cookpad news
コラム

絵本『パンどろぼう』の柴田ケイコさんが描く、親も子どもも料理が楽しくなる“不思議なフライパン”

sponsored

数々の賞を受賞した人気絵本『パンどろぼう』。パンやおにぎりなど食べ物をモチーフにした主人公が登場し、そのユニークさが話題になっています。そしてこの度5月10日に新作絵本『パンダのおさじとフライパンダ』が発売されました。今回は気になる新作絵本のストーリー紹介や、作者である柴田ケイコさんに絵本の見どころなどを伺いました。

テーマは「料理」!最新作のストーリーを大公開

キャラクターのユニークさや、先の読めないストーリーの面白さが人気を博し、読み聞かせの定番絵本となった『パンどろぼう』シリーズ。作者である柴田ケイコさんの最新絵本『パンダのおさじとフライパンダ』(ポプラ社)が5月10日に発売されました。

最新作のテーマは「料理」。そして主人公は小さな可愛いパンダの「おさじ」です。一体どんなお話なのでしょう。気になる最新作のストーリーをいち早くご紹介します!

『パンダのおさじとフライパンダ』ストーリー

料理人のクーさんは最近、料理を作るのが楽しくありません。そんな時、あやしいパンダ道具屋さんに渡されたのが「フライパンダ」。

フライパンダの中には小さなパンダのおさじくんが入っていました。おさじくんが教えてくれた呪文を唱えて、フライパンダのふたを開けると…あら不思議!普通の料理がパンダ料理に大変身!フライパンダはどんな料理も「パンダ料理」に変えちゃう素敵なフライパンだったのです。でも、フライパンダには守らないといけない約束があって――。

柴田さんに最新作の見どころをインタビュー!

小さくて可愛いおさじくんが大活躍する今作。カラフルで可愛い料理や動物がたくさん出てくる世界観に癒されること間違いなしです!でも実は、子どもだけでなく、読み聞かせる大人も共感できる一冊になっているんです。そこで今回は、制作の背景や見どころを作者である柴田さんに伺いました。

――最新作『パンダのおさじとフライパンダ』を描いたきっかけを教えてください

以前、パンダが主人公の短編絵本を描いたことがあったんです。パンダは目の有無でキャラクターの雰囲気が変化したりと画力が問われる動物ですが、描きながら可愛い動物だなと改めて感じて。

そんな可愛いパンダが手乗りくらいのぬいぐるみサイズだったらすごく愛おしいなと思って、主人公のおさじくんを考えつきました。

普段絵本を描く時は、まず最初に盛り上がりのワンシーンを思いつくことが多いんです。今回は小さいパンダが出てくるシーンが頭に浮かんで。小さい可愛いパンダがたくさん登場して、おもしろおかしいお話にできないかとストーリーを構成していきました。

――今作や『パンどろぼう』など、食べ物や料理がテーマの絵本が多いのはなぜでしょうか?

おいしいものを食べることが大好きなんです。そして日常で料理が欠かせないので、自然と毎日行う料理や食べ物から絵本作りのヒントをもらっていますね

あまり料理は得意じゃないんですが、18歳と16歳になる食べ盛りの息子がいて、毎日5合のお米を炊いて家族の食事を作っています。本来料理は楽しいはずなんですが、忙しさに追われると、面倒くさくなったり、飽きて楽しみ方を忘れちゃうんですよね。そんな実体験が今回の絵本の元になっています。絵本のように、料理が楽しめるフライパンダがあれば私も欲しいなと思いますね(笑)!

――料理をテーマにした作品を通じて、印象的だった読者の反応はありますか?

絵本をきっかけに子どもが苦手な食べ物を克服できた」という声は非常に多いですね。 給食の前に絵本『おやさいしろくま』を読み聞かせると嫌いな野菜が食べられたり、『パンどろぼうVSにせパンどろぼう』を読んで、干しぶどうが苦手で食べられなかったぶどうパンが食べられるようになったという声が印象的でした。食に関して、絵本の力は大きいなと感じます

ふとしたきっかけや食べず嫌いになっている子も多いと思うので、絵本を読むことで食べ物に愛着を感じてもらえるのは嬉しいですね。

発売イベントで子どもたちに読み聞かせをする柴田さん(撮影:内海 裕之)

――『パンダのおさじとフライパンダ』の見どころを教えてください!

料理の仕上げに呪文を唱えるシーンは見どころの一つだと思います。

口ずさみやすい呪文にしたいなと思っていた時に、古典落語「死神」の演目に出てくるおまじないの言葉のリズムがヒントになりました。

主人公がパンダなので、パピプペポでつぶやける言葉を入れつつ、小さいお子さんでも覚えられる短い言葉で考えました。

可愛いダンスも描いたので、保育園やお家でダンスを踊ったりして、楽しく呪文をつぶやいてもらえたら嬉しいです!

読んで、そして自分で真似したりと、とにかく楽しい要素を詰め込みました。お子さんに「絵本って楽しいものなんだな!」と感じてもらえたら何よりですね。

――最後に、子どもに絵本を読み聞かせる親世代へメッセージをお願いします!

