cookpad news

【クックパッド特売情報】簡単!さんま処理のキホン

栄養たっぷり。家族みんなでさんまを食べよう

さんまは9月頃に旬がはじまり、徐々に脂ののりが変化していきます。 青魚に多く含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれ、血栓を予防したり、生活習慣病を予防することができると言われています。 またビタミンやカルシウム、鉄分なども豊富に含まれているので、子どもからお年寄りまで、おいしく食べてもらいたい食材です。

今回は、さんまの内蔵処理について紹介しますね。勇気さえあれば、初めての方でも大丈夫。ぜひ挑戦してみませんか?

スーパーで買う時のポイント

目の回りが澄んでいるものを選びましょう。全体にハリがあり、背中が盛り上がっているものが脂の乗りもよいとされています。

早速処理してみましょう。意外と簡単です!

処理する前の準備として、水分や包丁を拭き取るためのキッチンペーパーや、内臓を入れるポリ袋(開いた状態)を用意しておくと後片付けがさらに便利ですよ。

頭の部分に切り込みを3cmほど入れます。骨までしっかり切ります。

さんまのお腹を頭から尾に向かって辿って行くと、1箇所穴があいています。これが肛門です。この肛門のギリギリ手前(頭側)に1cmほど切り込みを入れます。

お辞儀をするように頭を下に引き、そのまま折るように引っ張ってスル~と内臓を出します。

そのまま、優しく引っ張って引っ張って...

とれました!ポリ袋に頭と内臓を入れて結んでしまいましょう。においも防げて衛生的に捨てられます。

真水でよく洗って綺麗にし、水分をしっかり拭き取りましょう。 筒状にカットすると煮物などに使えます。

基本の料理

下ごしらえが終わったら「さんま料理」に挑戦!

基本の甘辛い味付けはごはんにもぴったりですよね!

素揚げするので食べごたえあり。

これでさんまの内蔵処理は怖くない!あなたの近くのお店で『さんま』の特売情報を早速チェック!

監修: クックパッド特売情報

いつもの買い物を便利に、楽しく。チラシ情報やチラシに載らない特売品も無料で見ることが出来ます。

シェアする