cookpad news
トレンドレシピ

チーズやツナ缶で!子どももパクパク食べやすい「七草粥」アレンジレシピ4選

1月7日は、無病息災を願って七草粥を食べよう

お正月の最後にあたる1月7日は「人日(じんじつ)の節句」といい、七草粥を食べて1年の豊作と無病息災を願います。旬の植物である七草を食べれば自然界から生命力をもらい、病気にならず長生きできると考えられてきたためです。七草の種類は地方によって若干違いがありますが、一般的なのはセリ・ナズナ・ハコベラ・ホトケノザ・ゴギョウ・スズナ・スズシロの7つ。これらは年末年始の食べすぎで疲れた胃をいたわり、ビタミンを補う役割もあるのです。

七草粥が苦手な子どもでも食べやすくなるレシピ

そんな七草は、細かく刻んで「七草粥」にするのが一般的ですが、「味が淡白で食べにくい」と苦手な子どもも少なくありません。そこで、味付けをちょっとアレンジするだけで、ぐっと食べやすくなるレシピをご紹介します!

ツナと鶏ガラスープの素で食べやすく

チーズがとろ〜り。体ぽかぽかリゾット風

ふわふわ卵で食欲をそそる中華風

子どもも大好き!シンプルな味噌味

七草のほかに冷蔵庫にある野菜をプラスしてもOK!和風だけじゃなく、洋風や中華風とさまざまな味付けがあるので、子どもの好みの味で作ってみてはいかがでしょうか?家族みんながパクパク食べてくれますように!

参照サイト

シェアする