cookpad news

【クックパッド特売情報】ごぼうのキホン

ごぼうの旬は11月〜12月。ごぼうは「根」の部分で、下の先端に向かっていくにつれて風味も柔らかさも変わってきます。上の部分は香りも強く堅いので煮物向き、下の部分は柔らかいので汁物やサラダなどに使えます。ごぼうは切ってからすぐに水にさらしてアクを抜くのが一般的ですが、変色や強い風味(苦味)を抑えるためにアク抜きをするので、つけすぎると旨味もぬけてしまいます。つけるのは、おおよそ5〜10分ぐらいにしましょう。今日は下処理の基本と部位ごとのおすすめレシピをお教えします!

スーパーで買う時のポイント

切り口にす(穴)や黒ずみが入っておらず、皮にハリがあるものを選びます。 洗いごぼうは使いやすいですが、保存性が高いのは泥つきのごぼうです。

泥をよく落として洗います

たわしやふきんなどで、泥をよく落とします。皮をこすり過ぎると風味が落ちるので、ゴシゴシと洗い過ぎて皮がめくれないようにしましょう。

切り方(1)乱切り

乱切りは、太さのある上の辺りを使います。 包丁を斜めに入れ、ごぼうを90度回転させて同じように包丁を入れていきます。包丁の角度を変えないようにすると綺麗に切れます。 堅い部分でも断面が多いので味がつけやすい切り方です。

乱切りのごぼうを使ったレシピ

切り方(2)ささがき

ささがきは、真ん中から下の先端辺りを使います。 まず縦に浅く数本切り目を入れます。

回しながら鉛筆を削るように薄く表面を削っていきます。

アク抜きをする場合は水に晒しすぎると風味や栄養分が抜けるので、1分程度の浸水で充分です。

ささがきのごぼうを使ったレシピ

切り方(3)千切り

千切りは、真ん中から下の先端辺りを使います。 斜め切りにしたごぼうを並べます。

並行に包丁を入れて押し切っていきます。慌てずゆっくりと。

細く切ると火も通りやすく使いやすいです。

千切りのごぼうを使ったレシピ

ごぼうは繊維の固まりなのでとっても堅いうえにまな板の上で転がりやすく、切りにくい野菜です。くれぐれも手を切らないように気をつけてくださいね!

お買い物に行くなら『ごぼう』の特売情報を早速チェック!

監修: クックパッド特売情報

いつもの買い物を便利に、楽しく。チラシ情報やチラシに載らない特売品も無料で見ることが出来ます。

シェアする