cookpad news
コラム

【管理栄養士が伝授】「糖質オフ」より「糖質オン」のほうがキレイにやせるってホント?

カロリー制限や食事の量を減らすような「食べないダイエット」は、一時的に体重は落とせても、「キレイにやせられるか?」というとまた別問題です。見た目の美しさも兼ね備えていくには、やはり食事をしっかり整えることが大事。管理栄養士・萩野祐子氏の著書『食べなきゃキレイになれません 食べるほどやせて肌も体も若返る食事術』(KADOKAWA)から、「キレイにやせられる体づくりのヒント」を少しだけお届けします。

糖質は「完全オフ」より「1日3食オン」でやせやすい体づくりを

糖質は「とったら太る」と誤解している人も多いようですが、正しく食べれば太りません
1日3食、お米を中心とした食事をすること。それが美しく健康な体をつくる食べものと食べ方です。

糖質をオフしようとしたとき、よくやりがちなのは、食事からご飯を抜くことではないでしょうか。「おかずだけ食べてご飯を食べない」「ご飯を半分に減らす」といった食べ方はエネルギー不足を起こすもと。糖質はご飯だけでなく、パンや麺類といった炭水化物、お菓子や果物、豆類や野菜にも含まれます。ですが、なぜか「糖質オフ=ご飯を食べない」という思い込みをしていることが多いようです。

ご飯やパン、麺類といった同じ主食のグループにカテゴライズされる炭水化物のなかで、私がご飯をおすすめする理由は、「脂質の割合が少ない」「よく嚙める」というふたつのことです。

ご飯と食パンでそれぞれに含まれる脂質の割合を比べると、パンにはご飯の数倍もの脂質が含まれていることがわかります。食パンにバターを塗った場合、さらに脂質の量が増えることは必至。ご飯がお米というシンプルな素材の食べものなのに対し、パンによっては油だけでなくイーストフードや乳化剤、甘味料や香料などいろいろなものが添加されているので、糖質以外にもいろいろと余分なものを体に入れることになりかねません。麺類はパンに比較すれば脂質の量は少ないものの、やはり脂質の量でいえばご飯にかなうものはないのです。

嚙む回数が増えれば満腹感を得やすくなります。ご飯は、穀物を粉にせず、お米を粒のまま調理して食べる「粒食」です。一度、粉にしてから加工して食べるパンや麺類よりも、粒食であるご飯のほうが嚙む回数が多くなって、食べ終わるのに時間がかかるだけでなく、腹持ちのよさもアップします。

炭水化物のなかでも圧倒的にヘルシーなご飯を食べ、ゆるやかに必要な糖質を体に入れていくことで、やせやすい体を手に入れましょう。

「太りにくい糖」を食べて脂肪を燃焼させる

「1日3食、しっかりご飯を食べましょう」とおすすめする理由は、血糖値の乱高下を防ぐ意味もあります。血糖値はゆるやかに上昇する分には問題がないものの、急激に上がることで脂肪をため込みやすい体になってしまいます。

血糖値を急上昇させない食べ方として、「太りにくい糖」を食べるというコツがあります。ひと口に「糖質」といっても、そこにはいくつかの種類があり、くっついている糖の数で分けることができます。たとえば、糖がひとつの単糖類、糖がふたつの二糖類、糖がたくさんくっついている多糖類です。糖が体に吸収されるためには、最小単位の単糖まで分解される必要があります。多糖類は分解に時間がかかるため、糖が体に吸収されるスピードも遅く、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

ご飯に含まれる糖質はおもに多糖類のデンプンなので、食べても血糖値はゆるやかに上がり、体にもゆっくり吸収されます。一方、砂糖に含まれる糖質は二糖類のショ糖なので、食後の血糖値は急上昇し、体に吸収されるスピードも速めです。同じ糖でも、ご飯は「太りにくい糖」で砂糖は「太りやすい糖」ということになるのです。

ご飯をはじめ、イモ類やパン、麺類などにも多糖類のデンプンは含まれています。そのなかでもとくにご飯は「太りにくい糖」であるだけではなく、食物繊維やたんぱく質、ビタミンやミネラルといった糖質の代謝をサポートする栄養も豊富。食べるたびにキレイになる食べものの王様といえるでしょう。

