cookpad news
コラム

【パスタが中華麺に変身!?】加えるだけで食感が変化する「重曹」の不思議な力をひもとく!

料理の裏ワザには、きちんとした理由があった!その理由を、料理研究家・関岡弘美さんがクックパッド食みらい研究所 特任研究員・石川伸一先生に徹底取材。裏ワザの科学的根拠を解説します。

料理研究家の関岡弘美です。料理の「裏ワザ」と呼ばれる意外なテクニックが成立する理由を解明するこのコーナー、第3回目のテーマは「重曹を使って、食材の食感を変化させる裏ワザ」。今回も、みなさんに代わって裏ワザの裏側にある、科学的な理由を解き明かしていきたいと思います。

重曹を入れると、いつもの食材の食感が変わる!?

焼き菓子を膨らませたり、食材のあく抜きをしたりと、料理やお菓子作りにたびたび登場する重曹ですが、クックパッドで話題になっているのは、まったく違う使い方。もっとも話題のレシピの1つは、スパゲティのゆで汁に重曹を入れるとまるで中華麺になるというものです。

いったい、どんな変化が起こるのか、実際に試してみました。

まずは、スパゲティから実験開始!


ゆで汁に、塩と一緒に重曹を入れ、表示のゆで時間より2分ほど長くゆでます。重曹の量の目安は、1Lのゆで汁に対して大さじ1くらい。


重曹を入れるとぶくぶくとかなり泡立つので、少し大きめの鍋でゆでます。

(左)塩だけでゆでたパスタ、(右)塩以外に重曹も加えてゆでたパスタ

ゆであがったスパゲティを、普通に塩だけでゆでたものと比べてみました。
同じスパゲティなのに、重曹を入れたほうが色が濃くなっています。麺の表面の見た目はそれほど変わりませんが、食べてみると弾力が強く、また何よりも香りがスパゲティではなく、中華麺独特の香りになっていました。

次に、高野豆腐も試してみました

次に、高野豆腐のに煮汁に入れるとつるつるの食感になるという裏技についても検証してみましょう。


戻した高野豆腐を、一方はそのまま、もう一方はひとつまみの重曹を加えて煮ます。

(左)普通に煮た高野豆腐、(右)重曹を加えて煮た高野豆腐

煮あがった高野豆腐を再び比べてみると、普通に煮たもの(左)に比べて、重曹を入れた高野豆腐(右)は見ためにもきめ細かく、つるつるしているように見えます。実際に食べてみると、ともするとスポンジのようにパサパサしがちな高野豆腐が、なめからで、つるっとすべるような食感に変わっていました。

重曹の成分がゆで汁を「アルカリ性」に変えた!

重曹が食品に与えた変化についての科学的な理由を、宮城大学の石川先生にうかがいました。

—重曹を加えるだけで、どうしてスパゲティが中華麺のようになるのでしょうか?

「中華麺を作るのに欠かせないのが、「かん水」と呼ばれるアルカリ塩水溶液です。これによって、麺にコシや中華麺独特の香りが出て、色も黄色っぽく変化します。実は、重曹をお湯に溶かすと、この「かん水」と同じ成分ができます。そこで、スパゲッティの茹で汁に重曹を加えると、スパゲティに含まれるデンプンやタンパク質のグルテンに変化が生じ、まるで中華麺のようになるのだと考えられます」

ーそれでは、高野豆腐はどうしてつるつるの食感になるのでしょうか?

「これも、重曹を加えた水が“アルカリ性”であることが関係しています。高野豆腐の原料である大豆には、タンパク質が豊富に含まれていますが、最も多いタンパク質に「グリシニン」というものがあります。このグリシニンは、普通の水よりも食塩水や薄いアルカリ性の水に溶けやすい性質を持っているので、重曹を溶かしたアルカリ性の煮汁で高野豆腐を煮ると、タンパク質の一部が溶けて組織が柔らかくなるんです。また重曹には、繊維そのものを柔らかくし、膨張させる働きもあるので、高野豆腐の食感が、よりつるつる、もちもちになるのだと思われます。」

ー高野豆腐に入れる重曹ですが、たくさん入れるともっと柔らかくなるかと思い、多めに入れてみたところ、高野豆腐がどろどろに溶けてしまいました。入れる量はどれくらいがいいのでしょうか?

