cookpad news
節約レシピ

秋の味覚たっぷり!節約「お弁当おかず」7選

節約アドバイザー・ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんの「WEB上お金の賢い貯め方・使い方レッスン」で、貯め上手・遣い上手になりましょう。

新学期がスタートし、再びお弁当生活が始ったというお母さんも多いかと思います。毎日のことですので、できるだけ安く済ませたいものです。

とはいえ、手間がかかりすぎては疲れてしまいますね。そこで今回は安く手に入る秋が旬の食材や定番の節約食材を使って、簡単に作れるお弁当のおかずをご紹介します。

旬の食材を取り入れる

コストを下げながらも見栄えをよくするコツは、旬の食材を活用することです。これからの時期は秋の旬食材が出回りますので、上手に取り入れましょう。

秋鮭

生の秋鮭は下処理がほとんど必要がないので、上手に取り入れたい食材です。濃いめに味付けすれば、お弁当のおかずにぴったりです。

秋が旬の野菜は、かぼちゃ、さつまいも、しいたけ、チンゲン菜、秋なすなど豊富にありますので、広告の品で特売になっているものを上手に使うようにしましょう。

秋なす

この時期美味しいなすをお弁当のおかずにするにはやや濃いめの味付けがおすすめです。

かぼちゃ

かぼちゃはお弁当の彩りとしても便利ですので、甘くなりすぎないよう、おかずらしい味付けを意識すると良いでしょう。

青梗菜(チンゲンサイ)

青梗菜はお弁当の青みを出してくれるのと、セールにもなりやすいので、レパートリーをいくつか持っておくといいですね。

定番の安い食材で作る

旬の食材以外にも、タマゴやもやし、豆腐など節約優等生食材は存在しますので、これらも上手に取り入れましょう。

タマゴ

お弁当には定番の卵焼きですが、定番ばかりではつまらない…そんな時はちょっと変わったボリュームの出る卵焼きを作ってみてはいかがでしょうか?

しめじ

通年価格が安定しているきのこ類はお弁当のすき間を埋めるのにもぴったりなので、ストックしておきましょう。

手作りおかずはボリュームも味付けも自由自在ですから、愛情と一緒に一品でも多く詰めたいものですね。秋の味覚&旬のおいしさ満載のお弁当で、家族を喜ばせましょう。

丸山晴美さん

旅行会社、コンビニ店長などを経て2001年節約アドバイザーとして独立。節約アドバイザー、ファイナンシャルプランナー、消費生活アドバイザー。食費はもちろん生活全般の節約術・ライフプランを見据えたお金の管理運用のアドバイスなど様々なメディアで活動中。 公式ホームページ「らくらく節約生活」はこちら>>

シェアする