本文は『食べなきゃキレイになれません 食べるほどやせて肌も体も若返る食事術』(KADOKAWA)より一部抜粋・編集しています。

画像提供:Adobe Stock

著者メッセージ

食や健康、美容にまつわるさまざまな情報が溢れる中で、「本当のことはなんだろう?」「自分に合っている方法は?」と探し求めている方がとても多いと感じています。そして、「病院へ行くほどでもないけれどなんとなくやる気が出ない」「やらなきゃいけないことがあるのに思うように体が動かない」「疲れやすく元気が出ない」……私のところにはそういった悩みを抱える方がたくさんご相談に来られます。
本書は、そのような方々が何年先も心身が疲れることなくキレイに年齢を重ね、益々輝いていただけるよう、今日からすぐに実践できるメソッドや食事法について書きました。
食事をすることは毎日、一生続くこと。だからこそ今日から食事を変えて一生モノのキレイを手に入れていただけたら嬉しいです!

書籍紹介

『食べなきゃキレイになれません 食べるほどやせて肌も体も若返る食事術』(KADOKAWA)
女優たちが指名する管理栄養士が“食べるほどキレイになる”食事法を紹介!

女優・タレント・アスリートらがこぞって指名する人気管理栄養士による初著書。40代、50代からでも理想の体になれる、“食べるほどキレイになる”食事法をたっぷり紹介。話題の「若玄米」についても解説します。

■糖質は「完全オフ」より「3食オン」がやせる
■キレイになる黄金比は「ご飯:おかず=6:4」
■細胞レベルから潤う美肌のカギはお米から
■どんな美容法より効くのは噛むこと
■コンビニおにぎりの具なら鮭
など、目からウロコのメソッドが満載。

食事は毎日、そして一生続くこと。
「何を」「どう」食べるかちょっと見直して、一生モノのキレイと健康を手に入れましょう!

著者紹介

萩野 祐子(はぎの ゆうこ) 
管理栄養士。血糖分析アドバイザー。ユイット合同会社代表。総合病院やクリニックでの栄養指導をはじめ、俳優、タレント、トップアスリートの栄養サポート、一般の方のダイエットサポートなど年間500名以上の指導経験を有す。2018年よりピラティススタジオI PILATESにて食サポートに携わる。また、700名以上の血糖分析経験を活かし血糖分析アドバイスサービス「imilto」を立ち上げる。セミナーや食育イベント、雑誌の記事監修など幅広く活動。一般社団法人管理栄養士地位向上協会講師。一般社団法人食アスリート協会講師。

