cookpad news
コラム

第二次ブームで専門店が続々登場、進化系カヌレ。人気の理由は、“プリン”と似ているから!?

阿古真理

作家・生活史研究家。食や食らし領域が専門。

【あの食トレンドを深掘り!Vol.37】90年代に流行した「ティラミス」、数年前に話題になった「おにぎらず」、直近では社会現象にもなった「タピオカ」など、日々生まれている食のトレンド。なぜブームになったのか、その理由を考えたことはありますか? 作家・生活史研究家の阿古真理さんに、その裏側を独自の視点で語っていただきました。

専門店やコンビニで「カヌレ」が人気

カヌレの流行が続いている。ブーム再来を知ったのはコロナ前。確か、東京・学芸大学にカヌレ専門店「ダン・ラ・ポッシュ」が2018年に開業し、行列ができると聞いたあたりからだった。すぐ冷めるかと思いきや、各地に専門店が続々とオープンする、独自のアレンジを施した「進化系」も増えるなどして、ますます盛り上がっている。進化系については、たとえばファミリーマートが2022年5月末から売り出した、ドーナツ形でホイップクリームを合わせた「生カヌレケーキ」や、ローソンストア100が同年4月に出したカスタードクリーム入りなどがある。

実はデコレーションする、フレーバーを変えるなどした進化系カヌレはもっと前からあったらしく、ITメディアの『Fav-Log』2022年5月21日配信記事「お取り寄せ『カヌレ』おすすめ5選 第2次ブーム到来! 人気のお店や気になるフレーバーをお取り寄せして味わおう【2022年5月版】」によれば、芦屋の名店「ダニエル」が始めたことがきっかけで、2012年頃から関西でまず広がり始めたのだという。今はフルーツやチョコレートを練り込んだり、トッピングしたりするものなどがある

スパイスカレー、ベルギーワッフルなど関西発の食の流行は多いが、カヌレの再流行も実は関西発祥だったのか。現在の流行は、農林水産省が発表した「2021年流行スイーツランキング」で5位になり、ランキング形式でなくなったとされる翌年もピックアップされ、グルメサイトRettyの「2022年に流行したグルメ」アンケートで2位になるなど、さまざまな調査で流行スイーツに挙げられるほどになっている。

最初の流行は、1990年代後半だった。日本の洋菓子史にくわしいブールミッシュ創業者の吉田菊次郎さんが書いた『増補改訂版 西洋菓子彷徨始末 洋菓子の日本史』(朝文社)は、1996年としている。1990年代は、ティラミスに始まりさまざまな目新しい外国スイーツが流行し、スイーツブームへつながっていったが、その中にカヌレもあった。日本で紹介されたばかりだった当時は洋菓子店やパン屋に並び、流行が終息した後も一部の店で定着した。同書によると、日本中の菓子屋が専用の型を発注したために、「フランスはおろかヨーロッパ中からカヌレの型が姿を消し、ひと頃は入荷待ち一ヶ月、あるいはそれ以上」となってしまったほどのブームだった。

同書によると、カヌレはフランス・ボルドー地方の修道院で17世紀から作られてきたスイーツだ。フランスの地方菓子と言えば、東京・尾山台の『オーボンヴュータン』を創業した河田勝彦さんが、たくさん発掘し日本に紹介してきた。河田さんの『伝統こそ新しい オーボンヴュータンのパティシエ魂』(朝日新聞出版)によると、カヌレと出合ったのは半世紀ほど前、ボルドーの小さな菓子屋だった。見つけたときの思い出を、「あの表面の固さと、内側の独特のやわらかな触感、そしてラム酒とバニラの風味、外見からは想像もできない味に、驚きました」と綴っている。河田さんは当時、パティシエ修業に煮詰まりフランス全土を旅していたが、カヌレとの出合いがスイーツの魅力を再発見するきっかけになったと書いている。

カヌレ発祥の秘密も同書にはある。ワインの澱を除くために、昔は卵白を使ったので、余る卵黄の使い道として考案された。だからカヌレは濃厚な味になったのだ。

根強い人気は、カスタードクリームにあり

現在のブームが始まったきっかけは、「進化系」が増えたことや、専門店が続々とできたことだろう。しかし、第一次ブームの後も静かに定着はしていたのだから、きっかけさえあれば再ブームにはなったのではないか。何しろ、カヌレには「焼き込んだプリン」といったたたずまいがある。牛乳とバニラと卵が入った、カスタードクリームのスイーツだから。

