cookpad news
コラム

ひんやり涼やかな江戸のデザート「こおり豆腐」を手作りしてみよう!

【ほっこり江戸ごはん Vol.5】江戸好きが高じて、地毛で「ちょんまげ」まで結ってしまった江戸マニアの伊尾木将之さんに、江戸時代のレシピとともにほっこりエピソードを教えてもらいます。今回は、 暑い時期にぴったりな、見た目も涼しげな一品です。

おはようございます、こんにちは、こんばんは。 江戸時代が大好きで江戸の食文化を研究している伊尾木と言います。

夏本番ですね。僕はそうめんが好きなので、夏ならずともそうめんをよく茹でます。 先月の父の日も自分でそうめん茹でて準備しました (単純に父の日を忘れていただけですが...そして子供からはそうめんは嫌!と言われました...)。 昔はそうめんも大ごちそうだったので、ある意味よい父の日になったのかもしれません。

さて、そんな個人的な話はおいておいて、今回紹介するのは「こおり豆腐」というお豆腐のデザートです。 お豆腐なのにデザート?というちょっと変わった食べ方ですが、これがとてもおいしいんです。 お豆腐が水のなかで浮いているような見た目で、とても綺麗ですので、是非作ってみてください。

作り方

基本の材料は寒天と絹ごし豆腐だけです。レシピでは味付けの黒蜜も手作りしていますが、もちろん市販のものでも構いません。

寒天をふやかす

まず寒天を水にいれ、30分ほど置いておきます。

この間にお豆腐を切って並べます。なるべく小さく切るほうが可愛く仕上がります。

寒天を煮溶かす

時間がたったら寒天に火をかけ、煮立ったら弱火にし、6~7分加熱します。

豆腐と寒天を固める

ざるなどで裏ごししながら、しずかーに寒天を注ぎます。寒天の勢いが強いと豆腐が動いてしまうので、注意してください。

冷めて固まるのを待てば完成です!黒蜜をかけてどうぞ。寒天は常温でも固まりますが、冷やして食べるほうがおいしいですよ。

江戸のほっこり話

お豆腐は江戸時代の大人気食材だったのですが、実はお豆腐一丁の大きさは今とは全然違っていました。 そもそも「一丁」という大きさは、「一本」とか「一個」と同じように大きさが決まった量ではありません。現代でも、実はお豆腐一丁はメーカーさんによってマチマチです。ですが、大体300〜400gくらいだと言われています[1]。

では、江戸時代の豆腐一丁はどれほどだったかというと、なんと現在の一丁の5倍程度の大きさでした(正確には21x18cmに厚さが6cm)[2]。

とても大きいですね。もちろん一人ではなかなか食べ切れる量ではないので、独身の方は一丁では買わず、1/12に切られた焼き豆腐などを買っていたようです。

なぜ江戸時代の豆腐の大きさが正確に分かるかというと、それは幕府が一丁の大きさを決めたからです。というのも、幕府は経済対策のために豆腐一丁の値段を少し安くするように豆腐屋さんに指示しました。ただ、それでは商売あがったりなので、お豆腐屋さんは指定された値段のまま、一丁の大きさを少し小さくしていったのです。幕府は、それでは意味がないということで、正確な大きさを決めたというわけです。

この幕府と商人とのやりとり、まるで現在の政府と商売人のやりとりのようですね。いつの時代もあまり変わりませんね。

参考文献

伊尾木将之

大阪出身のうさぎ好き。修士までは物理を学び、博士課程で情報系に進むも撃沈。現在はクックパッドでエンジニアをしながら、食文化を研究している。
日本家政学会 食文化研究部会の役員を務める。
2020年秋から社会人大学生(文学部)に。
本業は川崎フロンターレのサポーター。

