cookpad news
コラム

梅雨時期にぴったり!混ぜて焼くだけ「ヨーグルトベイクドチーズケーキ」が爽やか美味

福田淳子

お菓子・料理研究家。シンプルなレシピが好評。

【みんな大好き!おうちで簡単チーズケーキ Vol.7】クックパッドニュースで大人気のスイーツ、チーズケーキ。お菓子研究家の福田淳子さんが、簡単に作れておいしいレシピを毎月ご紹介します。

梅雨時期にぴったり!爽やかチーズケーキ

みなさん、こんにちは。今回ご紹介するのは定番のベイクドチーズケーキです。クリームチーズにヨーグルトを合わせて作ります。チーズケーキはヨーグルトを使うと、生クリームを使うよりと爽やかで軽い口当たりになります。ベイクドチーズケーキなのですがしゅわっとした口当たりになりますよ。梅雨の時期にもぴったりな軽やかなケーキです。暑い季節は冷蔵庫でよく冷やして食べるのがおすすめです。材料はシンプルで順番に混ぜて焼くだけなのでとっても簡単!ぜひ作ってみてくださいね。

ヨーグルトベイクドチーズケーキ

材料(直径15cmの底の抜ける丸型1台分)

クリームチーズ…200g
グラニュー糖…80g
プレーンヨーグルト…200g
卵(M)…2個
薄力粉…大さじ3
レモン汁…小さじ2

下準備:型にオーブンペーパーを敷き込む。オーブンを180度に予熱する。

作り方

 クリームチーズは室温に戻しておくか、耐熱容器に入れて600Wの電子レンジに30〜60秒かけてやわらかくする。なめらかになるまで泡立て器で混ぜ、グラニュー糖を加えてさらによく混ぜる。

 ヨーグルト、卵を順に加え混ぜる。薄力粉をふるい入れ、レモン汁を加えさらに混ぜ型に流し入れる。180度に予熱したオーブンで50〜60分ほど焼く。型ごと粗熱を取り、冷蔵庫で半日以上しっかり冷やす。
*焼くと膨らみますが、冷めると落ち着きます。

<note>
・ヨーグルトは400gを水切りして200gになったものやグリークヨーグルトを使うとさらにヨーグルト感のあるケーキに!
・レモン汁はお好みで増やしたり(酸味と爽やかさアップ)、入れずに作っても(まろやかさアップ)。

執筆者情報

福田淳子

お菓子・料理研究家。カフェでメニュー開発や店舗の立ち上げを経験後、雑誌や書籍を中心に活躍中。身近な材料と、シンプルな手順でおいしく仕上がるレシピに定評がある。これまでに手がけたお菓子の本は40冊以上。

【Instagram】@junjunfukuda
【note】@sakuracoeur

編集部おすすめ
クックパッドの本