プリンは日本人が大好きなスイーツの一つで、カヌレブームとほぼ同じ時期から、昭和の頃のような固めプリンの流行も始まっていた。1993年に名古屋から東京へなめらかプリンの「パステル」が上陸して大流行したのちは、コンビニのプリンまで流動食のような柔らかいタイプが定着したが、固めのしっかりしたプリンが改めて見直されたのである。しかし、カヌレほどの流行の爆発力はない。相変わらず、柔らかいプリンもたくさん売られている。個人的には固めのプリンが好きなので、固めが席巻しない現状が歯がゆい……。

プリンと似ているといえば、1991年に大流行したクレーム・ブリュレもフランスの焼きプリンと言える。卵黄、生クリームを使うのでプリンより濃厚な味わいになる。その後、プリンも生クリームを使うレシピが増えたが……焦げ目をつけるか、カラメルをつけるかがこの二つのスイーツを分けるポイントと言える。

この頃、瞬間風速的に流行したエッグタルトも、ここ数年台湾から再上陸して人気になっているが、このクリームもプリンと似ている。つまり挙げたどのスイーツも、カスタード生地を使っている。カスタード生地のスイーツは、何となく赤ちゃんの頃を思い出させる懐かしい味わいがある。だから定番になったし、だから何度も流行する。カヌレ再流行の最大の理由は、このスイーツがプリンの仲間だからではないだろうか。結局のところ、私たちはカスタードクリームが大好きなのだ。

画像提供:Adobe Stock

阿古真理(あこ・まり)

©植田真紗美
1968(昭和43)年、兵庫県生まれ。作家・生活史研究家。神戸女学院大学卒業。食や暮らし、女性の生き方などをテーマに執筆。著書に『昭和育ちのおいしい記憶』『昭和の洋食 平成のカフェ飯』『小林カツ代と栗原はるみ』『なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか』『パクチーとアジア飯』、『母と娘はなぜ対立するのか』、『平成・令和食ブーム総ざらい』、『日本外食全史』、『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』、『ラクしておいしい令和のごはん革命』、『家事は大変って気づきましたか?』など。

執筆者情報

阿古真理

作家・生活史研究家。1968年、兵庫県生まれ。食や暮らし、女性の生き方を中心に生活史と現在のトレンドを執筆する。主な著書に『大胆推理!ケンミン食のなぜ』・『家事は大変って気づきましたか?』(共に亜紀書房)、『ラクしておいしい令和のごはん革命』(主婦の友社)、『日本外食全史』(亜紀書房)、『料理に対する「ねばならない」を捨てたら、うつの自分を受け入れられた。』(幻冬舎)、『料理は女の義務ですか』・『小林カツ代と栗原はるみ』(共に新潮新書)など。

