レシピ本『志麻さんのベストおかず プレミアムなほぼ100円おかず編』から、おすすめのレシピをご紹介します。2回目となる今回は1人分50円で作れる「キャラメルバナナケーキ」です。

焼き菓子作りは、ハードルが高い……と感じている方も多いかもしれません。でも、ホットケーキミックスを使えば、失敗せずにおいしい焼き菓子を作ることができるんです。

ただし、ホットケーキミックスを使うと、失敗はしにくいのですが、味が単調になってしまいがち。そこで、キャラメルやチョコレート、冷凍フルーツやジャム、ナッツなどを一緒に使うことをおすすめします。これらを使って、味にアクセントをつけることで、より本格的な焼き菓子に仕上げることができます。

キャラメルバナナケーキ(1人分 50円)

材料(30×9×高さ6cmのパウンド型1台分)

バナナ…2本

【A】
グラニュー糖…大さじ2
水…大さじ1

【B】
ホットケーキミックス…1袋(180g)
卵…1個
牛乳…1/4カップ

作り方

1.パウンド型の内側にクッキングシートを敷く。ボウルにバナナ1・1/2本を入れてフォークで潰す。

2.小鍋に【A】を入れ、中火にかける。端に焦げ色がついてきたらすぐに火からおろす。
3.2を1のボウルに加える。【B】を加えてよく混ぜる。

4.1のパウンド型に3を流し入れる。残りのバナナを輪切りにして上にのせ、180℃に予熱したオーブンで30分ほど焼く。竹串を刺して、生地がついてこなければ焼き上がり。

志麻さんからのワンポイント!

バナナは、ざっくり潰すことで味にメリハリを出すことができます。キャラメルの焦がし具合は、お好みに合わせてOK! 大人用に思いっきり焦がしてビターな感じにしてもおいしいですよ!

ホットケーキミックスを使えば、材料をあれこれ準備する必要がないので思いついたときにすぐ作れます。また、使うバナナも、皮に黒い斑点が出ているくらいの方が味が濃くおいしく仕上がるので、熟れ過ぎてしまったバナナがあったらぜひ試してみてください。

(TEXT:上原かほり)

 志麻さんの新刊著書

志麻さんのベストおかず プレミアムなほぼ100円おかず編(別冊ESSE)』(扶桑社

ベストセラーシリーズ待望の第2弾! NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』や日本テレビ系列『沸騰ワード10』で話題沸騰! 伝説の家政婦志麻さんの「我慢しない」節約レシピ、集めました。

おうち時間が増えた今、食費がかさむとの声が多く聞かれます。1人分の材料費は、ほぼ100円。 なのに、ボリューム満点!味は三つ星級!!!

食費は節約しても「満足感」や「おいしさ」は我慢しないのが志麻さん流。特売肉、卵や豆腐など定番節約食材も、ちょっとしたアイデアで、家族が大満足する絶品おかずに大変身です。もちろん作り方は簡単。そんな節約の大革命が、ギュギュッと一冊になりました。 50円台でつくれるおやつも必見です!

タサン志麻

料理家・家政婦 大阪あべの・辻調理専門学校、同グループ・フランス校を卒業し、ミシュランの三ツ星レストランでの研修を修了。日本に帰国し、老舗フレンチレストランなどで15年勤務したのち、「より自由でおおらかなフランスの家庭料理のエッセンスを伝えたい」と家政婦に転身。2015年よりフリーランスの家政婦として独立。家庭の家族構成や好みに応じた料理が話題を呼び、「予約の取れない家政婦」としてメディアで注目される。現在も家庭に出向き、冷蔵庫にある食材で料理をする一方、料理教室やレシピの監修、開発など多方面で活躍中。フランス人の夫と3人の子どもと5人暮らし

シェアする