cookpad news

都内屈指の人気店「菓子工房ルスルス」に教わる、春のふんわり“バナナマフィン”

ふんわり生地とカリッとしたトッピングが絶妙

お手ごろ価格でいつでも手に入り、栄養も豊富なバナナ。そのままでも、焼いてもおいしいバナナはおやつにぴったりです。 2022年2月25日に扶桑社から発売された『cookpad plus 2022年春号』では、東京にお店を構える「菓子工房ルスルス」の新田あゆ子さんに、バナナを使ったスイーツレシピを教えていただきました。今回はその中から「バナナマフィン」のレシピをご紹介します。

セミドライバナナの準備

トッピングに使用する「セミドライバナナ」を作ります。 バナナのおいしさがギュッと凝縮された、マフィンのほかにも使える便利なレシピです。

セミドライバナナの作り方

1. バナナ(1本)は3㎜厚さの輪切りにし、レモン汁大さじ1をからめる。
2. 耐熱容器にペーパータオル、クッキングシートを重ね、1を並べる。
3. グラニュー糖適量をふり、電子レンジ(500W)で1分半〜2分加熱する。取り出して一度冷まし、焦げないように注意しながらさらに約1分ずつ加熱する。全体が半透明になればOK。

セミドライバナナができたら、バナナマフィンを作りましょう!

バナナマフィンの作り方

材料(マフィン型4個分)

・バナナ…1/2本(50g)
・卵…1個
・砂糖…30g
A 【薄力粉…50g、 アーモンドパウダー…15g、 ベーキングパウダー…小さじ1/2】
・無塩バター…60g
・セミドライバナナ(上記参照)…バナナ1本分
・チョコレート…好みで適量

下準備

  • バナナはフォークなどでつぶす。
  • バターは溶かす。
  • マフィン型にグラシンカップを敷く。
  • オーブンは170℃に予熱する。

作り方

1. ボウルに卵を割り入れ、砂糖を加えてまぜ合わせる。
2. Aをふるい入れてまぜ、バナナを加えてまぜる。
3.バターを加えてよくまぜる。
4.型に等分に流してセミドライバナナをのせる。好みで刻んだチョコレートをのせ、170℃のオーブンで20〜23分焼く。

バナナたっぷりで風味バツグンのマフィンです。ぜひ作ってみてくださいね。

菓子工房ルスルス 新田あゆ子さん

短大卒業後、都内洋菓子店・製菓学校・菓子教室勤務を経て、2006年東麻布に菓子教室「菓子工房ルスルス」をオープン。2007年に教室で教えるお菓子の販売を始めたところ、おいしさが評判となる。2012年には喫茶スペース併設の浅草店をオープン。近書に『くわしくていねいなお菓子の本』(柴田書店)、『とっておきが作れる菓子工房ルスルスのおやつの本』(ポプラ社)などがある。

cookpad plus 2022年春号』(扶桑社

季節のレシピのほか、ちょっと素敵な暮らしの情報をお届けする季刊マガジン『cookpad plus』。2022年春号では、春に食べたい野菜たっぷりのパスタ&スープを⼤特集。その他に「台湾・韓国の大ヒットレシピ」「料理の裏ワザ」「バナナのおやつ」など、春に使える料理が盛りだくさん。特別付録は、通常号がミッフィーの厚手キャンバストート&スリムポーチセット、増刊号はミッフィーの手洗いできるふんわりスリッパです。
>>> 詳しい内容をチェック!

【ご購入はこちらから】
・通常号:Amazon
・増刊号:セブンネットショッピング
※通常号に対して、増刊号では一部掲載されていない記事があります。
※通常号と増刊号では価格が異なります。

編集部おすすめ