お母さんもお父さんも日々子育てでへとへとだと思うんです。忙しいと毎日の料理を楽しむのもなかなか難しいですよね。私も疲れて寝てしまって、クーさんみたいにキッチンに洗い物がそのままな状況もあります(笑)。

今回、絵本の中では料理に疲れたクーさんが、おさじくんの呪文を唱えることで、料理が楽しくなり、自信が生まれて料理を楽しみを再確認します。

クーさんみたいに「おいしくなぁれ!」と願う心の持ちようで、物事や結果が変化することもあると思うんです。

今回のお話が料理を楽しむ力になったり、絵本がガス抜きになって気持ちを切り替えて楽しい方法を思いつくきっかけになるような、そんなお手伝いができれば嬉しいです。

編集部スタッフ親子が読んでみた!

気になる最新作を、5歳と3歳の子どもがいる編集部スタッフ小菅が親子で読ませていただきました。

『パンどろぼう』はページの破れをテープで補修しながら読み続け、柴田さんの『パパンがパン!』も『ドーナツペンタくん』も愛読。我が家では、夜の寝かしつけには柴田さんの絵本が欠かせません。

柴田さんの絵本の魅力は、読み手の親も楽しめる文章のリズム感。読むと親子で自然とフレーズを覚えて、文章を声に出す気持ちよさが味わえます。今作もその読後感は健在!

子どもたちは、柴田さんが見どころとして挙げていた呪文のシーンが一番印象的だったそう。一度読んだだけで呪文の言葉を覚え、翌日も楽しそうに唱えていました。落語から着想を得た制作秘話に驚きましたが、それも納得のキャッチーさです。ちなみに子どもたちは、菜箸が口に挟まっているフライパンダのビジュアルにも興味津々でした。

またネタバレになってしまうので詳しくは書けませんが、反応が良かったのがストーリーの後半。フライパンダの力を最大限に使い、絶好調なクーさんがやらかしてしまう場面。『パンどろぼう』で描かれた見開き「まずい」ページに負けず劣らずな大迫力なワンシーンに子どもたちは「えーー!」と驚きながらも、じっくりページの細部を見入っていました。

親として新鮮だなと思ったのは、登場人物の料理に悩むクーさんの存在。毎日作るからこそ大変な料理のリアルが描かれていて、疲れて机に打っ伏す姿に自分を重ねました。よく絵本ではおいしい料理を次々に作ってくれる母親像が出てきますが、自分に近いのはクーさん。私がクーさん状態になっていたら、子どもが「フライパンダみたいになっちゃうから洗い物やるね!」と気づいて一緒に家事ができたら嬉しいなと思いました。

パンダの可愛らしさや言葉のキャッチーさで、子どもからリクエストが絶えない一冊になる予感。読んで楽しむだけでなく、料理という次の行動に親子で目が向くきっかけにもなりそうです。気になった方はぜひ手に取ってみてくださいね。

(TEXT:小菅祥江)

『パンダのおさじとフライパンダ』ポプラ社

サーモス×ポプラ社Twitterコラボキャンペーン開催!

読んで!作って!料理を楽しんでもらいたいという思いからサーモス株式会社とコラボしたプレゼントキャンペーンを実施します。

抽選で10名様に、柴田ケイコサイン入り絵本『パンダのおさじとフライパンダ』(ポプラ社刊)&缶バッチと、サーモスの「デュラブルシリーズ取っ手のとれるフライパンKVA(KVA-026 ブラック)と取っ手のとれるフライパン専用取っ手(KHA-001)」の豪華セットをプレゼント!

キャンペーン詳細>>https://www.poplar.co.jp/topics/58486.html

柴田ケイコさん

撮影:内海 裕之
高知県在住のイラストレーター、絵本作家。『パンどろぼう』(KADOKAWA)が第11回リブロ絵本大賞、第1回TSUTAYAえほん大賞、第13回MOE絵本屋さん大賞2020第2位となる。他に「しろくま」シリーズ(PHP研究所)など。

