cookpad news
コラム

今日のごはん、何にしようと悩んだときのヒントに!バランスのいい「豚の生姜焼き」献立

【おりょうりえほん vol.39】子どもたちの健やかな成長に必要な「食育」。といっても、一体何から始めたらよいかわからない、という方も多いのではないでしょうか。そこで、クックパッドの食育絵本サービス『おりょうりえほん』から、家庭でも手軽にできる食育メソッドをお届けします。

今日のごはん何にしよう…というお悩みは、誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。今回は、そんなお悩みを解決するヒントとして、「献立」に着目したえほんをご紹介します。

「献立」の立て方のキホンって?

クックパッドの食育サービス『おりょうりえほん』が提供する絵本「おやこでたのしく こんだてかえりみち」では、あかりちゃんと、今日の夜ごはん作り担当のパパが家に帰る道すがら、献立を何にするか相談しながら決めていくストーリーです。

パパが得意なカルボナーラにしようと提案すると、あかりちゃんは、お昼にパンケーキを食べたから、夜ごはんにカルボナーラだけだと、体を整える“グリーンパワー”が足りないよ、とおりょうりえほんで学んだことをパパに伝えます。

主食、主菜、副菜、牛乳や乳製品、果物と、5つのグループを1日の食事のなかでバランス良く食べられると良いということを二人は話し合い、パパの大好きな豚の生姜焼きを主菜に、キャベツの千切り、ミニトマト、ほうれん草のおひたしを副菜にしようと決めます。最後に、ママの大好きなきのこが入ったみそ汁とデザートの果物を揃えればバッチリ。1人で考えるとなかなか決まらない献立も、家族で話し合えば楽しい時間になりますね。

バランスを考えた「豚の生姜焼き」の献立

絵本「おやこでたのしく こんだてかえりみち」で決めた献立に沿って、クックパッドのなかからおすすめのレシピをピックアップしてご紹介いたします。

主菜:豚の生姜焼き

副菜:キャベツの千切り

副菜:ほうれん草のおひたし

汁物:きのこ入りのみそ汁

子どもの頃から、栄養バランスや健康的な量などを意識して献立は考えるものだとインプットできれば、将来大人になり、一人暮らしを始めた時などに、自分自身で正しい食事内容や献立を考えることができるようになりますね。献立決めに悩んだら、お子さんを巻き込んで一緒に考えてみるのも1つの手かもしれません。ぜひ参考にしてみてくださいね。

『おりょうりえほん』について

クックパッドが監修するオリジナルの食育絵本が毎月1冊届くサービスです。 絵本で楽しく気軽に食育してみましょう!
>>詳しくはこちら

絵本「おやこでたのしく こんだてかえりみち」

献立決め…大変ですよね。栄養バランスや量など実は考えなくちゃいけないことがたくさん!ということを知ってもらうお話です。