【岡山ケンミン熱愛!】漆黒ライス「えびめし」は後引くうまさ♪~秘密のケンミンSHOWから~

D2b62422edd803c4cbd32e417ae4892f

4月5日(木)放映の「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)は、「春の秘密が乱れ咲き!新生活応援 大カミングアウトSP!!」でした。今回フィーチャーされたのは、岡山県の秘密のグルメ。さっそくリポートを開始しましょう。

岡山ケンミン熱愛グルメ「えびめし」とは?

番組初登場の岡山県出身の芸人・ブルゾンちえみさんも「子どもの頃から食べに行っていた」という、岡山ケンミンが熱愛するグルメとは、黒色のライスが特徴的な「えびめし」です。

漆黒ライスの上に、数匹のえびと、真ん中には錦糸玉子が鎮座。そんな超個性的なルックスの「えびめし」は、岡山ケンミンいわく、説明しずらい複雑な味。一度食べたらやみつきになる美味しさなのだとか。

実は「えびめし」は東京が発祥!?

岡山県内だけでも50軒以上で提供されている「えびめし」。まさに岡山ケンミンのソウルフードと呼ぶにふさわしいグルメながら、もともとは東京・渋谷にあるカレー店「いんでいら」で作られていたものを、岡山出身のオーナーが地元に戻り提供したのが始まりだというからビックリ!

「えびめし」ひと筋50年の「えびめしやさん(岡山県北区)」の作り方によれば…

マーガリンを引いたフライパンにタマネギを投入!「えびめし」の主役であるえびを加えて炒めたら、ご飯をイン。そこに秘伝の“えびめしソース”を入れて全体に絡め、仕上げに錦糸玉子をのせれば完成です。

この“えびめしソース”は、専門のスタッフしか作り方を知らないという門外不出の秘伝のソース。独特のコクと香ばしさをうむ甘みのないカラメル、甘酸っぱいケチャップ、数種類の香辛料をブレンドすることで、スパイシーでコクのある味に仕上がるのだとか。

「オムライスのえびめし」など、アレンジバージョンも存在。スーパーには「えびめしのもと」も売っていて、家でも手軽に「えびめし」が作れると人気になっているのだとか。

試食したみのもんたさんも、「メチャうまい、後をひく」と、その独特の美味しさに感動していましたよ。

一度食べたらハマる味♪

えびめし by ずっとぼうず
岡山のB級グルメ、えびめしを再現してみました!

ふわふわ卵をのせてオムライス風に!

えびめし 作り方 by あやパか
自宅でえびめし。レシピ?ウスターソースの会社がわかれば・・ほぼ完璧?かなちなみにこれは、カゴメソースです。

口ではなんとも説明しがたい複雑な味わいながら、一度食べたらクセになる、後引く美味しさだという「えびめし」。どんな味か気になりますよね!ぜひレシピを参考に試してみてください。味にハマり、ファンになってしまうかも!?(TEXT:森智子)


見逃した方はこちらから!>

読んで楽しいテレビの話「読みテレ」でも、えびめしにまつわる記事を読むことができます。放送後1週間は番組の見逃し配信も見ることができますよ♪チェックしてみてくださいね。

クックパッド編集部

「最新トピックス」 アクセスランキング (毎日6:00更新)