cookpad news
コラム

海外でも大人気って知ってた?アメリカ人が「お餅」に夢中になるワケ

【アメリカの最新ごはん事情vol.17】1989年に渡米し、「セレブ御用達プライベートシェフ」としてアメリカで料理を作り続けてきた明比玲子さんに、日本ではなかなか知ることができないアメリカの食事情を教えてもらいます。第17回目のテーマは「餅」。アメリカ人もお餅を好むのでしょうか?オススメのお餅スイーツレシピも教えてもらいました。

アメリカ人は「餅」が苦手?

学生時代から、日本で生まれ育ち和食大好きなアメリカ人の友人達は、「お餅はちょっと苦手」と言っていました。そして私がニューヨークに住み始めた頃は、アメリカでお餅に出会えるのはお正月前の日本食料品店だけでしたが、異変が起きたのは20年近く前、あるフローズンヨーグルトのお店でのこと。10種類ほどあるトッピングの中に、なんと「Mochi」があったのです!アメリカのお店で「Mochi」という言葉を聞いたのは、この時が初めてでした。

でも、「Mochi」という言葉は便宜上のもので、本当は求肥(ぎゅうひ)です。アメリカ人には「Mochi」の方が覚えやすいのでこの名前にしたのでしょう。

アメリカで「餅」が流行ったきっかけ

その後ネット上では、もち粉を使ったお菓子を時々みかけましたが、今の爆発的な「Mochi」流行を決定的にしたのは、2017年の夏にホールフーズというスーパーマーケットが出した、「Mochi アイスクリーム」専用の冷凍庫でした。ちなみに、「Mochi アイスクリーム」とは、日本で言う「雪見だいふく」のことです。

自分好みのフレーバーを、好きなだけビニール袋に入れて購入できるようになっていて、1つ2ドルでした。残念なことに、今は新型コロナの関係で1つずつパックされていて、専用冷凍庫も撤去されてしまいました。

とはいえ、この専用冷凍庫が置かれて以来、他の「Mochi アイスクリーム」もたくさん発売され始め、今や、私が出入りをしているセレブの家の冷凍庫には必ず常備されていると言っても過言ではないです。「mochidoki」というMochiアイスクリーム専門店もありますし、ある有名イタリアンのレストランでも、「Fior di latte Mochi」(牛乳が原材料のモッツァレラチーズで作ったMochiアイスクリーム)がデザートに提供されていて、ここの名物です。

どうしてこんなに流行ってる!?

ここまで流行した理由ははっきりとは分かりませんが、アメリカ人がアジア料理を好むようになり、自然とあの柔らかくて甘い求肥「Mochi」にも慣れ親しんでいき、「手で食べられるアイスクリーム」という手軽さが気に入られたのではないかと思います。

今やもち粉を使ったクッキー、ケーキー、ブラウニー等も人気の的です。

Mochiアイスクリームを作ってみよう

今回は、ニューヨークのセレブの間で大流行しているMochiアイスクリームを、これまた去年人気の高かったウベフレーバー(紫山芋)と、日本人には馴染みの深い黒胡麻フレーバーで作ってみます。

Mochiアイスクリーム

【材料】 (約6個分, サイズによって変わる)
<ウベフレーバー>
バニラアイスクリーム……2カップ
ウベパウダー……約大さじ3 (パウダーによって違うので、色と味を見ながら調整)

<黒胡麻フレーバー>
バニラアイスクリーム ……2カップ
黒胡麻ペースト……約大さじ4 (好みにより調整)


もち粉(又は白玉粉)……80 g
砂糖……100 g
水……160 cc
コーンシロップ(又は水飴)……小さじ1+1/2
コーンスターチ……適量

【作り方】
1)バニラアイスクリームを少し柔らかくして、自分の好みのフレーバーを入れてよく混ぜ合わせる。型がある場合は、ここで型に入れて完全に凍らせる。型に入れない場合は、大きい容器に入れて冷凍し、ある程度固まったら、アイスクリームディッシャーで同じ大きさのアイスクリームを作り、天板などに乗せて冷凍庫で凍らせる。

