定番食材の◯◯と合わせて絶品!ふわふわ「豆腐」のお弁当おかず【工藤詩織の「お豆腐」進化論 Vol.16】

定番食材の◯◯と合わせて絶品!ふわふわ「豆腐」のお弁当おかず【工藤詩織の「お豆腐」進化論 Vol.16】

ヘルシー、節約……でも、それだけじゃない! 身近な食材「お豆腐」の魅力はまだまだあるんです。この連載では、豆腐マイスター・工藤詩織さんに、お豆腐をもっとおいしく楽しむための知られざるノウハウを伝授してもらいます。「そうだったんだ!」と思わず納得の意外な活用法を知れば、きっと試してみたくなるはず♪ あなたの食卓のお豆腐が“進化”すること間違いなしですよ!

お豆腐をお弁当に取り入れるのは難しい?

幼少期からお豆腐が日々の食卓に欠かせなかった筆者ですが、お弁当にお豆腐のおかずが登場する頻度は少なかった記憶があります(そのかわりに、高校生の頃は休み時間になるとスーパーへお豆腐を一丁買いに走ったこともあります(笑))。

どうやら母にとってお豆腐は、“お弁当向きではない”印象が強かったようです。
その理由は、

(1)“水切りマスト”なレシピはサッと作れない
(2)ボリュームが出ない
(3)彩りが出ない

といったところだと思います。
厚揚げや油揚げは水切り不要で活用しやすいですが、焼きたては美味しくてもお弁当を食べる頃には固くパサパサになってしまう…なんてこともありますよね。「冷めても美味しい」が求められるお弁当のおかずを考えるってやはり大変なことだと思います。

今回は、日々お弁当づくりに励んでいる読者の方々へ向けて、お豆腐のお弁当おかずのバリエーションが広がるアイデアをクックパッドレシピの中からご紹介したいと思います。

組み合わせるのは、おでんの定番食材の◯◯

ご紹介するのは、この時期だからこそ手に取る機会が増える “あるもの”を組み合わせたレシピです。それは、冬の風物詩・おでんの定番のひとつ、「はんぺん」

99ebfa4b53c0fe4150f1aa2b2e80bce2

お豆腐単体だと水切りが必要になるレシピも多いですが、はんぺんが豆腐の水分を吸収してくれるので水切りいらず。魚のすり身や、やまいも、卵白が含まれているはんぺんは、成形の難しいお豆腐料理の“つなぎ”役となりボリュームを出してくれます。

さらに、はんぺんは調味されているのでお豆腐に程よく下味がつきます。お豆腐もはんぺんも、非加熱でも食べられる加工食材なので、加熱の加減に神経質になる必要はありません。何より、お財布に優しい材料だけで一品作れるのは嬉しいですよね。

お豆腐×はんぺんのお弁当レシピ

クックパッドを見てみると、お豆腐×はんぺんレシピのアイデアが盛り沢山。どのレシピも、お豆腐とはんぺんをボールや袋の中で潰して混ぜたものをベースに簡単なアレンジが加えられています。

お弁当のメインになりそうな「ふわふわ焼き」

中でもお弁当にぴったりだったのは、お豆腐×はんぺんの「ふわふわ焼き」と称されたおやきたち。これならメインおかずになりそうですね。

カニカマ・枝豆・ミックスベジタブルなど、+αで彩りを加えれば、見た目も華やかに。他にも、青シソやひじきを混ぜ込んだり、カレー粉を加えてスパイシーに仕上げたりなど、工夫できそうですね。

カニカマとねぎ入りのふわふわ焼き

はんぺんとお豆腐のふわふわ焼き by shokenママ
はんぺんとお豆腐でふわふわなおつまみがすぐ出来ちゃいます。お弁当にも良いですよ。カニかまとネギ入りで彩りも◎です。

枝豆入りのふわふわ焼き

お豆腐とはんぺんのふわふわ焼き by yamyame
はんぺん入りで冷めてもふんわり。お弁当のおかずにもお勧めです☆

電子レンジだけで作れるレシピも

レンジだけで作れるレシピもありました。朝食作りと並行してお弁当を作るとなると、レンジ調理のおかずはありがたいですね。

コーンをまぶしてチンするだけ

はんぺんと豆腐のコーン蒸し by 新地亜紀
はんぺんと豆腐を混ぜて、コーンをまぶしてレンジでチン。簡単なのに可愛い。2011年11月7日話題入りありがとう♪

お弁当作りで豆腐が余ったら

お弁当のおかずと同じ材料で食卓に挙げられる料理も一品できれば一石二鳥。ということで、あまったはんぺんとお豆腐をグラタンに変身させるアイディアをご紹介。

ふわっとろの食感がやみつきに

トロける☆豆腐とはんぺんだけのグラタン by らいと0219
ふわっふわでシュワッとトロける美味しさなのに、こんなに簡単にすぐできる♪チーズとの相性抜群(*´ω`*)ランチにでも♪

お豆腐半丁(約200g)とはんぺん1枚(約90g)を使用して、実際にそれぞれのおかずを作ってみたところ、

ふわふわ焼き5つ(カニカマとねぎ入りのふわふわ焼きのレシピをベースに、材料をグリンピースにしたものが2つ、ひじきと青じそにしたものが3つ)
コーン蒸し2つ
直径8cmの小ココットでグラタン1つ

すべて合わせてわずか20分程度で完成! あまりにも簡単で驚いてしまいました。

いかがでしたか? 読者のみなさまのお弁当にお豆腐を積極的に取りいれていただけたら嬉しいです。


工藤詩織(往来/豆腐マイスター)

9a039292c9fcb94e1fa3100acfa8a099 幼少から豆中心の食生活を送り、豆腐がいつも暮らしの中心にある無類の豆腐好き。日本語教師を目指して勉強する過程で、食文化も一緒に伝えたいと「豆腐マイスター」を取得。国内にとどまらず海外でも、手作り豆腐ワークショップや食育イベントを実施して経験を積む。2018年より「往来(おうらい)」をテーマに本格的に活動を開始。豆腐関連のイベント企画・メディア出演などを通して、各地で豆腐文化の啓蒙活動を行っている。「マツコの知らない世界」(TBS系)、「ヒルナンデス」(日本テレビ系)、「ごごナマ」(NHK)等へ出演。
【
Facebook】まめちゃんのダイズバーシティ計画!
【Instagram】@tofu_ a _day

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)