「高野豆腐のタンパク質を溶かすことで、柔らかな食感を出しているので、入れすぎると高野豆腐自体が溶けだしてしまいます。重曹濃度は、煮汁の0.2~0.3%以下にとどめておくことが必要です。たとえば、100gの高野豆腐を1Lの煮汁で煮るとしたら、2~3gまでを目安に入れるといいですね」

重曹のはたらきを理解して、かしこく料理にいかそう

いつもの使い方だけでなく、上手な活用法を知れば、キッチンでの重曹の活躍の幅はもっと広がること間違いなし。裏ワザに隠された変化の仕組みを理解して、いろんな料理に役立ててみましょう。

取材協力

石川 伸一(いしかわ しんいち)
福島県生まれ、博士(農学)。宮城大学食産業学部准教授、クックパッド食みらい研究所 特任研究員。専門は分子食品学、分子調理学、分子栄養学。主な研究テーマは、鶏卵の機能性に関する研究。『料理と科学のおいしい出会い 分子調理が食の常識を変える』(化学同人)、『必ず来る! 大震災を生き抜くための食事学』(主婦の友社)ほか著書多数。

執筆:料理研究家 関岡弘美

出版社にて食育雑誌の編集に携わった後、渡仏。 料理、製菓等を学び、レストラン、パティスリーで研修後、帰国。 雑誌、広告等を中心に活動するほか、都内でおもてなし料理とワインの教室を主宰。ブログはこちら