2)電子レンジ可のボウルに、もち粉と砂糖を混ぜ合わせる。

3)2に水を少しずつ加えて、だまがないように混ぜ合わせ、最後にコーンシロップを入れて混ぜる。色をつけたい場合は、ここで色をつける。

4)3にふんわりとラップをかけて、600Wのレンジに2分ほどかける。レンジから出して、よくかき混ぜる。

5)4の状態によって、15〜30秒ほど、レンジに再度かける。Mochiに透明感と艶がでるまで、4と5の工程を繰り返す。

6)透明感と艶が出てきたらできあがり。見た目でよくわからない場合は、味見をしてみて、粉っぽくなければできあがり。

7)クッキングシートにあらかじめコーンスターチをたっぷりかけておき、そこに7を広げる。

8)綿棒にもしっかりコーンスターチをまぶし、ゆっくりと広げていく。一気に広げようとすると、Mochiが綿棒にくっついてしまうので、ゆっくり広げましょう。

9)包みたいアイスクリームの量から広げる大きさを考えて、十分な大きさに広がったら、丸い型で抜くか、ナイフでアイスクリームの数に合わせてMochiを切り分ける。

10)アイスクリームをMochiで包む。生地がなるべく重ならずに薄くなるように、分厚くなったり余ったら、ハサミで切るとよい。そして、ラップで1つずつ包み、反対側で捻って冷凍する。アイスクリームが溶けてしまうので、この工程は素早く行いましょう。

11)最低2時間冷凍したら、完成!

今回は、市販のバニラアイスクリームを使用しました。フレーバーはお好みで変えてみてください。材料のコーンシロップを入れることで、冷凍してもMochiがやわらかめに仕上がります。また、4〜5までの工程はフライパンを使ってもできますが、焦がさないように気をつけて。

明比玲子

兵庫県芦屋市生まれ。1989年に渡米し、ニューヨークのシェフ養成学校で学んだ後、本格的に料理に取り組む。著名レストランでパティシェとして経験を積み、アメリカ人と日本人に料理とお菓子の指導も行う。日本の料理雑誌への寄稿やフードスタイリングも行いつつ、2008年からは、コンサルティングの仕事なども兼ねながら、ニューヨークセレブのプライベートシェフとして、活躍中。
【HP】
【Instagram】