関連する記事
あの栄養がカギを握る!「子どもの学力を伸ばす食事」でとにかく覚えておくべきこと 2023年11月10日 23:00
「痩せるために毎日ランチは春雨スープです」これって正解?足りない栄養は? 2023年10月24日 12:00
くしゃみ・目の痒みが止まらない…「秋の花粉症」に絶対とるべき食事とは? 2023年10月21日 10:00
冷やして食べるのが◎旬のさつまいもでダイエット中でも「罪悪感ゼロ」のヘルシースイーツ 2023年10月24日 18:00
間食の適量200kcalとはどのくらい?おすすめの種類と量を解説 2023年10月25日 20:00
あの味が食べたくなったらコレ!15分でメロンパンみたいな「クッキー」 2023年11月26日 13:00
低カロリーで肥満予防にも!「里芋」の栄養がすごかった 2023年11月18日 12:00
人工甘味料は血糖コントロールやダイエットの味方になる?上手な活用の仕方 2023年11月01日 20:00
そのプロテイン、本当に必要?プロテインが必要な人、必要ではない人 2023年11月08日 20:00
血糖値が高いといわれたら?まず見直したい食生活のポイント4つ 2023年11月15日 20:00
野菜ジュースのメリット・デメリットは?上手な活用の仕方 2023年11月22日 20:00
知らなきゃ損!実はダイエットは◯◯するだけで効果的だった 2023年10月26日 20:00
医師が伝授する老化予防。「なぜか若く見える人」は◯◯を食べている! 2023年11月23日 20:00
え、ダメなの?痩せたい人が「サウナ」で飲んではいけない意外な飲み物 2023年10月31日 20:00
ストレスだらけだった減量が達成感があって楽しいものに!半年で−6kgを叶えた人気YouTuber・まみやでさんが、これまでのダイエットから“変えたこと”とは? 2023年10月28日 15:00
158cm・60kgから48kgへ!食事管理のみで1年に−12kgを叶えた産後ママの最強ダイエット法 2023年11月04日 15:00
Z世代からブームが広がりそう。ヘルシーにお腹を満たす最新の健康食「アジアン粥」 2023年11月29日 04:00
カップ麺の「ノンフライ麺」のメリットって?違いは何?管理栄養士に聞いてみた! 2023年12月05日 12:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
年末年始の強い味方!暴飲暴食をなかったことにできる◯◯スープって? 2023年12月26日 20:00
罪悪感ある禁断の味わい!じゅわっとおいしい「バターもち」 2024年01月19日 19:00
正月明けの◯◯不足に!免疫力UPのスピード副菜3選 2024年01月05日 07:00
必要な栄養素をギュッ!「サバ缶」の作りおきレシピ 2024年01月21日 16:00
年末年始太りに!痩せたい人は「みかん」こう食べて【管理栄養士に聞いてみた】 2024年01月09日 10:00
レンジ2分で驚きのモチッとろっ食感!バレンタインに食べたい罪悪感ゼロスイーツ 2024年02月04日 20:00
何でも食べていい?「16時間ダイエット」でやってはいけないNG行動! 2024年01月17日 20:00
知らないうちにとりすぎてるかも!?炭水化物の過剰に気をつけたい食べ物7つ 2024年01月24日 20:00
朝食にコーンフレークは危険!?「老けない主食ランキング」の結果は… 2024年01月19日 17:00
梅おにぎりと鮭おにぎり、どっちが正解?栄養士が教える「食べても太らない食事」とは 2023年12月12日 20:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
【がん専門医おすすめ】がんリスクを減らすフルーツやおやつとは? 2023年12月27日 20:00
医師が勧める「痩せる炭水化物」って?糖質制限ダイエットをする人に知ってほしい真実 2024年01月15日 19:00
ダイエットに失敗する人の家には◯◯がない!「太りやすいキッチン」にあるもの・ないもの 2024年01月06日 19:00
なかなか痩せない……なら冷蔵庫を見直して!「痩せやすい冷蔵庫」作りのポイントって? 2024年01月13日 19:00
ダイエットに間食はNG……ではない!太りにくい体を作る「戦略的な間食」を医師が伝授 2024年01月10日 19:00
ダイエットに!◯◯をかけるだけ「ご飯の食べ方」 2024年02月09日 07:00
りんごの蜜は甘くない?秘密を管理栄養士に聞いてみた! 2024年02月27日 12:00
筋肉不足で糖尿病リスクにも?!女性の痩せによる健康リスク 2024年02月14日 20:00
挫折とリバウンドを乗り越えて−16kg!成功を支えたのは「アプリで繋がった仲間たち」 2024年02月10日 09:00
「老け見えしない」50代のダイエット術!4カ月でー6kg、更年期症状も改善した方法 2024年02月17日 09:00
医師に聞いた!糖尿病を「改善させる食事」と「悪化させる食事」 2024年02月28日 12:00
酸化ストレスを減らそう!医師が教える「老化を早める食事」と「老化を防ぐ食事」の違い 2024年03月30日 10:00
毎日のご飯に「ちょい足し」でヘルシー化!2月に最も読まれた「裏ワザ」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年03月14日 22:00
隠れ脂質を見逃すな!脂質の摂りすぎにつながる要注意な食べ物 2024年03月20日 20:00
◯◯をしっかり食べる子はテストの結果が良い!子どもの成績をアップさせる食事法とは? 2024年02月28日 21:00
朝と夜に◯◯を食べると10歳も若返る⁉️医師が教える“細胞を元気にする”食事法とは 2024年02月22日 20:00
血糖値の上昇をゆるやかに&血管を若返らせる!便利すぎる「みそ玉」のつくり方 2024年02月28日 18:00
「朝ごはんにパン&コーヒー」はNG⁉️健康に欠かせない◯◯を弱らせてしまう悪い食習慣 2024年04月15日 19:00
【大河ドラマで注目!】紫式部の天才的頭脳を支えたのはあの食材?現代にも活かせる平安時代の食生活とは 2024年04月12日 19:00
毎日食べているアレが老化の原因に⁉️アンチエイジングに欠かせない“副腎”を元気にする食事法とは 2024年04月05日 21:00