cookpad news
コラム

日本を抜いて世界一の長寿国に?食事を楽しんで長寿を叶える「スペインの食の秘密」

【おいしい! スペイン田舎暮らしvol.5】自然豊かなスペイン北部の村で暮らし始めて10年になる、クックパッドアンバサダーのmalcoco07さん。地元の食材を使った昔ながらの手作りの食を伝えてもらいます。

秘訣は食にあり!スペイン人の長寿の理由とは?

スペイン北部のナヴァラ州にある、人口100人ほどの小さな村で暮らすクックパッドアンバサダーのmalcoco07さん。持ち前の食への愛と好奇心で、現地の方から地元の郷土料理を教わり、伝える活動をしています。

意外と知られていませんが、実はスペインは国民の平均寿命が伸びている長寿国。今後日本を抜いて世界一の長寿国になるとの予測も出ています。今回はmalcoco07さんにスペインの長寿を支える食習慣についてお話を伺いました!

malcoco07さん:「スペインの長寿の理由はいくつかあるように思いますが、まず健康に効果的な食材が収穫できる環境にあると思います。スペインは国土の約50%が農用地の農業大国。豊富な農業資源が全土にあり、健康に効果的なオリーブを始め、野菜、豆、果物、ナッツ類が収穫できます。健康を意識しなくとも、地中海食と呼ばれるスペインの食事では毎日必ずと言って良いほどそれらを摂取しているので、自然と健康的な食事ができているのではないでしょうか。

地中海食の食事に特に欠かせない食材がオリーブ。定番朝食のパンコントマテはトーストにオリーブオイル、すりおろしたトマト、塩で調理し、甘い朝食メニューのビスコッチョですらオリーブオイルを使用しています。昼食の豆料理や魚や肉料理、夕食のスープや卵料理を作る過程でもオリーブオイルが使われているので、ほぼ毎食オリーブオイルを摂取しています

B0cb41c65605783eceb8abcd66923257 収穫されたばかりのオリーブの実

オリーブ以外では、ナッツ類はよくレストランでデザートとして提供されています。友達との山歩きにもナッツとフルーツをよく持参していますね。

 

あとはニンニク。誰もが知っている定番スペイン料理のアヒージョを初め、ガスパッチョやサルモレホ、肉魚、豆料理によく使っています。

2c1331ce8059174b3166e2b5eed9971e 山のように積まれたニンニクも、欠かせない食材です

スペインの海で獲れるタラやイワシ、マグロなどのシーフードを食べる機会も多く、素材の味を活かしたシンプルな調理法が多いのも、良い食材が揃っているスペインならではの味わい方だと思います。

他には、それぞれの地形や気候で育った葡萄で作るワイン。広大な土地で育てられる小麦や大麦を使って作られているパン。家畜からは肉や牛乳、チーズなどの乳製品。それらをバランスよく摂ることで健康的な食事になっているのではないでしょうか」

食材以上に長寿に貢献!スペイン独自の「ストレス解消法」とは?

malcoco07さん:「健康的な食材は豊富ですが、スペイン人は健康や食事に気をつけているというよりは、食をとことん楽しんでるという印象が強いですね。食材だけでなく、適度な飲酒、運動、家族や友達との食事を大切にする生活スタイルにも長寿の秘訣があるように感じます。

とにかくお喋りが大好きなスペイン人。食事会の時には必ず食後にソブレメサ(sobre la mesa)と呼ばれるお喋りタイムがあるんです。同じ時間を共有することで一体感を生む、スペインを象徴する習慣です。

長期のバカンスや食事後のシエスタ(昼間にとる休憩)などもスペインならではの習慣。仕事から離れ、家族や友達との時間をゆったり過ごして、上手にストレスを発散しています。リラックスする時間を大切にするスペインの生活スタイルは、日本とはまた違った長寿への秘訣だなと感じますね」

食べるだけじゃない!収穫や加工から「食の楽しさ」を満喫

食卓でのコミュニケーションやリラックスする時間が健康に良い効果を生んでいそうですね!食卓以外でのコミュニケーションや食習慣は他にもありますか?

malcoco07さん:「私の住む村に関して言えば、食事以前の食材の収穫や加工などを一緒にすることで、人との協力や交流が生まれ、地域のコミュニティを強くしているように思います。

この村にはスーパーやお店がないので、ほとんどの住民が畑を持ち、自ら食材を生産しています。地産地消を意識する以前に、自然と近くにあるものを食べている感覚ですね。

野菜や果物が一気に収穫出来る時は人と分け合ったり、一緒に保存食を作ったり…。収穫から加工、調理、食事に至るまでの工程を共にすることで、近所同士の協力や交流が生まれています。