関連する記事
お財布に優しい◎肉なし満足「豆腐ステーキ」 2023年10月26日 08:00
リーズナブルでウマすぎる!「悪魔のえのき」でご飯が消えちゃう 2023年10月28日 10:00
混ぜるだけで完成!豆腐サラダのバリエーション3選 2023年10月31日 16:00
材料2つだけ!「サバ缶」のおいしい食べ方 2023年11月02日 08:00
作りおきにもぴったり!「豆腐」は漬けるのが正解 2023年11月04日 07:00
和風のイメージを覆す!?進化系「揚げ出し豆腐」 2023年11月05日 10:00
材料2つ!トースターで作れる「10分完成パン」が簡単おいしい 2023年11月22日 06:00
15分完成!材料2つでできちゃう「爆速パン」 2023年11月23日 06:00
SNSで9万回検索された!卵不使用なのに驚くほど濃厚な「罪悪感ゼロ・カルボナーラ」 2023年11月28日 18:00
ご飯がすすむテッパン味 !ねぎマヨぽんで「豆腐ステーキ」 2023年11月05日 21:00
南国、奄美大島のローカルスーパー「グリーンストア」。独自のカードや島ならではの食材を調査してみた! 2023年11月10日 21:00
10分完成!豆腐1丁で家族分の「卵とじ丼」がとろけるウマさ 2023年12月04日 10:00
3連パック豆腐で家族分!早い&安い&大満足の「濃厚豆腐ステーキ」 2023年12月05日 08:00
ヘルシー&腹持ち◎節約にもなる「豆腐グラタン」が冬の主菜におすすめ 2023年12月10日 08:00
まさかの豆腐で!?ワンボウルで混ぜるだけの簡単クリスマスシュトーレン 2023年12月11日 10:00
冷蔵庫がからっぽ…そんな日におすすめ「ツナ缶」のボリュームおかず 2023年12月12日 08:00
たった10分!家にある調味料で「スンドゥブチゲスープ」が簡単完成 2023年12月20日 08:00
これはリピ確定!キャべツと◯◯で絶品副菜 2023年12月22日 15:00
今からでも間に合う!クリスマスの夜に作業10分ケーキはいかが? 2023年12月24日 09:00
たんぱく質をチャージ!「豆腐卵丼」でサクッと朝ごはん 2023年12月25日 06:00
かぼちゃだけじゃない!冬至の日に食べたい「7つの食材」とは? 2023年12月21日 21:00
正月明けのおつまみに!ヘルシー旨い「カリカリ豆腐」 2024年01月12日 14:00
驚きの超スピードおやつ!5分で食べられるココアケーキ 2024年01月20日 13:00
材料3つで簡単!しっとりホワイトチョコケーキの作り方 2024年01月16日 07:00
ボリュームたっぷりなのにコスパ抜群!節約には「あんかけ豆腐ステーキ」がおすすめ 2024年02月10日 11:00
洗い物ゼロ!ナイスアイデア「超絶楽ランチ」 2024年01月25日 11:00
旬の水菜でパパッともう1品!簡単5分副菜 2024年02月01日 17:00
みぞれあんたっぷりで冬にぴったり!ふんわりとろ〜り「豆腐ステーキ」 2024年01月06日 21:00
コスパ最高&ヘルシーで食べごたえあり!今日は豆腐でメインおかずにしよう 2024年01月22日 21:00
生姜の爽やかな風味が美味「白菜入り豚の生姜炒め」の即席夕食献立 2024年01月27日 11:00
味噌汁よりカンタン!寒い朝の汁物に「なめこ豆腐」がおすすめ 2024年02月06日 06:00
まるで生クリーム!?簡単ヘルシー「豆腐クリーム」 2024年02月16日 07:00
少しのひき肉でも大満足!ご飯がすすむ「豆腐チキンサンド」 2024年02月23日 10:00
材料少なめが嬉しい!人気の痩せチーズケーキレシピ 2024年03月01日 07:00
春先に向けて身体リセット!!栄養&ボリューム大満足「脂肪燃焼スープ」 2024年02月27日 18:00
春のダイエットに◎罪悪感ゼロの痩せチーズケーキ 2024年03月04日 09:00
ホワイトソース要らずで激ウマ!簡単ツナグラタン 2024年03月07日 08:00
パンもご飯もない朝に!材料2つで爆速完成「簡単マフィン」 2024年03月12日 06:00
あと一品が爆速完成!5分でできちゃう旨すぎ「豆腐」副菜 2024年03月18日 18:00
バタバタな朝に!10分後に食べられるふわふわパン 2024年03月29日 06:00
スパイスカレー、生クリームがてんこ盛り…東京でうどんが独自の変化を遂げていた 2024年03月23日 16:00
食べすぎ注意!外カリ中ふわの「豆腐チヂミ」にハマりそう 2024年02月24日 13:00
材料2つ!卵不要・揚げない「チュロス」が簡単すぎ 2024年04月09日 07:00
豆腐1丁で家族分!ご飯がすすむ「豆腐×卵」のおかずがおいしすぎる 2024年04月10日 17:00
イースト不要!家にあるもので手軽にもちもちベーグル 2024年04月14日 06:00
200円で30個完成!「鶏ひき肉と豆腐のナゲット」が節約に効果アリ 2024年04月16日 08:00
アレを入れて食べごたえ抜群!「納豆」のおいしい食べ方 2024年04月23日 06:00
鶏むね1枚で4人分!家族大満足のふわふわ「チキンナゲット」 2024年04月22日 16:00
【大河ドラマで注目!】紫式部の天才的頭脳を支えたのはあの食材?現代にも活かせる平安時代の食生活とは 2024年04月12日 19:00
お財布に優しい!「鶏むね肉」の大量生産おかず 2024年04月10日 16:00