cookpad news
コラム

これはクリームパンの進化系!?ニューヨークから上陸「シュプリームクロワッサン」

阿古真理

作家・生活史研究家。食や食らし領域が専門。

【あの食トレンドを深掘り!Vol.40】90年代に流行した「ティラミス」、数年前に話題になった「おにぎらず」、直近では社会現象にもなった「タピオカ」など、日々生まれている食のトレンド。なぜブームになったのか、その理由を考えたことはありますか? 作家・生活史研究家の阿古真理さんに、その裏側を独自の視点で語っていただきました。

ニューヨークから上陸、人気クロワッサンスイーツ

「シュプリームクロワッサン」が話題だ。初めてその名前を聞いたとき、「渦巻き状のクロワッサン」と説明され思い浮かべたのは、PAULに並んでいるようなパン・オ・レザン(エスカルゴ・レザン)だった。しかし調べてみると、全然違う。 シュプリームクロワッサンは生地に厚みがあり、チョコレートやアイシングなどをかけ、中にカスタードクリームなどを入れた菓子パンなのである。クリームのフレーバーは、イチゴやピスタチオなどさまざまな種類がある。これは、新感覚のクリームパンではないか!サクサクのクロワッサン生地に甘いクリームとトッピングがつけば、おいしくて当たり前だ。確かに流行するのはわかる。でも味以外にも理由はありそうだ。

発祥は、日本ではなくニューヨーク。考えてみれば、フランス人が大好きなパン・オ・ショコラも、クロワッサン生地のパンにチョコバーが入っている。欧米人も、この手の菓子パンはもともと好きなのだ。しかも、流行発信地のイメージが強いニューヨークで人気なら、世界各地に拡散してもおかしくない。思い起こせば、バブル期を象徴するティラミスも、元はニューヨークの流行だった。

『クックパッドニュース』では、今年2月17日にアメリカから配信された「【現地リポートも】ニューヨーカーが行列するほど大人気!「シュプリームクロワッサン」ってどんなスイーツ?」という記事で、現地の流行を伝えている。

テレビ朝日は、早くも2022年8月25日配信のニュース記事で、ニューヨークのパン屋の「シュプリーム」が、インスタグラムやTikTokで火がつき、「映える」と大行列ができている様子を伝えていた。確かに、渦巻き状の大きなパンが、かわいくトッピングされていれば映える。マリトッツォも映えが大流行の要因だった。シュプリームクロワッサンも、すでに日本でもSNSで大流行しているし、全国各地のパン屋に並びローカルニュースやブログなどで発信されている。

『エル・グルメ』(ハースト婦人画報社)の今年5月号はパン特集で、表紙でシュプリームクロワッサンをフィーチャーしている。2月23日の東海テレビ「ニュースワン」の配信記事では、ニューヨークで流行中の「まん丸なクロワッサン」が名古屋の店にも登場した、とあるので、この時点ではまだ呼び名が定まっていなかったのかもしれない。あるいは「サークルクロワッサン(サークロ)」「ニューヨークロール」とも、日本では呼ばれている。

最近の流行は何でもそうだが、SNSでバズる→メディアがそれに飛びつく→さらにその流行にのった個人がSNSで発信する、というループでどんどん流行が拡大していく。シュプリームクロワッサンも、この調子だとさらに広がり、もしかすると流行語大賞にノミネートされるのではないだろうか。

ビジュアルだけじゃない!ブームの理由

日本でも流行する要因はしかし、映えだけではなさそうだ。深掘りしてみよう。

まず、先ほども書いた通り、ニューヨークで大流行している、という情報が、人々の関心を引く。流行を知ったパン屋が新商品として販売する。パン屋は、常に新しい流行を生む新商品を探している。当然のことながら、ポスト・マリトッツォを探していたパン屋は多いはずだ。飛びついたパン屋が全国にあったことから、全国的に次々と発売されているのだろう。

二つ目は、シュプリームクロワッサンが、日本人の大好きなクリームパンの進化系とも言えることだ。日本人は、クリームパンに100年以上親しんできた歴史がある。新宿中村屋の創業者、相馬愛蔵が、当時は高級スイーツだったシュークリームの廉価版を作ろう、と考案したのは1904年。今も、店によってはよりバニラ感が強いカスタードクリームにするなどの進化させており、定番パンの一つとして愛されている。

カスタードクリーム自体、好きな人が多い。プリンは何度も流行しているし、エッグタルトなどのカスタード生地を使ったスイーツも何度も流行する。牛乳と卵を使ったスイーツは、どこかホッとする懐かしさも秘めている。『ブルータス』(マガジンハウス)は、昨年12月に「あんこか、カスタードか。」という人気特集の合本も出している。

