【身崩れ、匂いの悩みを解消!】旬のたら、徹底活用術

Fb111f3e4b664fb1accb01cf447058b8

V6のいのっちこと井ノ原快彦さん、有働アナウンサーらが、社会問題から生活実用情報まで、毎日ピックアップする「あさイチ」(NHK)。主婦の皆さんが一番気になるあさイチのテーマをクックパッドがレポートします。

冬の鍋に欠かせない食材といえば、旬のたら。今回は、そんな"たら"の大特集です。鍋に入れてよし、焼いてよし、揚げても美味しい"たら"の魅力を丸ごとお届けします。

旬の「たら」をもっと美味しく食べる特集

12月13日放映の「あさイチ」(NHK)をご覧になりましたか?今回の特集は、生活に役立つ「スゴ技と知恵」をクイズ形式で紹介するコーナー「スゴ技Q」でした。取り上げられたテーマは、鍋に欠かせない旬の「たら」。匂いが独特、煮崩れする等たらの悩みに答えつつ、美味しさを引き立てる絶品レシピをご紹介します。

たらの臭みを抜く方法は?

まずはたらの臭みを取る技からいきますよ~。それはなんと砂糖をかけて20分おいて水を出し、玉酒(水5:酒1の割合で混ぜたもの)で洗うこと。砂糖の分量はたらの重さの1%ぐらい。甘塩のたらの場合は、塩を入れた水に入れ、20分ぐらいつけておけば、臭みが抜けますよ~。

身崩れしないテクニックとは?

次は身崩れの悩み。身崩れを防ぐコツその1.は「片栗粉を薄くまぶす」こと、その2.は「穴あきのお玉にたらを置き、90℃のお湯で5秒ぐらい湯引きし、氷水に入れて身を締める」こと。

実はこの温度が大切。これより低い温度だとたらに含まれるコラーゲンが出てしまってパサパサになってしまい、これ以上高いと身が固くなってしまうのだとか。湯引きしたたらを使えば、鍋に入れても煮崩れすることなく、プリプリの美味しいたらが食べられるというから嬉しいですね。

たらの消費量世界一のポルトガルからレシピをお届け♪

たらといえば鍋のイメージが強く、レパートリーが少ないという意見も。番組ではたらの新たな料理バリエーションとして、たらの消費量が世界一と言われるポルトガルで、365日使われているバカリャウこと、塩漬けした干しだらを使ったレシピを紹介していましたよ。

せっかくなので、今回は日本では手に入りにくいこのバカリャウ代わりになる「たらフレーク」の作り方をリポートします。

作り方はとても簡単。砂糖をかけて臭みを抜いたたらに酒をふり、ラップをかけてチンするだけ。目安はたら300gにつき、電子レンジで6分。蒸し汁に浸したまましばらくおき、食べやすい大きさにほぐせば「たらフレーク」の出来上がり。このフレークが便利なんです。コロッケやグラタンに入れたり、かき揚げにしても美味。クックパッドにもたらを使ったレシピがズラリ!いくつかピックアップしてみました。

ホクホクして最高♪

ポルトガル★鱈とポテトのクリームグラタン by Quegiro
「鱈とポテトのクリームグラタン」といえばポルトガル家庭料理の定番中の定番です♪

サッパリして食べやすい☆

ポルトガル風、タラのコロッケ♬ by siwatch
ポルトガルで出会った懐かしいような、新しいような、ほっとする味わい!

これぞポルトガルのソウルフード☆

【ポルトガル料理】鱈とポテトの卵とじ by バカリャウ
'13.5.2話題入り♡ 日本人の口に良く合う、鱈を使った代表的なポルトガル料理です。美味しくて、しかも失敗知らず♪

いかがでしたか?鍋のたらもいいけれど、ポルトガル風のレシピも美味しそう。ぜひいろいろなアレンジで、旬のたらを思う存分味わってみてください。 (TEXT:森智子)

クックパッド編集部

「最新トピックス」 アクセスランキング (毎日6:00更新)