ちょうどこれから秋にかけて野菜や果物、ナッツ類の収穫や保存が始まります。トマトは収穫後、保存食としてトマトソースを作るのが毎年恒例。私も自分の畑で採れたトマトで毎年トマトソースを作っています。村では100kg近い量を1日で仕込む家庭もあるんですよ。近所の人や友達など、大勢で大量の仕込み作業に遭遇すると、日本の味噌の仕込み風景を思い出します!」

1410ab50dcac7c7e8c0e9b18a6254f7a 村の加工場で作業する皆さんの様子

Af71976c84f9729fa8f03bc59d8bfa96 こちらでは、赤ピーマンを缶詰にしています

malcoco07さんの保存食レシピを紹介!

malcoco07さん:「アーモンドは収穫後に外側の果肉を取り除く作業をします。この後1週間ほど天日に当て、殻を割ってアーモンドの実を取り出します。長い冬の時期に家の中でナッツの殻を割る作業は良い暇つぶしになるんです!また、剥いた後のアーモンドの殻も薪ストーブに火を点火する時に着火剤として役に立つので大切に保存しておきます。アーモンド同様、クルミも収穫後天日に干す作業があり、秋はこれから始まる冬暮らしへの準備期間になっているんですよ

C8c1c95b46b4b259179eab349bfd7198 収穫後、近所の人たちでアーモンドの果肉を取り除く作業をしている様子

スペイン流の食材保存のコツを紹介!必須アイテムは?

野菜・果物・ナッツ類などの保存法について、日本とは違う工夫やポイントがあれば教えてください!

malcoco07さん:「野菜や果物の保存方法は瓶詰めや冷凍、乾燥など基本的には日本と同じかと思います。一年を通して乾燥しているので、湿気の多い日本と比べるとあまり神経質にならずに保存食作りを楽しめるように思います。

保存食を作る機会の多い村暮らしでは、貯蔵出来る場所や、大きな冷凍庫が必須アイテム。最近は家庭で真空パックを出来る機械も増えてきたので、下処理した野菜やナッツ等の保存は楽になりました。私は畑を通じて、村の人達から野菜の育て方や調理、加工の仕方などを教わったのですが、村には若い人達が少なく、この先そういった知識をどう引き継いでいくかが課題だなと感じています」

スペイン人に学ぶ!「食や人生を楽しむ方法」とは?

スペインの方は食を楽しむことが得意で素敵ですね。malcoco07さんご自身もスペインに移住されてから食への意識に変化はありましたか?

malcoco07さん:「ありましたね。スペインの風物詩とも言える長時間続く食事会で、食の楽しみ方を学びましたね。老若男女で食事を一緒に作ったり、食後に歌って踊ったり、とことん食事の場を楽しむんです。義理の母を始め、旦那さんの家族、友達…彼らとの関わりでスペイン人の食に関する好奇心の強さに驚きました。

コロナ以降、人と集まる機会は減りましたが、最近はやっと家族や友人と一緒に食事ができるようになりました。集まると、コロナは既に遠い昔のような雰囲気です。でもコロナの経験があったからこそ更に人と一緒に過ごせる時間を大切にしているのかもしれません。

私は最初スペイン語が全くわからなかったのですが、食事会で会話をしながら言葉や文化、習慣を教えてもらい、食事会が学ぶ機会になりました。食事会を通じて、スペインの土地から生まれる食材と、この土地の人達に年々パワーをもらっているように感じます。まだまだ学ぶことが多いですが、何にでも好奇心を持って接することが、スペイン人の様に食を、また人生を楽しむ方法だなと思いますね」

malcoco07さんのキッチンにはトマトソースをはじめとした、おいしそうなレシピがたくさん投稿されています。どれも地中海料理の特徴であるオリーブオイルやニンニクなどの食材がたっぷり使われたレシピはどれもおいしそう!ぜひmalcoco07さんのキッチンをチェックして、お気に入りのレシピを見つけてみてくださいね。

malcoco07さん

スペイン在住のクックパッドアンバサダー。
日本で調理師免許を取得し、日本、オーストラリア、スペインでの飲食店勤務後、現在はスペイン北部のナヴァラ州の小さな村で、地元の豊かな自然、食材、人々と触れ合いながら食文化を探求中。地元の人やスペイン在住の日本人向けに料理教室を主宰するなど、日本の食文化普及の活動もしています。
現地で手に入る食材を駆使して、お味噌や梅干しも仕込んでいるそうですよ。お住まいのアパートの窓から、毎日絵画のような絶景が見られるそう。