cookpad news
コラム

今は「クセつよ」が人気。チーズケーキが日本人に愛されるようになったきっかけ

阿古真理

作家・生活史研究家。食や食らし領域が専門。

【あの食トレンドを深掘り!Vol.45】90年代に流行した「ティラミス」、数年前に話題になった「おにぎらず」、直近では社会現象にもなった「タピオカ」など、日々生まれている食のトレンド。なぜブームになったのか、その理由を考えたことはありますか? 作家・生活史研究家の阿古真理さんに、その裏側を独自の視点で語っていただきました。

食がトレンド化したきっかけ?みんな大好きチーズケーキ

10月10日に放送された『マツコの知らない世界』(TBS系)の特集は、チーズケーキだった。子どもの頃にチーズケーキの魅力にハマり、年間450個以上も食べ歩く女子大学生が、ゴルゴンゾーラや羊乳のペコリーノチーズなど、濃厚でクセが強いチーズを使ったチーズケーキを紹介していた。昔の日本人なら「クサい」と敬遠しただろう香りのチーズケーキを、「たまらない!」とばかりに飛びつく姿に、昭和育ちの私は時代が変わったことを痛感した。チーズケーキの世界は、なんとバラエティ豊かになったことか。

チーズケーキはこれまで、くり返しブームになっている。大流行、とまで言えるのは、バブル最盛期のティラミスぐらいかもしれないが、2018~2020年頃に大人気となり、コンビニ各社も採用したバスクチーズケーキは記憶に新しい。コロナ禍で外出制限がされていた頃は、冷凍で宅配できるチーズケーキの人気が、ますます高まった。いろいろなタイプのチーズケーキが、くり返し人気になっている。

『おいしい食の流行史』(青幻舎)でも書いたが、そもそもチーズケーキは、食のトレンド化時代の火ぶたを切った食べものだ。1970年、大阪万博に際して生まれた大阪のプラザホテルがスフレチーズケーキを考案したのを皮切りに、1976年に赤坂「しろたえ」、1978年に中目黒「ヨハン」、神戸モロゾフがレアチーズケーキの販売に乗り出すなどしてブームになった。

なぜ、くり返しブームが起こるほど、日本人はチーズケーキが好きなのか。改めて考えてみたい。
『チーズケーキ本』(昭文社)によると、戦前の日本人はチーズ自体に抵抗があったようだ。そもそも乳製品になじみがない人が圧倒的多数の時代で、酪農もそれほど盛んでなく、チーズの供給量自体が少なかった。

戦後、国は乳製品や肉類の増産に力を入れ、開拓を奨励し、高度経済成長期にはスーパーで1リットルの紙パック入り牛乳が売られ始めるなど、乳製品が一気に身近になる。

1970年代にチーズケーキがブームになったのは、『ファッションフード、あります。 はやりの食べ物クロニクル1970-2010』(畑中三応子、紀伊國屋書店)によれば、ナチュラルチーズが入手しやすくなったことがきっかけ。「レシピの定型がなかったため、店ごとにアメリカ風とヨーロッパ風の各種タイプが入り乱れ、『どこがいちばんおいしいか』をみな知りたがった」と書いてある。

だからこそブームは大きくなったと言えるが、この原点と言えるブームに、実はくり返されるチーズケーキブームの要因が凝縮されている。

チーズケーキがブームになった2つの要因

一つは供給。同書には、バブル期のティラミスも登場するが、ティラミスに必須の原料であるマスカルポーネチーズの代用品「マスカポーネ」が、不二製油によって開発されていたことが紹介されている。不二製油が販促に力を入れていたことが背景にあり、1990年の『Hanako』(マガジンハウス)の特集で火がついている。

もう一つがメディアの影響力。ティラミスは当時、飛ぶ鳥を落とす勢いで雑誌片手に街を歩く「Hanako族」を産んだ『Hanako』だけでなく、同時期に『女性自身』(光文社)もティラミス特集をしていた。

 『おいしい食の流行史』(青幻舎)でも書いたが、1970年代のチーズケーキブームも、『アンアン』(マガジンハウス)、『ノンノ』(集英社)、『週刊女性』(主婦と生活社)など、女性誌がこぞって取り上げ、流行が大きくなった。女性週刊誌は、高度経済成長期が創刊ラッシュ。ファッション誌は1970年代に続々と創刊される。女性向けのメディアが増えたことで、食のブームが本格化したと言える。

ティラミスに火をつけた『Hanako』は、食は中心的テーマの一つで、1988年の創刊後、10年ほどは食トレンドをけん引するメディアだった。1990年代には、グルメ情報誌や地域限定で細かく情報を紹介するタウン誌の創刊が相次ぐ。