菓子パンも好きな人が多い。日本は、中に具材を包み込んだ菓子パン・総菜パン大国だ。店独自、あるいは地元パンとしての菓子パン・総菜パンもある。その技術と発想を学ぼうと、日本に修業に来る外国人パン職人もいるほどだ。菓子パン大国の日本人が、目新しい菓子パンを見逃すはずがない。マリトッツォのブームを思い出してみるといい。

三つ目の要素は、フレーバーのバリエーションを増やせる点。ドーナツしかり、たい焼きしかり。日本では何でもクリームやトッピングでさまざまなフレーバーを使い、人気を得ている。あんこにカスタード、チョコレート、抹茶、イチゴ……選択肢があることが楽しいと思われるし、店側にとっては、選択肢があれば全部欲しい、とたくさん買う客がいると売り上げが伸びる。シュプリームクロワッサンも、数種類どころか、10も20もバリエーションを出す店だの専門店だのが、出てきてもおかしくない。

私が注目するのは、何と言ってもこれがクリームパンの「進化系」と言える点だ。最近は、具材を練り込んだバゲットや、チョコレートなど甘いトッピングをたっぷりかけたクロワッサンもよく見かける。

日本人の好みも多様化し、例えばスパイスを大量に入れたスパイスカレーが流行するなど、昔とは様変わりした味覚が人気になる。パンはフワフワ、モチモチの生地が日本人好みで人気だが、固いバゲット好きの人たちも増えている。味覚の幅が広がり好みが多様化してきた中で、サクサクのシュプリームクロワッサンは、新しいタイプと言える。ただし、カロリーは相当高いと思うので、食べ過ぎにはご用心!

画像提供:Adobe Stock

阿古真理(あこ・まり)

1968(昭和43)年、兵庫県生まれ。作家・生活史研究家。神戸女学院大学卒業。食や暮らし、女性の生き方などをテーマに執筆。著書に『大胆推理!ケンミン食のなぜ』『昭和育ちのおいしい記憶』『昭和の洋食 平成のカフェ飯』『小林カツ代と栗原はるみ』『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか』『母と娘はなぜ対立するのか』『平成・令和食ブーム総ざらい』『日本外食全史』『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』『ラクしておいしい令和のごはん革命』『家事は大変って気づきましたか?』など。

まもなく発表!「食トレンド大賞2023」

クックパッドでは毎年、その年に家庭で特に楽しまれた料理や食材を選出する「食トレンド大賞」を発表しています。
今年は11月29日の発表に先駆けて特設サイトで大賞候補の23品を大公開!一体どの料理や食材が大賞を受賞するのでしょうか?

みなさんの予想はどれ? #食トレンド大賞2023 をつけてSNSに投稿してくださいね!

執筆者情報

阿古真理

作家・生活史研究家。1968年、兵庫県生まれ。食や暮らし、女性の生き方を中心に生活史と現在のトレンドを執筆する。主な著書に『大胆推理!ケンミン食のなぜ』・『家事は大変って気づきましたか?』(共に亜紀書房)、『ラクしておいしい令和のごはん革命』(主婦の友社)、『日本外食全史』(亜紀書房)、『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』(幻冬舎)、『料理は女の義務ですか』・『小林カツ代と栗原はるみ』(共に新潮新書)など。

