cookpad news

簡単!かわいい!カルトナージュの作り方♪

空き箱を可愛くデコれるカルトナージュはお子さんとの工作にもピッタリ♪
暮らしニスタにもカルトナージュのアイデアがたくさん!今回はおすすめレシピ3つをまとめてみました。

カルトナージュとは?

まず始めにカルトナージュって何?と思っている方も多いのではないでしょうか?
カルトナージュとは組み立てた厚紙に美しい布を貼って作る、フランス生まれの手工芸品の事です。
今回は初心者でも出来るキットなしで作る簡単なカルトナージュの作り方をお伝えしたいと思います。
一度作るとはまってしまう可愛さですよ。

カルトナージュアイデア集☆

空き缶とスティックコーヒーの空き箱、靴箱を使って、針も糸も使わないリメイク方法を紹介します

空き缶リメイクでキュートにカルトナージュ♪ by暮らしニスタ編集部

空き缶を利用すれば型紙は不要。両面テープを使うため、針や糸も使わないアイデアです!
空き缶とは思えないほど可愛らしい小物入れができちゃいますよ。
材料に用意する布の種類やテープの種類はお好みでOK。自分の感性でお気に入りを手作りしてみてください。


【材料】
空き缶 2個
布(2種) 適量
布テープ(3種) 適量
トーションレース 適量

【作り方】
①布を缶よりもふた回りくらい大きい円形に切り、切り込みを入れる
②缶のふたに両面テープを貼り、①を接着する
③ふたのカーブの部分は切り込みを寄せながら布を貼る
レースを貼って仕上げることで、布がきれいに貼れていなくてもごまかすことができるので、少々ずれても気にせずOK
④はみ出した布をハサミで切り、トーションレースを貼る
⑤缶の側面に布テープを貼ればでき上がり
 ちょっとしたアクセサリー収納にぴったりのカルトナージュアイデアです

コーヒーの空き箱で簡単リユースBOXの作り方 by沢村泉さん

普段飲んでいるスティックコーヒーの空き箱をおしゃれにリユースして、キッチンに置いてもおかしくないペットボトルキャップ入れを作りました。
散らかりがちなペットボトルキャップも、かわいい入れ物で定位置を作っちゃいましょう。

カルトナージュを施し、マグネットを取り付ければ、冷蔵庫にも貼れちゃいます。
お気に入りの柄の布や、おしゃれなポストカードやワッペンなど、好きな物を貼って仕上げられるので、オリジナリティが出せますね。
マグネットも布と合うものを選ぶとデザインのワンポイントになります。

【材料】
コーヒーの空き箱
白い画用紙
はさみ
ボンドまたは両面テープ
リボンやレースなどデコレーションする素材
冷蔵庫に貼る場合はマグネット

【作り方】
①派手な空き箱の場合は、空き箱に画用紙などの白い紙を貼る
ただし、後ろ面になるところは3センチほどめくれるようにしておく
②空き箱にボンド、または両面テープで布を貼る
③リボンやレースなど、好みのものをデコレーションする
④冷蔵庫に貼る場合はダイソーのクリップ式の強力マグネットをはさむ

ギフトボックスにもなるお洒落カルトナージュ byハニクロさん

何の変哲もない普通の靴箱が、おしゃれなギフトボックスに大変身しました。
シックな柄の布や落ち着いた雰囲気のアイテムを使って装飾することで、箱自体もプレゼントの一部として飾れるほどの素敵なリメイクになっています。
箱を開けた時に見える内側もきちんと処理することによって、どんな使い方も可能になります。これぞカルトナージュの真骨頂という変身ぶりです。

【材料】
空き箱1つ
木工用ボンド適量
生地、はぎれ適量
サテンリボン20cmほど
裏に貼る画用紙等適量

【作り方】
①ふたの部分の4辺のうちの3辺をカットする
残り1辺は本体と接着させる部分になるのでとっておく
②ふたと同じ大きさにカットしたキルト芯を表面にボンドで貼る
③ふたの大きさより一回り大きくカットした布を、その上から貼り付ける
④さらに、レース地を重ねて貼る
⑤本体の外側4面に接着剤を塗り、布を貼る
この時、上下に折り返しの分の糊代をとっておく
⑥ふたの残していた1辺の裏側にボンドを塗り本体と接着させる
ふたと本体の一辺の中心部をリボンで繋ぐ
⑦本体内側と底、蓋の裏にそれぞれ厚紙や画用紙を貼り、布の端を隠す
ボンドは生地の方ではなく、箱の方に塗って貼った方がきれいにできるのでおすすめです
詳細はこちら!

いかがでしたか?使うリボンやはぎれによって、世界で一つだけの小物入れを作ることができるカルトナージュ。
空き箱を捨てる前に一度カルトナージュに挑戦してみてください♪
暮らしニスタでは他にもカルトナージュのアイデアがいっぱい!
カルトナージュのアイデアまとめ

引用元: 暮らしニスタ簡単かわいいカルトナージュの作り方

暮らしニスタの方々がアイデア持ち寄り、お互いに情報をシェアするのがこのサイト。決して手抜きではない“時短家事”の方法や、気分が上がるインテリアのコツ…など、生活の中で生まれた「知りたい!」の答えがあります。

こちらの記事も人気です

編集部おすすめ