cookpad news
コラム

【保存版】農家さんに聞いた!絶対に失敗しない「梅シロップ」の作り方

生梅が店頭に並び始めましたね。今しか手に入らない生梅を使って、梅シロップ作りに挑戦してみませんか? 小田原で自然農園を営むNatural Farm Akisawa 秋澤史隆さんに、梅シロップの作り方やアレンジ方法を伺いました!

失敗しない!シロップ作り最大のポイント

スッキリ爽やかな酸味と味わいがたまらない初夏の醍醐味、梅シロップ。完成するまでに時間はかかりますが、準備は意外と簡単なんです。アルコールが苦手な方や、子どもなど、家族みんなで楽しめるのも嬉しいですね。

では、失敗せずに作るコツは何なのでしょうか?

「梅シロップ作りの一番のポイントは、梅と砂糖を1:1の割合で作ることです。砂糖の浸透圧で梅からエキスが抽出されますが、選ぶ梅と砂糖の種類によって、味や風味が変わってきますよ」(秋澤さん)

味わいを左右する、梅と砂糖

さまざまな梅と砂糖がありますが、それぞれどんな特徴があるのでしょうか?

好みに応じた梅の選び方

青梅

甘味と酸味のバランスが良く、透き通った色に仕上がる。新鮮なうちに漬けなければいけないデメリットも

完熟梅

芳醇な香りのある、市販品では流通が少ないレアなシロップが作れる。一方で、果肉が崩れやすく、シロップが濁りやすい。また、新鮮なうちに漬けなければいけない。

冷凍梅

冷凍梅は年中手に入り、冷凍により梅の細胞が壊れることで速く漬かる。生梅とは全く別物の味わいに。

「手始めに作るなら、スッキリとした梅の香りが楽しめる青梅がおすすめです。

ゆっくり抽出するほど、まろやかな梅の香りが立ったシロップに。逆に冷凍梅を使って短時間で漬けると、酸味が凝縮された味わいになります。

目指す風味によって、使う梅の種類を選びましょう」(秋澤さん)

好みに応じた砂糖の選び方

氷砂糖

ゆっくり溶けることで梅の香りを引き出すスッキリとした味わい

てんさい糖、荒糖など

優しい甘味の茶色い砂糖を使うことでコクやまろやかさがアップ

はちみつ

はちみつの風味でシロップの味が幾通りにも楽しめる

「梅シロップ作りで一番相性がいいのは氷砂糖です。氷砂糖を使うと、溶ける速度が遅く、ゆっくりと浸透圧が起きます。そのため梅にシワがよらず、余すことなく梅のエキスが抽出できますよ!

梅と砂糖以外に、お好みでお酢を入れると味わいがスッキリし、お酢の効果で保存が効きやすくなります。

おいしい梅シロップの作り方

好みの梅と砂糖の組み合わせが決まったら、早速漬けていきましょう!

1. 梅を洗う

梅を水で洗って汚れを落とします。手や爪楊枝で傷つけないように優しく梅のヘタを取りましょう。水分が残るとカビの原因になるので、ふきんやキッチンペーパーで梅を拭きます

2. 瓶を消毒する

梅にカビが生えないように、瓶は消毒してから使用します。煮沸消毒、または食品にも使えるアルコールスプレーで除菌しましょう。

3. 瓶に梅と砂糖を入れる

梅を砂糖で挟むように重ねるのが抽出のコツ。瓶の底から、砂糖、梅、砂糖、梅、と交互に瓶の中に重ねていきます。最後に砂糖を重ね、蓋を閉めましょう。

4. 瓶を揺らし、漬かるのを待つ

直射日光が当たらない場所で保存します。すべての梅に砂糖の成分を浸透させるのが、失敗しないコツ。そのため、1日1回は瓶を揺らしましょう。2、3日おくと少しずつ果汁が出て、砂糖が溶け切った10日後〜2週間後くらいが飲み頃です。砂糖によっては溶けにくい場合もあるので、様子をみながら漬かるのを待ちましょう。

おいしさをキープする保存方法とは?

時間をかけて作った大事な梅シロップ。どのように保存したらいいのでしょうか?

「漬けている間は常温保存、シロップが完成したら、冷蔵庫で保存しましょう。さらに長期保存する場合は、熱で殺菌してから、ボトルなどに詰めるのがおすすめです」(秋澤さん)

アレンジ方法

梅シロップのおすすめの使い方やアレンジ方法があれば、ぜひ教えてください!

「私は炭酸で割ったり、かき氷のシロップにしています。シロップは砂糖の代用もできるので、アイディア次第ではケーキ作りや、お料理にも使えますよ! 漬け終わった梅はそのまま食べたり、梅ジャムにリメイクして楽しめます」(秋澤さん)

梅シロップの作り方をわかりやすく動画で紹介!


動画では梅酒が漬かる工程がわかりやすく解説されています。細かいポイントは動画でぜひチェックしてみてくださいね。

梅仕事の手間暇かかるイメージから、挑戦したことのない方も多いはず。おうち時間がたっぷりある今年こそ、挑戦してみるのも良さそう。毎日の変化を楽しみに、完成を待てば、充実したおうち時間になりますね。

(TEXT:小菅さちえ)

取材協力

Natural Farm Akisawa(あきさわ園) 秋澤史隆さん
小田原で300年もの間、みかんを始めとした果物や野菜を育てている農園を営んでいます。子どもにも安心して食べさせられるように 出来るだけ農薬に頼らず、無農薬または減農薬にこだわっています。また、動物や植物と共生し、自然のしくみに逆らわない有機栽培による農業を目指しています。
公式HP:http://www.natu-aki.com/
オンラインショップ:http://www.natu-aki.com/online/online.html

クックパッドマート

クックパッドマートは、生産者と消費者をつなぐ生鮮食品ECプラットフォームです。地域の生産者が販売する食材を、1品から送料無料で、出荷当日に新鮮な状態でお客様へお届けします。 商品は、店舗や施設に設置された生鮮宅配ボックス「マートステーション」の中からお好きな場所・お好きな時間でピックアップすることができます。2020年4月より一部地域において自宅への宅配(有料)も開始。ピックアップ・宅配の2つの手段からライフスタイルに合わせたご利用が可能です。

クックパッドマート公式サイト:https://cookpad-mart.com/

>>SNS公式アカウントでも最新情報をチェックできます!
・Twitter:https://twitter.com/cookpad_mart
・Facebook:https://www.facebook.com/cookpadmart/
・Instagram:https://www.instagram.com/cookpad_mart/

シェアする