阿古真理さんの理想のキッチンに関するプロジェクトはご自身のnoteやYoutubeでもコンテンツを更新中です。

関連する記事
準備は10分!すぐ作れるとろ〜り「プリン」 2023年10月29日 13:00
「きのう何食べた?」にも登場。庶民の味方「のり弁」が高級化した理由 2023年10月31日 19:00
今年のトレンド!「シュプリームクロワッサン」が春巻きの皮で簡単に作れる 2023年10月28日 06:00
加熱もゼラチンもなしで固まる!材料3つ「柿プリン」 2023年10月31日 09:00
和風のイメージを覆す!?進化系「揚げ出し豆腐」 2023年11月05日 10:00
知らなきゃもったいない!市販プリンの意外な使い方 2023年11月05日 13:00
今は「クセつよ」が人気。チーズケーキが日本人に愛されるようになったきっかけ 2023年11月28日 19:00
さつまいもスイーツに注目集まる!10月に最も読まれた「スイーツ」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2023年11月08日 22:00
コンビニスイーツでも話題!ブラジルプリンこと「プヂン」がウマすぎ 2023年11月21日 16:00
セリアの特大カップで!昔ながらのカスタードプリン 2023年12月11日 07:00
生春巻きだけじゃない!「ライスペーパー」がSNSで大バズりした理由とは? 2023年11月29日 04:00
刺激的なネーミングも話題!「暗殺者のパスタ」が衝撃のウマさでブームに 2023年11月29日 04:00
見た目も味も大胆に変化した「進化系クロワッサン」に心奪われる人が続出! 2023年11月29日 04:00
昨年の食トレンド予測から見事、入選!なんでも使える「米粉」が大ヒット 2023年11月29日 04:00
脳がバグる不思議な感覚!SNSで話題の「2Dケーキ」って知ってる? 2023年11月29日 04:00
1個600円以上!パリで日本のおにぎりが大ブーム。人気の理由は? 2023年11月29日 04:00
新感覚のスイーツに変身!2024年大注目の野菜は「とうもろこし」 2023年11月29日 04:00
大手コーヒーチェーンにも登場。大人かわいい「モノクロスイーツ」 2023年11月29日 04:00
世界が日本の「和紅茶」を絶賛!ビール・コーラに続くクラフトブームはコレ 2023年11月29日 04:00
Z世代からブームが広がりそう。ヘルシーにお腹を満たす最新の健康食「アジアン粥」 2023年11月29日 04:00
本場イギリスでは食べ方で論争が勃発!奥深い「英国式スコーン」の世界 2023年11月29日 04:00
衝撃の甘さを体験してみた!手作りでも缶詰でも楽しめる「グラブジャムン」 2023年11月29日 04:00
渋谷からブームに!若者たちに「いちご飴」が人気の理由 2023年12月27日 19:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
2024年は「とうもろこし」ブームが来るかも!トースターでできる簡単パイは試す価値アリ 2023年12月04日 11:00
SNSで大注目!世界一甘いあのお菓子を「米粉」で作ってみた結果… 2023年12月11日 12:00
こんなケーキ見たことない⁉︎市販品で意外と簡単「モノクロブッシュドノエル」 2023年12月14日 12:00
新感覚すぎる!カルディの大人気「おにぎり」実食レポ 2024年01月31日 19:00
ライスペーパーでいちご大福ができる!?材料3つのお手軽和スイーツ 2024年01月04日 07:00
もう食べた?SNSで大人気「じゃがアリゴ」絶品レシピ 2024年01月16日 10:00
これ知らなかった!プッチンプリンまさかの使い方に反響 2024年02月04日 15:00
フルコース料理に進化!?日本のとんかつが外国人旅行者に人気の理由 2024年01月31日 20:00
実は意外に簡単に作れる!おうちティータイムを満喫できる「焼き菓子」5選 2024年01月23日 20:00
話題のモノクロスイーツを手軽に楽しむ!黒ごま&バナナのジュースを作ろう 2024年01月18日 12:00
編集部スタッフが憧れの「七面鳥の丸焼き」に挑戦!「コストコ」の人気食材で激うまアレンジレシピも爆誕 2023年12月03日 20:00
【TVで話題】意外な具材でウマすぎる!フランスで人気爆発「パリ風おにぎり」3選 2024年02月12日 06:00
専門店が続々登場!定番の「おにぎり」がブームになった理由 2024年02月21日 19:00
ふわっと食感で新しいおいしさ!業務スーパーの「冷凍チョコトリュフ」実食レポ 2024年02月21日 12:00
アニメ好きやヴィーガンに大人気!日本のおにぎりがパリで独自進化していた 2024年01月15日 09:30
マカオ名店の味!冷凍パイシートで絶品「エッグタルト」 2024年03月29日 19:00
スパイスカレー、生クリームがてんこ盛り…東京でうどんが独自の変化を遂げていた 2024年03月23日 16:00
濃厚カスタード&サクサクパイが絶妙!業務スーパーの「冷凍エッグタルト」実食レポ 2024年03月20日 12:00
簡単10分!レンジで「カスタードクリーム」 2024年04月02日 14:00
これすごい!スーパーカップで意外なおやつができちゃった 2024年04月16日 09:00
市販品を上手に使って!濃厚「プリンチーズケーキ」 2024年04月20日 15:00
夏に向けてブームの予感!いちご飴が進化した新感覚スイーツ「アイスタンフル」って? 2024年04月05日 05:00
英国のスコーンが進化!SNSで人気のかわいすぎる「韓国風スコーン」 2024年04月05日 05:00
クリームチーズのような濃厚さ!美容系インフルエンサーが注目の「グリークヨーグルト」 2024年04月05日 05:00
“ぶっ潰す”のが楽しい!カリカリ食感の「スマッシュドポテト」が欧米で人気 2024年04月05日 05:00
“キャロ活”って知ってる?大ブーム目前のスイーツ「キャロットケーキ」 2024年04月05日 05:00