【3分でわかる法改正】自転車の取り締まりが厳しくなるって本当?

【3分でわかる法改正】自転車の取り締まりが厳しくなるって本当?

6月1日より改正道交法が施行され、自転車の取り締まりが厳しくなりました。今までと何が変わるの?どこに気をつけたらいいの?今回の法改正について、わかりやすく解説します!

自転車の小さな困ったを解決するコツ

最後に、車道を自転車で走る小さなコツをご紹介します。車の左折時、自転車やバイクは巻き込み事故に合いやすいと言われています。事故を防ぐためには車の運転手と目を合わせるようにすると効果的。目が合うことで、内側に自転車がいることを認識してくれ、事故の防止につながります。

また、道を間違えて車道を逆走しなくてはならなくなった場合や、車道を走るのがどうしても怖いときなどは、自転車を押して歩くとよいでしょう。自転車を押して歩くと、法律上「歩行者」として扱われるので、歩道を通ることができます。

法改正にともない、罰則だけでなく警察官による取り締まりも強化される可能性が大。今までなんとなく自転車を運転していたという人も、これからは正しいルールを理解して、一層安全な走行を心がけましょう。

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)