cookpad news
トレンドレシピ

【白濁しない】夏にうれしい「アイスティー」のおいしい淹れ方

蒸し暑い夏にぴったりのアイスティー。おうちで作るときに、温かい紅茶を冷蔵庫で冷やしたら、なんだか白く濁ってしまった…なんてことありませんか?濁りのないクリアなアイスティーを作るには、ちょっとしたコツがあるんです。そこで今回は、クックパッドユーザーが実践しているアイスティーのおいしい淹れ方をご紹介します!

奥が深いぞ!アイスティー

アイスティーは、ただ温かい紅茶を冷やせばいいということではありません。ポイントは、冷やし方。白濁しないためには、急速に冷やすことが大事。ゆっくり冷やすのではなく、一気に冷やせば濁りにくく、透明感のあるアイスティーが出来上がります。このとき、紅茶が濃すぎると濁ってしまうので注意してください。

山盛りの氷で一気に!

もう1つの方法は、ゆっくり抽出し、自然に冷ますこと。ティーバッグと水を火にかけ沸騰したら、火を止めてその後15分ほど放置します。濃いめの紅茶ができたら、それを常温で冷まし、すっかり熱がなくなったら冷蔵庫へ。氷を入れたグラスに注いでお楽しみください。

氷が溶けても濃いまま

茶葉の種類やブランドによっては濁る場合もあるので、いろいろ試してベストな方法を見つけてみてくださいね!

シェアする