cookpad news
コラム

気づくとお金がない…!意外と身近な「5つの無駄遣い」とは

節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんの「食費節約レッスン」で、貯め上手・遣い上手になりましょう。贅沢やムダ遣いをした覚えもないのに、気付けば手元にお金がない…そんなことはありませんか?お金が消える理由は、意外にも身近なところにあります。今回は、その身近なところのポイント5つを見ていきましょう。

1.習慣的な買い物

コンビニや100円ショップ、コーヒーショップなど疑うことなく習慣的に行ってはいませんか? 1回あたり500円程度の買い物でも積もると大きな出費になります。少額の買い物でもレシートは必ずもらって、1日の終わりにレシートを見ながらその日のお金の使い方を振り返ってみましょう。1回あたり・1日あたりの出費は少額だとしても、月額になれば結構な出費になるものです。

2.キャッシュレス決済などでの買い物

習慣的な買い物などの支払いは、クレジットカードやオートチャージの電子マネーといったキャッシュレス決済を使っていませんか。現金派の人も、1万円が1000円札に崩れると、なし崩し的にお金を使っていませんか。キャッシュレス派でも現金派でも、なんとなく使っていてはお金がいつの間にか消えていても仕方のないことでしょう。家計簿アプリなどで出費を記録して、出費と残高をチェックしてお金の動きを意識しましょう。

3.月・年会費の引き落とし

スポーツクラブや習い事、サブスクリプション、有料会員サービス、初年度だけは無料だったクレジットカードの年会費など、入会した当時は利用していたけれど、生活の変化などで最近はあまり使っていないけれど、お金だけ払い続けているサービスなどはありませんか。このような出費も気付けばお金が消えていく原因になります。クレジットカードや銀行の利用履歴をチェックして、利用していないものは解約や退会をしましょう。

4.「お得なワード」につられてしまう

半額シールやよりどり3点、業務用、お得用、あと◯円で送料無料など、お得なワードに弱いと、必要以上に買ってしまうことも。もちろん、必要なものが半額になっていればお得な買い物ですが、もともと買う予定のなかったものを半額だから、お得だからと言って買うとムダにしてしまいがちです。お得と冷静の間で見極めるようにしましょう。家に物が多い人はこの傾向がありますので、気を付けましょう。

5.「ついで買い」と「かもしれない買い」

買い忘れた食材を買うつもりで行ったお店で、ついでに買い物をして会計はいつもの買い物と変わらない金額だった。子どもや孫など家族が食べるかもしれないと、冷凍食品やお菓子、ジュースなどの買い置きを増やしていませんか。し好品は消えものの代表的なもので、気付いたらお金も消えてしまう典型的な出費です。菓子パンの代わりにおにぎりにするなど、あるもので済ます方法も考えてみましょう。

心当たりがある項目があれば、家計の見直しをしたり、意識をした買い物をするなど気をつけてみてはいかがでしょうか。

画像提供:Adobe Stock

丸山晴美さん

旅行会社、コンビニ店長などを経て2001年節約アドバイザーとして独立。節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。食費はもちろん生活全般の節約術・ライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなど様々なメディアで活動中。
公式ホームページ「らくらく節約生活」はこちら>>