cookpad news

料理お手伝いで食べ物を大切にできる子に ~我が家の食育☆

「食べることは生きること」とよくいいますが、 食事は同時に「楽しむもの」でもあると思うので、子供たちが楽しく食べられるように!

お料理上手な暮らしニスタ、中島英美さんの「食育」は子供にお料理をさせること。 男女問わず、料理の楽しさを学ぶことでより食事に興味を持っていく過程を実感できます。 中島さんが考える、子どもと一緒にお料理をすることのメリット・ポイントを挙げてみました!

食事に関心を持ってくれるように

幼稚園の頃はまず、レタスやキャベツのような葉物を手でちぎって入れる、和え物を混ぜるという簡単な作業から手伝ってもらいました。
お野菜をちぎったり混ぜるなどは簡単にお手伝いができます。
年齢や本人の上達に合わせてできることを少しずつふやしていきました。

幼稚園時代のお手伝いの段階でも、自分が作ったお料理を食べてもらう喜びを感じたり、無駄にしたくないという思いが芽生え、大切に食べるように。

お料理の上達の進度に合わせて

小学生になって、本人がもっとお料理を覚えたいと希望してくれたこともあり、包丁や火の扱いを少しずつ教えていきました。

必ずそばで見守る、慌てずにゆっくりさせるなど、 料理の上達の進度に応じてトライしてもらいました。

調理道具の持ち方、包丁も最初はみじん切りのような、形がある程度不揃いでも大丈夫なものをメインに。 火の扱いもそばで見守りながら、行っています。
一人でお料理ができるようになり、作る大変さを実感するようになったことで、食材にも作る人へも感謝の気持ちを持つように。

小さな子にはお料理するところを見せる

2歳の娘に実践しているのは、息子の時にもやっていたことですが、お料理しているところをそばで見せること。

野菜の香りをかいてもらったり、形、手触り、カットして中の種がどんな風についているか、栄養、どんな風にお料理に変身するのか、そばで見てもらっています。
☆危なくないように注意を伝えたり、包丁や火の危ない時は離れてもらいます

下の子はお野菜が元々好きですが、玉ねぎを食べたときは「きれいになった」と表現するなど、(玉ねぎは体をきれいにすると教えた)小さくても感じているようです。

小さい子でもできることがたくさん

息子より早い、娘のお料理デビュー。 お米を計って入れる、火がついていないお鍋にだしの昆布を入れる、お野菜を洗ってもらう。みそを容器からすくう、など。

小さい子でも出来る作業は一緒にやっています。

特に自分からやりたがる時期は楽しんで教えられる時期でもあります。

一緒にやると、時間は通常の3倍はかかりますが(笑)、その時間もかけがえのない時間として、親子で楽しむことが出来ています。

毎日と思うと無理なので、今日は時間が取れそう♪という日に無理ない程度に(^_-)-☆

お野菜をたくさん見せること

自家製のお野菜をもらう機会も多いですが、スーパーで買ったものであっても、お野菜を見せる、触れさせることを大切にしています。

『お野菜ってきれいだね。いい匂いだね。つるつるしているね。きゅうりはたくさんとげとげしているとおいしいよ。にんじんは軸が細いほうが甘いよ。形が曲がっていても味は変わらないよ。大きいのと小さいのがあるね。・・・・』

ひとつひとつに個性があること。素材によって違いがあること。たくさんの栄養があること。 目で鼻で手で感じてもらうことで食べる興味につなげています。

育っている様子を見せてみる

夫が鉢でできる家庭菜園にもトライしていて、 お野菜が育つのを目で見るのも子供の興味をひくようです。

息子は農業をしていた祖母の畑を見たり、収穫させてもらってから、お野菜をよく食べるようになったので、実際になっているところを見るだけでも食材に興味を持つきっかけの一つになると感じています。

一緒に献立を考える&一緒に買い物へ行く

一緒に献立を考えてもらうのも一つです。
自分が考えた献立が出るだけでも子供はうれしいもの。
献立は頭を悩ませるものでもあるので、協力してもらうとママも楽かも(笑)

