cookpad news

【クレンジングのコツ】いきなり洗い流さず、必ず〇〇させよう!

クレンジング剤は「乳化」させてから落とそう!

夜、クレンジングをする時に、なかなかベタベタと落ちてくれない思っている人はいませんか?特にオイルクレンジングは、正しく洗い流さないとベタベタが肌に残りがち…。そんな、クレンジングの困った問題をほんのちょっとの手間で、らくに解決する方法があります。それは「乳化」という方法です。

「乳化」って何?

乳化とは、簡単に言えば水と油を混ぜ合わせる事です。クレンジング剤をメイクになじませたあと、少量の水を加えて「乳化」させることで、簡単スッキリとクレンジングを落とす事が出来るのです。

正しいクレンジング法をおさらい!

バシャバシャとクレンジング剤を洗い流す前に、ぬるま湯少量を手に取り、手のひら全体で軽くなでるようにクレンジングとなじませます。このとき、決して肌をこすらないで下さいね。こすると、メイクの成分やホコリなどで肌を傷めてしまう可能性があります。

ぬるま湯とクレンジング剤をなじませていると、何だかクレンジング剤がゆるんだな、と手触りが軽くなる瞬間があります。水と油がなじみ乳液っぽくなってきたら、乳化OKのサイン。ここではじめて、バシャバシャとクレンジングを洗い落としましょう。

こうすれば、いきなりクレンジング剤を洗い流そうとしていたときよりも、簡単に落ちているはず。肌に残るベタベタも軽減されるはず。

1つ気をつけて欲しいのは、クレンジングの時にマッサージも兼ねないでほしいということ。かえって肌を傷める原因になるので、クレンジングはあくまでメイクを落とすことだけを目的にしましょう。メイクがしっかり落ちたら、次の洗顔に進み肌に残った汚れをしっかりオフしましょう。美肌は洗顔から、が基本ですよ!(TEXT:丸山尚子)

シェアする