関連する記事
片栗粉でも作れる!レンジで簡単「わらび餅」 2023年09月06日 13:00
無性に食べたくなる!◯◯で「オレオ」がアイスサンドに変身 2023年09月08日 09:00
漬け込み時間はレンジで1分!アイスのせ「フレンチトースト」 2023年09月10日 13:00
家にあるものでササッと完成!豚こま×じゃがいもおかず 2023年09月11日 08:00
子どもも喜ぶ!家にあるアレが「おにぎり」に意外と合う 2023年09月16日 17:00
連休をおうちで過ごす方に!ホットケーキミックスで作る簡単おやつ 2023年09月16日 06:00
レンジで簡単!もちもちヘルシーな「オートミールきなこもち」 2023年10月18日 13:00
10月1日は「国際コーヒーの日」。スターバックスの新作『チョコレート ムース ラテ』がトロふわでおいしすぎる 2023年10月01日 14:00
きなこが無駄にならない!「信玄餅」の天才すぎる食べ方 2024年01月05日 18:00
甘いのもしょっぱいのも!レンジですぐできる「さつまいも」のおやつ 2023年11月22日 13:00
大量消費にも!カリカリじゃがいもの食感にハマりそう 2023年11月17日 16:00
朝からバタバタ!そんな日のごはんに「5分スープ」 2023年12月28日 06:00
白だしだけでうまみたっぷり!絶品「お雑煮」 2023年12月31日 09:00
その手があったか!「お雑煮」づくりに役立つ裏ワザ 2023年12月31日 06:00
アイスにかけてもおいしい⁉️ドン・キホーテの「かける紅生姜」実食レポ 2023年12月10日 20:00
年始あるあるのイライラ解消!「お餅」が網にくっつかない方法 2024年01月01日 14:00
知らなかった!「お餅」をとにかく早く焼く方法 2024年01月02日 13:00
とろ〜りもっちり!レンジで作れる「切り餅おやつ」 2024年01月06日 15:00
カリカリもちもち食感が最高!「悪魔のお餅」 2024年01月11日 06:00
洗い物ゼロ⁉︎お餅をレンチンする時にお皿にくっつかない裏ワザ 2024年01月13日 06:00
殿堂入り目前!フライパンで作れる絶品「餅ピザ」 2024年01月18日 06:00
罪悪感ある禁断の味わい!じゅわっとおいしい「バターもち」 2024年01月19日 19:00
ご飯もパンもない朝は餅!スピード朝ごはんでパワーチャージ 2024年01月27日 06:00
中華風や洋風で!お餅を消費できる「簡単スープ」3選 2024年01月24日 07:00
ライスペーパーでいちご大福ができる!?材料3つのお手軽和スイーツ 2024年01月04日 07:00
物足りない、味が決まらない…を解消!今年作りたい「七草粥」レシピ3選 2024年01月07日 06:00
そのまま食べるのに飽きたら◎揚げない「お餅ドーナツ」を作ろう! 2024年01月09日 14:00
余った切り餅で簡単!パパッと作れる「お餅おつまみ」4選 2024年01月10日 17:00
もう食べた?SNSで大人気「じゃがアリゴ」絶品レシピ 2024年01月16日 10:00
もっちり美味!「バター餅」を作ってみない? 2024年01月20日 15:00
お餅に合わせるのに飽きたら!「きな粉」の使い切り 2024年01月29日 14:00
海苔の消費にも!パパッと副菜は「キャベツ海苔」がおすすめ 2024年01月30日 11:00
生クリーム不要!バニラアイスで作る「レアチーズケーキ」が簡単おいしい 2024年01月31日 13:00
ホットケーキミックスと豆腐で!簡単すぎパパッとおやつ 2024年01月26日 16:00
5分完成レシピも!お正月に食べたい和スイーツ「おしるこ」で心も体もあったか◎ 2024年01月01日 21:00
何度食べても飽きないおいしさ! 定番「お餅バリエ」5選 2024年01月02日 21:00
とろ〜りもっちもちで至福の味!「たっぷり白菜とお餅のグラタン」 2024年01月03日 21:00
【鏡開きに】レンジで手軽に完成! 餅でサクサク「おかき」 2024年01月10日 21:00
【殿堂入り】クックパッドで人気!箸が止まらない「おもちとろ~り和風グラタン」 2024年01月09日 12:00
焼肉のタレがこんなに合うなんて…!ご飯が進みすぎる「餅の豚肉巻き」 2024年01月07日 11:00
お餅に飽きたらこれ!甘じょっぱくサクサクの「塩きな粉おかき」がおやつにぴったり 2024年01月04日 12:00
余ったお餅で簡単!「あんこと餅の春巻き」がおやつにぴったり 2024年01月11日 13:00
甘辛い味がたまらない!余ったお餅をレンチンでできる絶品「いなりあげもち」 2024年01月22日 12:00
セブンイレブンカフェで紅茶がスタート!淹れたての110円紅茶は鬼リピート確実 2023年12月05日 10:00
【殿堂入り目前】お肉屋さん直伝のしっとりジューシーな「煮豚」がおいしすぎる 2024年02月16日 19:00
アレを入れるだけ!モチふわ&食べごたえ抜群のパンを焼こう 2024年02月17日 15:00
りんごの変色防止ワザが注目ナンバーワン!2023年に多く読まれた「裏ワザ」の記事は?【年間ランキングTOP5】 2023年12月29日 10:00
3位はスノーボール、2位はパウンドケーキ、1位は…?先月最も読まれた「スイーツ」記事【月間ランキングTOP5】 2024年02月14日 22:00
アレで大根が柔らかに!1月に最も読まれた「裏ワザ」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年02月15日 22:00
定番の菓子パンをとことん楽しむアレンジが人気!1月に最も読まれた記事は?【月間総合ランキングTOP5】 2024年02月17日 22:00