食中毒対策の意外な盲点が発覚!?「包丁」ちゃんと洗ってますか?

食中毒対策の意外な盲点が発覚!?「包丁」ちゃんと洗ってますか?

爽やかな風が心地よい今の時期。一年でいちばん過ごしやすいときとも言われていますが、気温が高くなってくると気になるのが「食中毒」。最近は新型コロナウイルスの影響もあり、食中毒や食の安全に対する意識も高まってきています。しかし、今回クックパッドが実施したアンケート結果やTwitterのデータを見ると、完璧だと思っていた対策にも“意外な盲点”があることが判明。

本格的な梅雨シーズンを迎える前に今一度、食中毒の予防法について考えてみましょう。

食中毒対策は完璧!のはずが…

食中毒の予防と聞いて、皆さんがいちばんに思い浮かべることはなんですか?「料理前にしっかり手を洗う」「作りおきの際は保存方法に注意する」「賞味期限を確認する」など、普段から意識してやっていることがあると思います。料理頻度が比較的高いクックパッドユーザーさんに聞いた、下記アンケート結果を見てみても、皆さんが食中毒予防のためにしっかり対策をしていることがわかります。

Ebd9b53644fe704bc761c73a4c34859f 【図1】「料理する前に手を洗う」が70%を超え、「消費期限を確認する」がその次に高い結果に。「買い物後の食材はなるべく早く冷蔵庫に入れる」「保存方法を確認する」「残った料理は、早めに冷蔵庫に入れるか捨てる」「まな板やスポンジ、シンクなどを除菌している」の3項目はやや低めでした

肉は加熱したけど、包丁は?

しかし、ここで私たちが見落としがちな感染対策の盲点が! それは「調理器具」です。

先ほどのアンケートとは別に、国内で発生している食中毒において、最も原因になりやすい食材の一つになっているお肉調理の話題に限定し、Twitterで発信されている声を調べてみました。生肉はしっかり加熱して、生焼けの状態で食べないようにしようと予防意識を持っている人が一定数いる一方、「肉に触れた調理器具を洗うこと」への関心は低めです。

Da81f82a32622ed2a1371c32ab47dcb5 【図2】「お肉は加熱しよう」「手を洗おう」に関するツイート数に対し、「肉を切った後のまな板や包丁を洗おう」に関するツイートは、全期間において低い結果になりました

料理動画を参考にする際の注意点

最近では、YouTubeなどの料理動画を見て料理の勉強をしたり、献立の参考にする人もいると思います。そこでは、お肉を切った後にそのまま野菜を切るようなシーンも登場しますが、動画コンテンツは編集の都合で調理工程をすべて説明していない場合もあるため、「肉を扱う前後で包丁やまな板を洗わなくてもいい」ということではないので注意が必要です。

使うたびに洗浄・消毒をするようにしましょう

手を洗った、加熱も十分にした、でも調理器具は汚染されたまま…それでは意味がありません。肉などを切った後の調理器具にはさまざまな菌が付着しているため、洗い流すことがとても大事です。洗浄消毒不十分な包丁・まな板で生野菜やハムなど、そのまま口にするような食品を切ると食中毒の危険が高まります。菌を料理に「つけない」ためにも、生肉に触れた包丁、まな板、スポンジ、バッドなどの調理器具もしっかり洗いましょう

調理器具の洗い方をおさらい

調理器具のうち、包丁やまな板などの日常的によく使うもののお手入れ方法を最後に紹介します。

包丁

持ち手が木製の包丁は、刃の素材と柄の接続部分に水が溜まりやすく菌が繁殖しやすいため、ていねいに洗浄します。

まな板

最初はたわしや目の粗いスポンジで表面の汚れを水で落とします。熱湯消毒の場合は、中性洗剤でこすり洗いしてから熱湯をかけて消毒。消毒液を使う場合は、所定の濃度に希釈した塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム希釈液)に10分~5分浸けた後、流水や熱湯ですすぎ、乾燥させます。

スポンジ

器具や食器を洗った後に放置しておくと菌が繁殖してしまうため、使用後は流水で揉み洗いし、スポンジ内の洗剤を洗い流します。そして、しっかり水を切り、風当たりのよいところにつるして乾かします。

ふきん

台所用の中性洗剤でよく洗い、次亜塩素酸ナトリウム希釈液に浸けるか、煮沸消毒した後によく乾燥させます。

いずれも基本的なことですが、特にこれからのシーズンは気をつけたいポイントです。みなさんも調理器具の扱いに気をつけながら、料理を楽しみましょう!

(TEXT:河野友美子)

<調査概要>
【図1】
調査テーマ:「普段のお料理においての危ない体験に関するアンケート」
調査方法:クックパッド内(スマートフォンweb)でアンケート実施の呼びかけを行い調査
調査実施期間:2020年10月2日(金)〜2020年10月8日(木)
回答者数:945

【図2】
調査テーマ:「食肉調理における食中毒予防意識調査」
調査方法::ソーシャルリスニングツール(BrandWatch)を用いての調査
調査対象期間:2020年3月21日(土)〜2021年3月21日(日)

<あわせて読みたい>
クックパッドニュース:「その方法で大丈夫?食中毒を防ぐための衛生的な「調理道具」の使い方」

クックパッド編集部

LINEで友だち登録をすると、毎日編集部のおすすめ記事が届きます♪

友だち追加

おすすめ記事

    「コラム」 アクセスランキング (毎日6:00更新)