cookpad news
トレンドレシピ

今が旬の果物は柑橘類!いよかん、デコポン、せとか……その違いって何?

フレッシュな味わいが大人気の柑橘(かんきつ)類。温州みかんは冬が旬ですが、3月から4月にかけて旬を迎える美味しい柑橘類がたくさんあるんです。今日は注目の品種やおすすめの調理法などをリポートします!

この時期おすすめの柑橘類をプロに教えてもらいました!

今の季節に旬を迎える柑橘の中で代表的な品種を、野菜ジャーナリストの篠原久仁子さんに伺いました。
「この時期に旬を迎えるのは中晩柑(ちゅうばんかん)と呼ばれる柑橘です。中でも、デコポンやいよかん、文旦(ぶんたん)などが有名どころですね」。

篠原さんに伺った、それぞれの柑橘類の特徴をまとめると…

【デコポン】
清美(きよみ)とポンカンをかけあわせて作られた「不知火(しらぬい)」という品種のうち、糖度13度以上のものが「デコポン」として市場に出まわります。甘みは強いがさっぱりとした味わいで、みかんのように手でむける手軽さが人気。

【いよかん】
香りがよく果汁たっぷりで、爽やかな甘酸っぱさが特徴です。プリプリとした大粒の果肉で食べごたえも満点。「いい予感」のごろ合わせから、縁起物としても人気があります。

【文旦(ぶんたん)】
皮が厚くややむきにくいですが、プリッと弾むような果肉と清々しい香りは文旦ならではの魅力。厚い皮を生かした、文旦ピールや文旦マーマレードなどの料理もおすすめです。

文旦やはっさくなど、皮がむきにくい柑橘類の皮を簡単にむく裏ワザはこちら。

新品種がどんどん登場する柑橘類。注目の品種は何?

近年、品種改良が進み、続々と美味しい品種が誕生している柑橘類ですが、その中でも特に人気が高い品種は何か、篠原さんに教えてもらいました。

「最近は皮が薄くて手でむきやすい、種がなく甘い品種に人気が集中しています。そのほとんどは、みかん類とオレンジ類をかけあわせたタンゴール類。皮がむきやすいみかん類と、香り豊かなオレンジ類のいいとこどりした品種なのです。中でもとりわけ評価が高いのが【せとか】。華やかな香り、とろけるような食感の果肉と濃厚な甘みは、まるでスイーツのようです」。

思わず、ゴクリと喉が鳴る、とっても美味しそうな柑橘類ですね。多くの品種が味わえるこの時期、いろいろな味を食べ比べてみても楽しそうですね。(TEXT:金直子)

取材協力

篠原久仁子さん

野菜ジャーナリスト。大学卒業後、大手番組制作会社で、報道・ドキュメンタリー番組の企画・演出を手がける。野菜ソムリエ資格取得後の2009年、人と地域を野菜果物にまつわる情報でつなぐ日本初の「野菜ジャーナリスト」として独立。「野菜の便利帳~伝統野菜・全国名物マップ」執筆。
オフィシャルブログ:野菜ジャーナリストのベジフルライフ

シェアする