阿古真理さんの理想のキッチンに関するプロジェクトはご自身のnoteやYoutubeでもコンテンツを更新中です。

関連する記事
食べごたえ抜群!「厚揚げ1枚」で家族4人が満足するおかず 2023年10月16日 15:00
「きのう何食べた?」にも登場。庶民の味方「のり弁」が高級化した理由 2023年10月31日 19:00
こんなものまで⁉︎ライスペーパーで作れる意外なレシピ 2023年10月21日 06:00
今年のトレンド!「シュプリームクロワッサン」が春巻きの皮で簡単に作れる 2023年10月28日 06:00
サクサクパイの中から、甘〜いりんご!秋らしいアレンジの「シュプリームクロワッサン」 2023年10月16日 12:00
これもライスペーパーで作れるの!?驚きのアイデア「ぐるぐるウインナー風」レシピ 2023年10月19日 11:00
きのこたっぷり&辛み抜きで子どももOK!「暗殺者のパスタ」の絶品アレンジレシピ 2023年10月26日 12:00
ごま油とめんつゆで!やみつきになる「おかかおにぎり」 2023年11月08日 06:00
もうすぐ殿堂入りレシピも!満腹「ちくわとこんにゃく」おかず 2023年11月09日 08:00
余った餃子の皮で!SNS話題スイーツが簡単完成 2023年11月16日 09:00
もう作った?今年大流行の「暗殺者のパスタ」が進化していた 2023年11月16日 11:00
専用メーカーがなくてもOK!家にある容器で「握らないおにぎり」作り 2023年11月17日 10:00
手がとまらない!材料少なめ「米粉チヂミ」 2023年11月19日 16:00
ぷるんぷるんの…ケーキ!?プリンとスポンジの2層が美しいプリンケーキ 2023年11月22日 15:00
トップクラスの節約飯!?「ちくわトースト」最終進化系はこれだ 2023年11月23日 11:00
「ちくわ」の穴にはカニカマを詰めるのが正解 2023年11月25日 09:00
カルディの人気商品で!話題のスイーツ「クロッフル」をおうちで作ろう 2023年11月26日 07:00
今は「クセつよ」が人気。チーズケーキが日本人に愛されるようになったきっかけ 2023年11月28日 19:00
卵、コーヒーなど身近な食材の知識をアップデート!10月に最も読まれた「コラム」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年11月10日 22:00
ちょい足しで味噌汁がコク深くなるワザも!10月に最も読まれた記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年11月11日 22:00
お弁当を作るのに卵がない…そんな困りごとは「卵なし卵焼き」レシピで解決! 2023年10月30日 11:00
冷凍野菜で簡単に具だくさん!ペペロンチーノ風アレンジの「暗殺者のパスタ」 2023年11月06日 11:00
サクッ&ほろっな食感がクセになる!米粉で作る簡単クッキーボールのレシピ 2023年11月16日 12:00
コンビニスイーツでも話題!ブラジルプリンこと「プヂン」がウマすぎ 2023年11月21日 16:00
市販の◯◯で!Z世代に話題の「10円パン」が簡単に作れちゃう! 2023年11月28日 10:00
おいしさ新発見!すぐ試せる「菓子パン」の食べ方 2023年12月10日 19:00
冷凍パイシートで簡単!NY発のハイブリットスイーツ「クロワッサンドーナツ」 2023年12月05日 07:00
まん丸かわいい◎「シュプリームアップルパイ」 2023年12月07日 07:00
生春巻きだけじゃない!「ライスペーパー」がSNSで大バズりした理由とは? 2023年11月29日 04:00
刺激的なネーミングも話題!「暗殺者のパスタ」が衝撃のウマさでブームに 2023年11月29日 04:00
見た目も味も大胆に変化した「進化系クロワッサン」に心奪われる人が続出! 2023年11月29日 04:00
昨年の食トレンド予測から見事、入選!なんでも使える「米粉」が大ヒット 2023年11月29日 04:00
脳がバグる不思議な感覚!SNSで話題の「2Dケーキ」って知ってる? 2023年11月29日 04:00
1個600円以上!パリで日本のおにぎりが大ブーム。人気の理由は? 2023年11月29日 04:00
新感覚のスイーツに変身!2024年大注目の野菜は「とうもろこし」 2023年11月29日 04:00
大手コーヒーチェーンにも登場。大人かわいい「モノクロスイーツ」 2023年11月29日 04:00
本場イギリスでは食べ方で論争が勃発!奥深い「英国式スコーン」の世界 2023年11月29日 04:00
衝撃の甘さを体験してみた!手作りでも缶詰でも楽しめる「グラブジャムン」 2023年11月29日 04:00
渋谷からブームに!若者たちに「いちご飴」が人気の理由 2023年12月27日 19:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
SNSで大注目!世界一甘いあのお菓子を「米粉」で作ってみた結果… 2023年12月11日 12:00
こんなケーキ見たことない⁉︎市販品で意外と簡単「モノクロブッシュドノエル」 2023年12月14日 12:00
新感覚…ヤマザキ「薄皮クリームパン」の最高においしい食べ方を発見 2024年01月07日 18:00
フルコース料理に進化!?日本のとんかつが外国人旅行者に人気の理由 2024年01月31日 20:00
あの菓子パンの意外な食べ方が話題!2023年12月に多く読まれた「朝ごはん」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年01月09日 22:00
関西では当たり前のこと!?「明日のパン買ってきて」って言う?言わない? 2024年01月05日 17:00
粉ふるい&寝かせ不要、10分で完成!「米粉のクレープ」で手作りおやつを楽しもう 2023年12月28日 10:00
【X(旧Twitter)で話題】つぶしながら焼く!「ぺちゃんこガリガリクロワッサン」のおいしい作り方を聞いてみた 2024年02月16日 20:00
820万人が注目する大人気クリエイター・ケンティー健人が教える!餃子の皮で作る「エッグタルト」が絶品 2024年03月16日 20:00
英国のスコーンが進化!SNSで人気のかわいすぎる「韓国風スコーン」 2024年04月05日 05:00