cookpad news
コラム

フルコース料理に進化!?日本のとんかつが外国人旅行者に人気の理由

阿古真理

作家・生活史研究家。食や食らし領域が専門。

【あの食トレンドを深掘り!Vol.48】90年代に流行した「ティラミス」、数年前に話題になった「おにぎらず」、直近では社会現象にもなった「タピオカ」など、日々生まれている食のトレンド。なぜブームになったのか、その理由を考えたことはありますか? 作家・生活史研究家の阿古真理さんに、その裏側を独自の視点で語っていただきました。

インバウンド人気でとんかつが再注目

「外国人旅行者にウケるとんかつ」のお題で、テレビの情報番組からコメント取材の依頼を受けたのは、昨年10月下旬だった。「またとんかつ?」と思った私は、塩で食べさせるとんかつの人気ぶりは知っていたが、さらに新しい流行が起こっていたことを知らなかった。なんと今は、とんかつのフルコースが登場していたのである。

とんかつは一体、どこまで進化を続けるのか。そこで今回、改めて今どんな流行があり、なぜとんかつが進化するのかを考えてみたい。

まず、塩で食べさせるとんかつは、2010年代半ば頃から話題になっていた。その中心はどうやら、東京・蒲田。今は閉店してしまった店も含め、「四天王」の異名まであるとか。なぜかエリア違いの清澄白河のカフェオーナーから、当時の自宅近所だった蒲田の「とんかつ 丸一」と「とんかつ檍(あおき)」の名前を教わり、夫と出かけたのがコロナ前。この2店は四天王の一角を占める。残り2店は閉店した。行ったのは確か丸一だった。のれんがかかった入り口の前に10人ぐらいの行列ができ、30分から1時間ぐらいは待った。席はカウンターだけの小さな店で、ソースはもちろん、何種類もの塩などが入った小壺が並び、好きな味つけを選んで食べる。衣はサクサクで肉厚のとんかつを、塩で食べるとうまみがジワーッと来た。

その後は、ちょっと並んでいるとんかつ店には、塩のセレクトがあると理解した。選べる塩は、ピンク色のヒマラヤ岩塩、トリュフ塩など色もカラフルで贅沢なもの。考えてみれば、今は塩の販売が自由化された影響で専門店が各地にあり、それぞれの個性を楽しむ人もいる時代だ。てんぷらに塩、という組み合わせも定着した。確かにとんかつも、臭みがない上質な肉なら、塩で食べるとより味がわかるだろう。

いつから塩で食べさせる店が登場したかは、定かでない。丸一は1964年開業の大森の店からのれん分けをして1978年に開業。この頃は、流通する塩のほとんどが専売公社が販売する精製塩だったので、ソースをつけたはずだ。とんかつ檍は2010年の開業で、ヒマラヤ岩塩などを選べる、と謳っているので、おそらくこの辺りから、塩で食べさせるとんかつ店が出てきたのではないかと思われる。

『NIKKEI STYLE』2019年2月15日配信記事で、塩で食べさせるとんかつ店が出てきたのは、ブランド豚が増えたからではないか、と推測している。確かに最近の人気店は、ブランド豚の使用をアピールする店が多い。

そして、とんかつコース。日本初を謳うのが「銀座かつかみ」で、2018年開業。とんかつブームの真っ最中である。かつかみでは、豚のさまざまな部位をカツにし、種類の違うトッピングで順に出す。そういえば、串カツも高級店になると具材ごとに順に出すし、てんぷらもそうだ。揚げ物は何と言っても揚げたてが一番おいしいからだろう。日本では、回っていない寿司屋も出来立てを出すし、カウンター割烹の文化もある。高級感を売りにするなら、確かに出来立てのコースはありだ。

カツレツから日本独自の「とんかつ」に進化

グルメ大国日本では、料理の質を追求し進化させたジャンルで流行が生まれる、加速することが多い。以前、『日本外食全史』(亜紀書房)を書いた際にも感じたが、蕎麦にやきとり、天ぷらといった、もともとは屋台で出していた料理も、江戸時代からずっと、人気が出ると高級化する傾向があった。

とんかつはヨーロッパから入ってきたカツレツからの発展なので、レストラン料理だったのが、サクサクに揚げ和食化してきたので少し経緯は違うが、次第に庶民の気軽な食事になっていった。