また、一緒に買いものに行った時、どんどん参加してもらいます。
献立に合わせて、どの食材が必要か考えてもらったり、野菜やお魚の見分け方なども実践的に教えられます。

献立も素材選びも子供の意見を取り入れるのがポイント(^_-)-☆
☆皆が買う食材、むやみに触れないよう、目で見て確認できるポイントを教えます。

どうしても苦手なものは食べる工夫も

苦手な野菜は下ごしらえの段階でその癖を和らげる工夫も。
ゴーヤ(苦瓜)のような苦味が強いものは子供は苦手食材になりやすいです。

ゴーヤはワタに苦味が多いので、本当は栄養がありますが、美味しく食べることを優先して、スプーンで綿を丁寧に取り、薄くスライスする。塩水につけたり、塩ゆでをしておくなど、苦手な味を和らげるように。

苦味が多いものは甘味のあるもの、マイルドにする素材や調味料と合わせる。子供が好きなメニューに取り入れるのも◎です。

おいしく食べる姿を見せる

人間は一番最初においしいと感じるのが甘みだと言われ、酸味、苦味、辛味は後で覚えていくと言われているので、酸味や苦味があるお野菜は子供のうちは苦手かもしれません。

おいしく感じる段階があると理解しておくと、おおらかに待てます。
苦手なものも、親がおいしく食べる姿を見せると、「なんかおいしそうだな」といういいイメージが残るので、大きくなってから食べられることも。
自分自身も苦瓜が苦手でしたが、親がおいしそうに食べていて、高校時代に再び食べたらおいしく食べられたということも。

コツ・ポイント

出てきたものをただ食べるだけでは、なかなか大人でもありがたみを実感するのはとても難しいと思います。食べているものは誰かの努力で成り立っていること。
お野菜や家畜を育てる農家さん、漁師さん、食材を運ぶ人、お店の人、それを作る人。

少しでもその中に参加して実感することが食に関心を持つ一つかなと考えています。 また、あまり気負わずに、生活の中や話の中で伝えることもたくさんできると考えています。
小さい子なら絵本の読み聞かせも有効ですよ♪

引用: 暮らしニスタ by 中島英美

暮らしニスタの方々がアイデア持ち寄り、お互いに情報をシェアするのがこのサイト。決して手抜きではない“時短家事”の方法や、気分が上がるインテリアのコツ…など、生活の中で生まれた「知りたい!」の答えがあります。

