cookpad news

40歳を過ぎたら…アイメイクは「頑張らない」が正解です

アイメイクを頑張りすぎて、「目を合わせるのが怖い!」と感じる人、身近にいませんか?
40代ともなると、まぶたの皮膚がたるみ始めるのでアイシャドウやアイラインが崩れやすくなります。せっかくメイクをしても、ほんの数時間でパンダ目になっていることも。目元を強調したい気持ちはわかりますが、40代には引き算のメイクが必要です。

アイシャドーは濃淡2色で十分

アイシャドーパレットには、4~5色がセットされていることが多いですよね。でも、肌がくすみ、目尻に影ができやすい40代の目元に、何色も重ねづけするのは危険。美しい目もとを作るためにおさえておくべきポイントは3つ。

1.アイホール全体に明るい色をぼかす

目元をフワッと明るく見せてくすみをカバーします

2.アイラインで引き締める

目の際にそって濃い色のアイシャドウをアイライン風に入れます(またはアイラインで代用でもOK)

3.ブラシでぼかし入れる

チップを使うと粉の量が多くなり、ヨレやダマの原因になります。ブラシでサッと軽~くぼかし入れると、厚ぼったくなりません。

目元のインパクトはラインとマスカラで作る

目元の印象がぼやけてしまうのが不安なら、まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるようにアイラインをしっかり入れること。まばたきするたびにヨレないよう、水や皮脂に強いウォータープルーフタイプを選ぶといいでしょう。

目を大きく見せたいなら、マスカラも効果的。ビューラーで根元からしっかり持ち上げてから、まつ毛を長く太くするようにマスカラをのばします。このとき下まつ毛も忘れずに塗っておくこと。上下のまつ毛に縁取られ、ぱっちりとした目が印象づけられます。

大人の目元は色で遊ぶより、“引き締めカラーで魅せる”ことが重要。引き算のアイメイクならパンダ目が防げ、キリッとした若々しい目元がずっと続きます。

シェアする