銀座かつかみでは、とんかつだけの一番高いコースが消費税込みで9900円、一般の塩で食べさせるとんかつ店では、定食で1000~2000円台。ホテルのレストランや日本料理などの高級料理店に比べたら安い。おそらくその敷居の低さが流行を広げ、外国人にも注目される存在に押し立てたのだろう。

最近は、世界各国から日本独自のグルメを楽しみに来る観光客は多いが、とんかつは、豚肉の禁忌がない地域の人たちにとっては、親しみやすい料理なのではないか。何しろ、欧米人にとっては自分たちが元祖なのだし、揚げ物文化は世界中にある。そのうえ、日本独自のサクサクへのこだわり、ブランド豚は魅力的だろう。ヨーロッパでも日本食がブームの国は多いので、回転ずしがそうだったように、とんかつもカスタマイズされて今後も各国で進化していくのではないだろうか。

とんかつは、家庭でも作って食べられる料理である。しっかり肉を叩いて柔らかくし、衣をしっかりつけてしばらく置き、中温の油でじっくり揚げる。完成品は、岩塩ほか好きな調味料をつけてカスタマイズして食べよう。自宅で作るなら自由にできるので、店では出ない新しい味つけを発掘できるかもしれない。そこまで愛され進化したとんかつを、今更「和食ではない」、と主張する人はほぼいないのではないだろうか?

画像提供:Adobe Stock

執筆者情報

阿古真理

作家・生活史研究家。1968年、兵庫県生まれ。食や暮らし、女性の生き方を中心に生活史と現在のトレンドを執筆する。主な著書に『大胆推理!ケンミン食のなぜ』・『家事は大変って気づきましたか?』(共に亜紀書房)、『ラクしておいしい令和のごはん革命』(主婦の友社)、『日本外食全史』(亜紀書房)、『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』(幻冬舎)、『料理は女の義務ですか』・『小林カツ代と栗原はるみ』(共に新潮新書)など。