こちらの記事も人気です

関連する記事
寒い日に!甘〜い「ホットコーヒー牛乳」4選 2023年12月26日 14:00
ゆで時間が半分に!ツルツル絶品「そばのゆで方」裏ワザ 2023年12月29日 17:00
冬の風邪予防におすすめ◎「春菊」のすごい栄養 2023年12月16日 12:00
一石◯鳥!?ひき肉100gで家族分できちゃう子ども大喜びなお子様ランチ風【ハンバーグ鍋】 2023年12月25日 12:00
血圧が高いといわれたら?注意したい食生活と食事のポイント3つ 2023年12月20日 20:00
本当に万能!カルディの「いぶりがっこタルタル」実食レポ 2023年12月18日 13:00
どんな味!?鹹湯圓(たんゆえん)って知ってる? 2024年01月14日 17:00
驚愕!快感!ブロッコリーの茎の皮をむく方法 2024年01月26日 07:00
無印良品の隠れた名品「野菜や果物の鮮度を保つポリエチレン袋」で野菜を保存してみた! 2024年01月13日 12:00
風邪をひいたらおかゆ…ではなく◯◯を食べる⁉️日本とは違うアメリカの風邪事情を現地レポート 2024年01月26日 20:00
たくさん作りたくなる!気分が上がる「かわいい餃子」4選 2024年02月26日 07:00
栄養満点!おかずにもおつまみ「ブロッコリーのぺったん焼き」 2024年02月27日 17:00
これやりがち…倹約家FPが教える「実はコスパが悪い」節約術3選 2024年02月09日 20:00
【X(旧Twitter)で話題】つぶしながら焼く!「ぺちゃんこガリガリクロワッサン」のおいしい作り方を聞いてみた 2024年02月16日 20:00
何を持たせてる?お友達の家に行くとき・来るときの「子どものおやつ問題」をスタッフが激白 2024年02月16日 13:00
1ヶ月に1回は替えている?「キッチンスポンジ」の取り替えどき&オススメの優秀スポンジ 2024年02月23日 17:00
特に女性は要注意!?コーヒーと「一緒に摂らないほうがいい食材」とは… 2024年03月01日 17:00
注目ドラマ『厨房のありす』に登場!「ジュワーッとする豚の角煮」と「苦くないピーマンコロッケ」 2024年01月21日 23:30
用意していた非常食は役に立たなかった…能登半島地震・被災者に聞く避難時の食生活 2024年01月25日 20:00
挫折とリバウンドを乗り越えて−16kg!成功を支えたのは「アプリで繋がった仲間たち」 2024年02月10日 09:00
1品で完結!メインに迷ったら「具だくさんオムレツ」を作ろう 2024年03月03日 10:00
青臭さはこれで解決!千切りキャベツの臭み消し 2024年03月15日 07:00
これなら子どもも食べられる!春を感じる「菜の花」スピード副菜 2024年03月19日 16:00
簡単作りおき◎ビタミン豊富な「にんじんの作りおき」レシピ 2024年03月24日 16:00
紅茶にひとつまみの塩で“完璧な1杯”が味わいに?噂の飲み方を試してみた 2024年01月31日 18:00
え、そうだったんだ…医師が教える「朝一番のコーヒー」のリスク 2024年02月14日 12:00
スパイスカレー、生クリームがてんこ盛り…東京でうどんが独自の変化を遂げていた 2024年03月23日 16:00
【災害時に役立つレシピ】電気&ガスは使えるが水が出ない時に!洗い物極少の炊込みご飯 2024年02月05日 21:00
【災害時に役立つ洗い物極少レシピ】断水中も洗い物なしで簡単!ホットケーキミックスおやつ 2024年03月11日 20:00
◯◯をしっかり食べる子はテストの結果が良い!子どもの成績をアップさせる食事法とは? 2024年02月28日 21:00
朝ごはんにもおつまみにもなる!?しょっぱいケーキ「ケークサレ」 2024年04月09日 14:00
そんな食材も合うの?聞いてびっくり、試して納得「味噌汁の具」 2024年05月02日 14:00
え、それやってたわ…倹約家FPが指摘する「やってはいけない」食費節約術4選 2024年04月05日 20:00
SNSで13.5万回再生!食べるまで10分「絶品ミートボール」 2024年04月23日 18:00
“クタクタな日”でも5分で作れちゃう!スタッフ絶賛の「サバ缶」アレンジメニュー 2024年04月19日 17:00
日本のキャラ弁をアメリカの学校に持たせてみたら、とんでもないことになった!? 2024年04月30日 19:00
120kgから55kgになり人生が一変!体型、体調、メンタルまで整った−65kgダイエットの中身 2024年03月30日 18:00
子どもの偏食に悩む人に朗報!野菜嫌いの子が自分から「食べたい」と言ってくれる調理法 2024年03月22日 21:00
栄養士が考える「肉じゃが」の献立!定番の副菜、汁物などおすすめの組み合わせを紹介 2024年04月04日 20:00
「合理的にいうと料理ってする必要がない」スープ作家・有賀薫さんがそれでも料理をする理由 2024年03月29日 18:00
レンチンナムルでパパッと完成!野菜たっぷり「ビビンバ」 2024年05月30日 21:00
コレやってる人注意!今スグ見直したい「実はコスパが悪い節約術」3選 2024年05月10日 17:00
トマトを手で潰してTV局からストップも!?平野レミさんに聞く、料理を楽しくする考え方 2024年04月12日 21:00
「だるくて疲れやすい」をキャベツが解決⁉️人生が変わる“だる抜け”の方法とは 2024年05月28日 19:00
料理愛好家という肩書きにした理由は…平野レミさんの「料理を好きになる」ために大事なこと 2024年04月26日 19:00
「まごわやさしい」とはどんな意味?おすすめレシピと1週間分の献立例を紹介 2024年04月29日 20:00
コンロ不要!爆速「1分弁当おかず」 2024年06月03日 06:00
編集部スタッフが使ってみて絶賛!“高級ダイソー”のオススメ厳選3アイテム 2024年06月07日 17:00
アメリカではもはや定番!今大ブームのグリークヨーグルトは、ギリシャヨーグルトとどう違う? 2024年05月31日 20:00
週5カップ麺、おやつは天かす!?料理嫌いだった30代在宅ワーカーが−12kgのダイエットに成功した「続けられる自炊テクニック」 2024年06月08日 19:00