インターネットの普及とSNSの登場で雑誌の時代が終わる。今はSNSでバズることが、流行拡大の要因だ。

要因はまだある!クセのあるチーズが好まれるようになったわけ

しかし、これだけではチーズケーキが流行する説明には足りない。私はさらに二つの要因がある、とみている。一つは、グルメ化。

チーズケーキ最初のブームの70年代、ティラミスブームのバブル期の共通点は、日本人の味覚の幅が広がった時期だったこと。1970年代は高度経済成長期の後。高度経済成長期、家庭の食卓には洋食や中華がのるようになった。おそらく食生活のバラエティが広がり、チーズケーキを受け入れられる味覚になったのだ。

バブル期とその前後は、グルメブーム。フランス料理やティラミスブームの導火線となったイタリア料理のブームもあり、ワインに親しむ人が増えた。

バブル期にはボジョレヌーボーが流行。1995年に田崎真也が日本人で初めて世界最優秀ソムリエコンクールで優勝したことで、ソムリエという言葉が認知され、ワインブームが巻き起こった。

ワインの供と言えばチーズ。ここで登場するのは、クセが強めのナチュラルチーズである。高度経済成長期には、日本人好みにした洋食と中華が浸透したが、グルメブームでは、本格的な外国料理に注目が集まり、スパイスやハーブの香る料理を好む人が増えた。つまりここでも味覚が変化している。クサいと思われてきたチーズも、「この香りと味が好き」と感じる人たちが登場する。

世代交代も進み、より若い世代は最初から本格派の料理の味を知り、親しんでいく。濃厚なチーズを使ったチーズケーキを「たまらない」と目を輝かせる女性も登場するわけだ。

最後になるが、日本人は甘さ控えめのスイーツが好きだ。海外のスイーツを甘過ぎる、と感じる日本人は多い。ヘルシー志向も相まって、スイーツはますます甘さを控えめにする傾向が強まっている。チーズケーキは、甘さ控えめスイーツの代表だ。だから、流行も広がりやすくなる。

過去に大きな成功をしたからか、最初の流行時に「正しい」レシピがない、とされたことからアレンジが比較的多彩にできるからか、チーズケーキは次々と新しいレシピが開発され、「次はコレだ」と注目される。もしかすると、日本人のマニアックな探求心に火をつける食の代表がチーズケーキなのかもしれない。

画像提供:Adobe Stock

阿古真理(あこ・まり)

1968(昭和43)年、兵庫県生まれ。作家・生活史研究家、くらし文化研究所主宰。神戸女学院大学卒業。食や暮らし、女性の生き方などをテーマに執筆。著書に『大胆推理!ケンミン食のなぜ』『昭和育ちのおいしい記憶』『昭和の洋食 平成のカフェ飯』『小林カツ代と栗原はるみ』『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか』『おいしい食の流行史』『平成・令和食ブーム総ざらい』『日本外食全史』『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』『ラクしておいしい令和のごはん革命』『家事は大変って気づきましたか?』など。

執筆者情報

阿古真理

作家・生活史研究家。1968年、兵庫県生まれ。食や暮らし、女性の生き方を中心に生活史と現在のトレンドを執筆する。主な著書に『大胆推理!ケンミン食のなぜ』・『家事は大変って気づきましたか?』(共に亜紀書房)、『ラクしておいしい令和のごはん革命』(主婦の友社)、『日本外食全史』(亜紀書房)、『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』(幻冬舎)、『料理は女の義務ですか』・『小林カツ代と栗原はるみ』(共に新潮新書)など。

