cookpad news

冬の乾燥対策に!「乳液コットンパック」のススメ

もう12月も目前。季節的にも空気の乾燥が並大抵の物ではなくなってきました。 いつも通り、化粧水、美容液、乳液でケアしても、日中の乾燥についていけない…。そんな人はいませんか?そこで、化粧水マスクならぬ、乳液マスクの方法をお伝えします。

保湿効果絶大!乳液コットンパック

なるべく薄くさいたコットンに乳液を浸し、特に乾燥の気になる部分に乗せます。もちろん全顔でもOKです。

注意したいのは、その前に肌に化粧水をたっぷりとつけ、水分をしっかりと補給しておくこと。こうすることで、乳液のなじみが断然、違います。市販のシートパックでは、目や口の際までは届きませんが、コットンなら小さくカットすれば口周りや、目元にも使えますよ。

※目の中に入らないよう注意してください

入浴後のスキンケアの1つとして、夜にのんびりパックするのがおすすめ。また、余裕があるなら朝でも構いません。5分から10分、乳液を浸したコットンを肌に乗せておけば十分です。たっぷりの保湿で、肌のバリア機能を強化して、この季節を乗り越えましょう!(丸山尚子)

シェアする