関連する記事
煮物に飽きたら揚げてみて!サクサクじゅわっと絶品「高野豆腐フライ」のレシピ 2023年10月28日 07:00
こま肉100gで4人前!コスパ最高の「豚肉の甘酸っぱ炒め」 2023年10月24日 08:00
「きのう何食べた?」にも登場。庶民の味方「のり弁」が高級化した理由 2023年10月31日 19:00
今年のトレンド!「シュプリームクロワッサン」が春巻きの皮で簡単に作れる 2023年10月28日 06:00
きのこたっぷり&辛み抜きで子どももOK!「暗殺者のパスタ」の絶品アレンジレシピ 2023年10月26日 12:00
お弁当の悩みを解消する「長いゆで卵」はこう作る! 2023年11月10日 10:00
お弁当を作るのに卵がない…そんな困りごとは「卵なし卵焼き」レシピで解決! 2023年10月30日 11:00
ヘルシーなのに濃厚!食欲の秋にオススメ「えのき明太」レシピ 2023年11月02日 11:00
冷凍野菜で簡単に具だくさん!ペペロンチーノ風アレンジの「暗殺者のパスタ」 2023年11月06日 11:00
サクッ&ほろっな食感がクセになる!米粉で作る簡単クッキーボールのレシピ 2023年11月16日 12:00
市販の◯◯で!Z世代に話題の「10円パン」が簡単に作れちゃう! 2023年11月28日 10:00
捨てないで!チラシ&新聞紙の料理活用術 2023年11月28日 12:00
じゃがいも1つで3人分できる!「カリカリじゃがいも」 2023年12月03日 16:00
バターとあんこがとろじゅわ〜!「今川焼」の新しい食べ方 2023年12月17日 07:00
フライパンひとつで作れる!べたつく心配なしの簡単「春雨メインおかず」 2023年12月17日 10:00
フライパンでOK!オーブンいらずのクリスマスディナー 2023年12月23日 09:00
見た目も味も大胆に変化した「進化系クロワッサン」に心奪われる人が続出! 2023年11月29日 04:00
一石◯鳥!?ひき肉100gで家族分できちゃう子ども大喜びなお子様ランチ風【ハンバーグ鍋】 2023年12月25日 12:00
カリカリで子ども喜ぶ!ベビースターで作る「無限キャベツ」レシピ 2023年11月21日 18:00
ブームの予感「アジアン粥」を簡単に!ご飯&サラダチキンで作る楽々レシピ 2023年12月09日 17:00
2024年は「とうもろこし」ブームが来るかも!トースターでできる簡単パイは試す価値アリ 2023年12月04日 11:00
SNSで大注目!世界一甘いあのお菓子を「米粉」で作ってみた結果… 2023年12月11日 12:00
レンジでお手軽◎卵なしでとろける「生チョコ」食感ケーキ 2023年12月18日 12:00
ライスペーパーでシャリサクッ!の新食感「鶏胸肉の唐揚げ」をクリスマスに 2023年12月21日 12:00
子どもと一緒に!加熱4分のかわいい「パンダまん」 2024年01月07日 13:00
道具なしでOK!フライパンで絶品「ホットサンド」を作る方法 2024年01月02日 07:00
薄切り肉だからお財布にやさしい!とろ〜りチーズの「うま辛フライ」 2024年01月11日 08:00
煮るだけじゃない!旨すぎる「高野豆腐」の新しい食べ方 2024年01月05日 15:00
だしが溢れる!お寿司屋さんの卵焼き 2024年01月26日 13:00
ご飯が進む!?おかずになる「主役ポテトサラダ」 2024年01月30日 09:00
中からチーズがとろ~り!X(旧Twitter)で話題の「もっちもちチーズいももち」の作り方を聞いてみた 2024年01月12日 20:00
焼肉のタレがこんなに合うなんて…!ご飯が進みすぎる「餅の豚肉巻き」 2024年01月07日 11:00
お粥なのに食べごたえたっぷり!「サムギョプサル風アジアン粥」ならヘルシーでも大満足 2024年01月08日 11:00
話題のモノクロスイーツを手軽に楽しむ!黒ごま&バナナのジュースを作ろう 2024年01月18日 12:00
甘辛い味がたまらない!余ったお餅をレンチンでできる絶品「いなりあげもち」 2024年01月22日 12:00
関西では当たり前のこと!?「明日のパン買ってきて」って言う?言わない? 2024年01月05日 17:00
子どもに合わせて料理はしない。21万人が注目、arikoさんが語る「家族が幸せになる食事」 2023年11月30日 18:00
コレ買ってよかった!料理好きが絶賛するキッチン収納アイテムとは?〜アンバサダーLily mamanさんに聞きました〜 2023年12月28日 20:00
これは新しい食べ方!簡単うまい「ツナ焼き」 2024年02月14日 10:00
少しのひき肉でも大満足!ご飯がすすむ「豆腐チキンサンド」 2024年02月23日 10:00
【X(旧Twitter)で話題】つぶしながら焼く!「ぺちゃんこガリガリクロワッサン」のおいしい作り方を聞いてみた 2024年02月16日 20:00
使いこなせない!?編集部スタッフに聞いた「鉄のフライパン」のメリット&デメリット 2024年02月09日 17:00
キッチンのプチストレスを解消!驚きの「ダイソー」キッチングッズがあった 〜アンバサダー渡部アキさんに聞きました〜 2024年01月22日 19:00
驚きの発想!卵焼きは巻かなくていいんです 2024年03月26日 17:00
作業時間は5分だけ!こねない「不思議パン」 2024年03月30日 09:00
編集部がやってみた!シチューの隠し味、結局一番ウマいのはどれ? 2024年02月07日 10:00
820万人が注目する大人気クリエイター・ケンティー健人が教える!餃子の皮で作る「エッグタルト」が絶品 2024年03月16日 20:00
【フライパンで全て完結】時間や手間を極限まで減らす!料理研究家・ゆーママさんの「テーブルパン」 2024年02月25日 12:00
トマトを手で潰してTV局からストップも!?平野レミさんに聞く、料理を楽しくする考え方 2024年04月12日 21:00
作業5分、混ぜて焼くだけ!こねない「カリふわフォカッチャ」 2024年04月06日 06:00