阿古真理さんの理想のキッチンに関するプロジェクトはご自身のnoteやYoutubeでもコンテンツを更新中です。

関連する記事
簡単なのに濃厚絶品!「NYチーズケーキ」 2023年09月04日 07:00
今が一番おいしい!「いちじくチーズケーキ」 2023年09月19日 07:00
焼くまで10分!簡単おいしい濃厚「チーズケーキ」3選 2023年10月01日 13:00
今の若者は「ベトナム料理ネイティブ世代」。ライスペーパーが人気な理由を探ってみた 2023年09月20日 19:00
あの栄養がカギを握る!「子どもの学力を伸ばす食事」でとにかく覚えておくべきこと 2023年11月10日 23:00
こんな食べ方あるの!?「さつまいも」の新感覚おやつ 2023年09月27日 21:00
【殿堂入り】クックパッドニュースで人気!スライスチーズで作れる「スフレチーズケーキ」 2023年09月19日 15:00
ごろっと入れてインパクト大!「オレオ」を使った簡単おやつレシピ 2023年10月10日 07:00
レンジで作れるレシピも!なめらか濃厚「焼き芋チーズケーキ」 2023年10月06日 06:00
「きのう何食べた?」にも登場。庶民の味方「のり弁」が高級化した理由 2023年10月31日 19:00
朝食やおやつが楽しくなる!「スイーツ系トースト」 2023年10月04日 21:00
絶対旨いやつ…!定番人気の菓子パン「最高の食べ方」を発見 2023年11月03日 18:00
【ラズベリー・チョコ・抹茶】美しすぎる「マーブルチーズケーキ」を作ろう! 2023年11月17日 12:00
子育て世帯の25%が◯◯不足!?風邪予防のカギとなる免疫力アップ法とは 2023年11月29日 13:00
リピ決定!コストコ人気商品「チーズケーキ」のおいしい食べ方 2023年11月28日 14:00
ヘルシーなのに濃厚美味!チーズ・生クリーム不使用「チーズケーキ」の作り方 2023年12月22日 07:00
生春巻きだけじゃない!「ライスペーパー」がSNSで大バズりした理由とは? 2023年11月29日 04:00
刺激的なネーミングも話題!「暗殺者のパスタ」が衝撃のウマさでブームに 2023年11月29日 04:00
2023年春の物価高騰…苦境の中で驚きの「卵なし」レシピが爆誕! 2023年11月29日 04:00
脳がバグる不思議な感覚!SNSで話題の「2Dケーキ」って知ってる? 2023年11月29日 04:00
1個600円以上!パリで日本のおにぎりが大ブーム。人気の理由は? 2023年11月29日 04:00
新感覚のスイーツに変身!2024年大注目の野菜は「とうもろこし」 2023年11月29日 04:00
大手コーヒーチェーンにも登場。大人かわいい「モノクロスイーツ」 2023年11月29日 04:00
本場イギリスでは食べ方で論争が勃発!奥深い「英国式スコーン」の世界 2023年11月29日 04:00
衝撃の甘さを体験してみた!手作りでも缶詰でも楽しめる「グラブジャムン」 2023年11月29日 04:00
渋谷からブームに!若者たちに「いちご飴」が人気の理由 2023年12月27日 19:00
【オーブン不要&準備10分以内】オレオを使って!ホワイトチョコのチーズケーキ 2023年12月23日 06:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
旬の味を楽しもう!「ゆず×ホットケーキミックス」で作れる簡単スイーツ 2023年12月21日 16:00
こんなケーキ見たことない⁉︎市販品で意外と簡単「モノクロブッシュドノエル」 2023年12月14日 12:00
ホットケーキミックスとスライスチーズでできる!絶品チーズケーキ 2023年12月12日 13:00
材料2つで本格スイーツ!クリームチーズと◯◯で作るチーズケーキ 2024年01月23日 14:00
かわいすぎる!ビスコでチーズケーキを作ってみよう 2024年02月28日 07:00
やさしい甘さが濃厚チーズにぴったり!りんごを使った冬のチーズケーキ 2024年01月22日 07:00
簡単すぎ!作業時間5分チーズケーキが絶品 2024年02月04日 13:00
フルコース料理に進化!?日本のとんかつが外国人旅行者に人気の理由 2024年01月31日 20:00
お店の味をおうちで!サワークリーム不要の「簡単ニューヨークチーズケーキ」 2024年01月22日 15:00
驚きの簡単さ!おうちにある材料3つで「チーズケーキ」を作ろう 2024年01月04日 16:00
【殿堂入り】クックパッドで人気!塗って焼くだけ「チーズケーキに憧れたトースト」 2024年01月19日 12:00
材料3つ!ふわしゅわスフレチーズケーキ 2024年02月05日 07:00
混ぜて焼くだけ!塩キャラメルのチーズケーキ 2024年02月12日 07:00
【100円チーズで】◯◯で作るのがコツ。おうちで「チーズケーキ」 2024年02月16日 06:00
SNSで話題!まるで漫画みたいな「穴あきレアチーズケーキ」 2024年02月20日 07:00
簡単!オレオで作る「焼かないチーズケーキ」 2024年02月22日 07:00
材料少なめが嬉しい!人気の痩せチーズケーキレシピ 2024年03月01日 07:00
「材料2つ」「オーブンいらず」がキーワード!2023年に多く読まれた「スイーツ」の記事は?【年間ランキングTOP5】 2023年12月30日 10:00
専門店が続々登場!定番の「おにぎり」がブームになった理由 2024年02月21日 19:00
成長期に◯◯をすることが重要!人生100年時代を支える「骨育」を知っておこう 2024年02月25日 14:00
3位はスノーボール、2位はパウンドケーキ、1位は…?先月最も読まれた「スイーツ」記事【月間ランキングTOP5】 2024年02月14日 22:00
定番の菓子パンをとことん楽しむアレンジが人気!1月に最も読まれた記事は?【月間総合ランキングTOP5】 2024年02月17日 22:00