関連する記事
「細かい汚れがごっそり」「知らなかった」ブロッコリーの洗い方の正解 2023年12月20日 18:00
SNSで9万回検索された!卵不使用なのに驚くほど濃厚な「罪悪感ゼロ・カルボナーラ」 2023年11月28日 18:00
洗い物が少なくて◎今年話題の「暗殺者のパスタ」が一人ランチにぴったり! 2023年11月30日 11:00
◯◯するだけで驚きジューシー!ウインナーのおいしい茹で方 2023年12月04日 18:00
かわいいのに実用的!お弁当パスタの救世主「ソーセージ星人」って? 2023年12月04日 06:00
アレするだけで生麺風に!モチモチ絶品パスタ 2023年12月07日 16:00
秘訣は◯◯を入れること!老舗の「鉄板ナポリタン」 2023年12月08日 21:00
濃厚味に満腹です!「ツナ缶パスタ」3選 2023年12月18日 11:00
納豆に味付けるだけ!体温まる「地獄ラーメン」 2023年12月21日 11:00
ゆで時間が半分に!ツルツル絶品「そばのゆで方」裏ワザ 2023年12月29日 17:00
刺激的なネーミングも話題!「暗殺者のパスタ」が衝撃のウマさでブームに 2023年11月29日 04:00
セロハンテープや100均グッズが大活躍!掃除のプロが教える「年末年始のゴミ問題」を解決する裏ワザ 2023年12月05日 19:00
ニトリで爆売れ「毎日とりかえキッチンスポンジ」使ってみた!100均と比べてみると…? 2023年12月09日 18:00
大量消費にもおすすめ!シャキシャキおいしい「白菜サラダ」作りおき4選 2023年12月16日 19:00
料理にも使える!「ダブルクリップ」活用術 2024年01月09日 13:00
まるで生パスタ!?中途半端に余りがちなアレで絶品イタリアン 2024年01月05日 10:00
ゆで汁までおいしくなる!?ブロッコリーの最高のゆで方 2024年01月22日 14:00
煮るだけじゃない!旨すぎる「高野豆腐」の新しい食べ方 2024年01月05日 15:00
ポカポカ温まる!包まない「餃子鍋」 2024年01月13日 13:00
ヘルシー&お出汁がしみしみ!高野豆腐とひき肉のメインおかずレシピ 2024年01月14日 10:00
白だし&ごま油がおいしい!和風明太子パスタ 2024年01月17日 08:00
トマト缶余ってない?パパッと作れる簡単メイン 2024年01月20日 09:00
忙しい日に!簡単&スピーディーな「卵」のランチメニュー 2024年02月02日 11:00
え、これ便利すぎ…クックパッドで話題の「バターの切り方」がスゴかった! 2024年01月22日 20:00
カリッとジューシーで子どももパクパク! 「高野豆腐の唐揚げ」 2024年01月15日 21:00
【殿堂入り】クックパッドで人気!コスパ最高でコクうまな「大根と豚ひき肉のトロトロ煮」 2024年01月29日 12:00
朝食に◯◯を食べている人は老けるのが早い⁉︎若さを取り戻す「老けない主食」ランキング 2023年12月14日 20:00
「欧米では食器洗いの時に泡をすすがない説」は本当か、世界の友だちに聞いてみた 2023年12月30日 19:00
ダイエットに間食はNG……ではない!太りにくい体を作る「戦略的な間食」を医師が伝授 2024年01月10日 19:00
【殿堂入り目前】味つけ不要!ツナの和風パスタ 2024年02月26日 10:00
知らなかった!火を使わず「マカロニ」をゆでる方法 2024年03月03日 18:00
アレで大根が柔らかに!1月に最も読まれた「裏ワザ」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年02月15日 22:00
800人以上が絶賛!「鶏むね肉」が信じられないくらい柔らか&ジューシーになる方法 2024年02月08日 16:00
【極シリーズ】パスタを茹でないことで、驚くほどモチモチに仕上がる「極ナポリタン」 2024年03月28日 19:00
ギトギト油をすっきり解決!掃除研究家が伝授する「ツナ缶の処理方法」 2024年03月12日 19:00
ピッカピカの新品状態に!?赤サビだらけの「電気ケトル」を一発解決した掃除術 2024年03月08日 17:00
フライパンは捨てる前に◯◯掃除に使用!?毎日使うキッチングッズを「捨てるタイミング」は… 2024年03月15日 17:00
あの油汚れがゴッソリと落とせる!お掃除好きスタッフ激推し「重曹」のとっておき活用術 2024年03月22日 16:00
◯◯をしっかり食べる子はテストの結果が良い!子どもの成績をアップさせる食事法とは? 2024年02月28日 21:00
子どもの能力は15歳までの食べ物で決まる⁉️“脳”の能力アップに必要な5つの栄養素とは 2024年02月29日 20:00
煮物だけじゃなかった!高野豆腐が◯◯に劇的変身 2024年03月10日 13:00
するっと取れる!「たらこ・明太子の薄皮」の取り方 2024年04月06日 17:00
これ早く知りたかった…!時短にもなる「ピーマンの切り方」 2024年04月07日 18:00
放っておくのが正解!「一晩寝かせたパスタ」が驚きのもちもち食感になった 2024年04月19日 18:00
余ってない?「マロニーちゃん」の意外な使い方 2024年04月25日 17:00
朝は解凍して詰めるだけでオッケー!冷凍できる「お弁当作りおき」 2024年04月20日 19:00
材料3つでしっかり味!「春雨炒め」は食べごたえアリ! 2024年04月16日 16:00
今が旬!甘くてやわらかい「春キャベツ」のパスタ 2024年05月10日 06:00
毎日食べているアレが老化の原因に⁉️アンチエイジングに欠かせない“副腎”を元気にする食事法とは 2024年04月05日 21:00
5分スコーンが話題!4月に最も読まれた「朝ごはん」の記事は?【月間ランキングTOP5】 2024年05月14日 22:00