cookpad news
コラム

2月6日は海苔の日!隠れヒット!?の「海苔×トースト」スタイルに注目♪

今日は「海苔の日」です。いまや家庭の常備食となっている海苔ですが、いまから1300年ほど前、8世紀の古~い法典『大宝律令』を紐解くと、かなり貴重で高価だったため、租税として納めるものだったのだそう。その法律が施行されたのが2月6日だったことから、今日が海苔の記念日となりました。

『アド街』で紹介された、元祖の味は“バター醤油”!

海苔といえば、“ご飯のお供”という役割が大定番の食材ですが、その影に隠れつつも、結構ファンが多いのが「海苔×トースト」の組み合わせ。昨年、『出没!アド街ック天国』(テレビ東京)の東京・内神田編で紹介された、老舗喫茶店の名物メニューが「元祖のりトースト」でした。そのお店の作り方は、①サンドイッチ用のパンに醤油をたらす。②海苔をはさんでトースト。③最後にバターを塗って完成。というシンプルさ。 それが、焼きおにぎりのような、お餅の磯辺焼きのような素朴で懐かし~い美味しさで、昔から人気なんだそう。
そんな情報から「海苔の日」にちなみ、クックパッド内で【海苔×トースト】を検索してみたら、予想を超える1,000件以上のレシピがありました!これって隠れヒットですよね!?まだ食べてみたことのない方、ぜひ試してみてください。

つくれぽ400件以上!人気のシンプル・イズ・ベスト♪

韓国のり使用バージョン!韓流スターにも食べてほしい味です。

海苔をおいしく食べるコツは、使う直前の“あぶり”!!

クックパッドの「みんなのカフェ」にある投票広場に、「おにぎりの海苔はパリパリ派?しっとり派?」というお題があり、そこでは圧倒的にパリパリ派が多い結果になっています。みなさん、海苔は風味だけでなく、食感も楽しんでいるようですね!そこで調べてみたところ、よりパリパリで香り良く仕上げるコツは“直前にあぶること”なのだそう。おにぎりや手巻き寿司、お料理のトッピングなどに焼き海苔を使うときは、ぜひお試しあれ。

ガスコンロであぶるときのポイント

★直火であぶらず、海苔と火の間に魚を焼くときに使うような「網」を置くこと。 ガスコンロから出る炎は水蒸気を発生しているため、海苔を上手くあぶれません。「網」は炎から出る水蒸気を海苔に当てない役割をしてくれます。

オーブントースターを使うときのポイント

★海苔1枚につき、約20秒くらいを目安に焼く。 電気の熱にはガスコンロのような水蒸気がないので、パリッと感が手早く甦ります。

あぶった後、透かして見て、黒い色が少し緑色がかったくらいがちょうどいい焼き具合。それ以上焼き過ぎると、苦くなってしまうので要注意ですよ。(TEXT:大河原裕美)

シェアする