阿古真理さんの理想のキッチンに関するプロジェクトはご自身のnoteやYoutubeでもコンテンツを更新中です。

関連する記事
【和食料理人・笠原さん直伝】お弁当にもぴったり!味がしみ出す「油揚げのしぐれ煮」 2023年10月23日 20:00
一体なぜ?香港のドンキで日本の「たまご」が爆売れする理由 2023年11月01日 18:00
「きのう何食べた?」にも登場。庶民の味方「のり弁」が高級化した理由 2023年10月31日 19:00
カップ麺に生クリームがメーカー推奨!?日本じゃ見かけないアメリカの「カップ麺」を現地レポート 2023年11月21日 20:00
はさむだけでボリュームアップ&ヘルシーに!大根ミルフィーユとんかつ 2023年11月25日 08:00
味付けって「さしすせそ」の順番通りにしなきゃダメ?管理栄養士に聞いてみた 2023年11月21日 12:00
今は「クセつよ」が人気。チーズケーキが日本人に愛されるようになったきっかけ 2023年11月28日 19:00
南国、奄美大島のローカルスーパー「グリーンストア」。独自のカードや島ならではの食材を調査してみた! 2023年11月10日 21:00
薄切り肉を◯◯してボリュームアップ!ご飯が進むザクザクおかず 2023年12月07日 08:00
揚げないから体もお財布も喜ぶ「豚こま×厚揚げ」で作るヘルシーとんかつ 2023年12月26日 11:00
生春巻きだけじゃない!「ライスペーパー」がSNSで大バズりした理由とは? 2023年11月29日 04:00
見た目も味も大胆に変化した「進化系クロワッサン」に心奪われる人が続出! 2023年11月29日 04:00
1個600円以上!パリで日本のおにぎりが大ブーム。人気の理由は? 2023年11月29日 04:00
新感覚のスイーツに変身!2024年大注目の野菜は「とうもろこし」 2023年11月29日 04:00
衝撃の甘さを体験してみた!手作りでも缶詰でも楽しめる「グラブジャムン」 2023年11月29日 04:00
マニアが食べ比べ!業スーで1番おいしい「スパム缶」はコレだ 2023年12月15日 20:00
渋谷からブームに!若者たちに「いちご飴」が人気の理由 2023年12月27日 19:00
コンビニの人気メニューもこれで作れる!業務スーパーの「冷凍トルティーヤ」実食レポ 2023年12月20日 12:00
新感覚すぎる!カルディの大人気「おにぎり」実食レポ 2024年01月31日 19:00
本当に万能!カルディの「いぶりがっこタルタル」実食レポ 2023年12月18日 13:00
大量消費にも◎キャベツ&豚肉の絶品トマト煮込み 2024年01月01日 08:00
薄切り肉だからお財布にやさしい!とろ〜りチーズの「うま辛フライ」 2024年01月11日 08:00
こんな食べ方あったんだ!新食感カリカリ「厚揚げチップス」にハマりそう 2024年01月06日 09:00
物足りない、味が決まらない…を解消!今年作りたい「七草粥」レシピ3選 2024年01月07日 06:00
おうちでアメリカンな朝食を再現「ソーセージパティ」を作ろう! 2024年02月04日 06:00
家族に大好評!10分で「豚の照りマヨ丼」ランチ 2024年01月20日 11:00
編集部スタッフが憧れの「七面鳥の丸焼き」に挑戦!「コストコ」の人気食材で激うまアレンジレシピも爆誕 2023年12月03日 20:00
セブンイレブンカフェで紅茶がスタート!淹れたての110円紅茶は鬼リピート確実 2023年12月05日 10:00
捨てずに活用!少しだけ余りがちな「パン粉」の意外な使い方 2024年02月08日 14:00
お弁当のスキマ埋めに!いつものちくわを◯◯するだけの簡単ワザ 2024年02月16日 10:00
これ知ってる?ハズレいちごを甘くする方法 2024年03月01日 18:00
これやりがち…倹約家FPが教える「実はコスパが悪い」節約術3選 2024年02月09日 20:00
専門店が続々登場!定番の「おにぎり」がブームになった理由 2024年02月21日 19:00
春先に向けて身体リセット!!栄養&ボリューム大満足「脂肪燃焼スープ」 2024年02月27日 18:00
アニメ好きやヴィーガンに大人気!日本のおにぎりがパリで独自進化していた 2024年01月15日 09:30
【元家電販売員が解説】それ、もう寿命かも?炊飯器の寿命サインとNG使用法 2024年01月26日 21:00
注目ドラマ『厨房のありす』に登場!「ジュワーッとする豚の角煮」と「苦くないピーマンコロッケ」 2024年01月21日 23:30
甘くてやわらか〜い「春キャベツ」をメインに。レンジで作る蒸し料理レシピ 2024年03月18日 10:00
薄切り肉で節約&食べやすく!ケチャップ味が子どもにも好評「ポークチャップ」 2024年03月22日 08:00
【スピードおかず】すぐに完成!豚肉を使った「照り焼き」レシピ 2024年03月24日 08:00
コスパ最高!節約したい時におすすめ「豚こま肉」の節約ボリュームおかず 2024年03月29日 16:00
スパイスカレー、生クリームがてんこ盛り…東京でうどんが独自の変化を遂げていた 2024年03月23日 16:00
高級チョコに偽札探知機まで!アメリカ版100均「Dollar Tree」で見つけたおすすめ商品をレポ! 2024年03月29日 20:00
【災害時に役立つレシピ】断水時の強い味方!「揚げ物惣菜」をカリカリジューシーに復活させるワザ 2024年03月04日 12:00
意外なアレで格上げ!絶品「進化形ツナマヨおにぎり」3選 2024年04月11日 14:00
もう買った?いまSNSで話題のカルディ人気商品をチェック 2024年04月19日 20:00
子どもの偏食に悩む人に朗報!野菜嫌いの子が自分から「食べたい」と言ってくれる調理法 2024年03月22日 21:00
夏に向けてブームの予感!いちご飴が進化した新感覚スイーツ「アイスタンフル」って? 2024年04月05日 05:00
英国のスコーンが進化!SNSで人気のかわいすぎる「韓国風スコーン」 2024年04月05日 05:00
“ぶっ潰す”のが楽しい!カリカリ食感の「スマッシュドポテト」が欧米で人気 2024年04月05日 05:00