cookpad news
裏ワザ

【必見】甘くてジューシーな「桃」を美味しく食べる3つの技

V6のいのっちこと井ノ原快彦さん、有働アナウンサーらが、社会問題から生活実用情報まで、毎日ピックアップする「あさイチ」(NHK)。主婦の皆さんが一番気になるあさイチのテーマをクックパッドがレポートします。

夏は、みずみずしいフルーツがとりわけ美味しく感じる季節。中でも、旬を迎えた桃はジューシー!あの甘い香りをかいだだけでも、幸せ気分になれますね。今回は、桃のもっと美味しい食べ方&レシピをご紹介します♪

桃をもっと美味しく食べたい

7月31日放映の「あさイチ」(NHK)をご覧になりましたか?今回の特集は、この時期スーパーにたくさん並ぶ「桃」。旬の桃は、ジューシーで美味しいですよね。でも、せっかく買った桃が熟れてなくて固かったり、あまり甘くなくてガッカリした経験がある人も多いのでは?そんな人はこれからご紹介する方法を覚えておいて。簡単ですが、これで絶対当たりの桃をゲットできますよ。

美味しい桃のサインはコレ

美味しい桃の見分けるうえで大事なのは、ルックス。形が左右対称で、真ん丸のもの。こういうべっぴんさんの桃が味にムラがなく、美味しいのだとか。

でも、実は他にももっと簡単に見分ける方法が。それは表面に「果点」があること。白っぽい桃のときは赤く、赤い桃のときは白く見える点です。一見、傷があるように見えるため敬遠しがちですが、実はこの「果点」が美味しさのサインなんだとか。

15分で冷たい桃になる!?

さあどんどんいきますよ。美味しい桃をゲットしたら、次は食べるときの裏ワザ。この時期、フルーツも冷やして食べたいですよね。でも、実は桃は冷やしすぎると甘さを感じない桃になってしまうのだとか。そこで番組では、甘さも感じられて、ヒンヤリ感も味わえる最強の桃の冷やし方を紹介していましたよ。

その方法とは、氷水で15分冷やすこと!これは、香りを楽しむうえでもベストな方法。たったそれだけですが、ゲストの桃が大好きなももいろクローバーZの百田夏菜子さんも「こんな甘いの食べたことがない」と大絶賛♪

フルーツパーラーのシェフ直伝桃サンドイッチ

番組では、桃を使ったレシピの紹介も♪教えてくれたのは、老舗フルーツパーラーのシェフ・森山登美男さん。お店で食べるようなおしゃれな「桃のサンドイッチ」です。

用意するのは薄い食パン。バターを塗ったら、くし形に切った桃をすき間なくのせていきます。桃の間にいきわたるよう、もうひとつのパンにはたっぷり生クリームを塗りましょう。サンドしたら、パンの耳をカット。サンドイッチそのものを切るときは、力を入れずに包丁の重みでカットするのが、グチャッとならないコツです。

生クリームとバター、そして桃のコラボが最高!ふわふわなサンドイッチは、本当にフルーツパーラーで出てきそう。クックパッドにも桃を使ったレシピがありましたよ。

ホッペがとろけそう~♪

ハムやチーズを入れても★

桃のコンポート

美味しい桃を見分ける技、15分で冷やす技、美味しい桃のレシピを作る技、と3つの技をご紹介してきましたが、いかがでしたか?柔らかく熟れた桃は、感動するほどの美味しさ。今しか味わえない旬の美味しさを、さっそく試してみてください。 (TEXT:森智子)

シェアする