cookpad news
コラム

アメリカ人がこぞって食べるハンバーガー!家でも作れる「スライダー」ってどんなもの?

【アメリカの最新ごはん事情vol.19】1989年に渡米し、「セレブ御用達プライベートシェフ」としてアメリカで料理を作り続けてきた明比玲子さんに、日本ではなかなか知ることができないアメリカの食事情を教えてもらいます。第19回目のテーマは「ハンバーガー」。日本人も大好きハンバーガーといえば、アメリカ!本場の人たちは、どんなハンバーガーを味わっているのかレシピも一緒に教えてもらいました。

夕飯にハンバーガーは食べますか?

私がニューヨークに住み始めて2年目ぐらいのある日、美食家で有名なアメリカ人の料理講師と、夕飯を食べに行くことになりました。どこか簡単に食べられる所と思っていたら、「あっ、そうそう、あそこのハンバーガーがおいしいのよ」と先生に言われた時、私は椅子から落ちそうになりました。日本で生まれ育った私には、夕飯にハンバーガーを食べるなんて考えられなかったからです。どんなに簡単な夕飯であっても、ハンバーガーだけで終えるというのが理解できませんでした。

でも今思えば、留学生の私を預かってくれていたホストファミリーも、夕飯はハンバーガーのみというのが週に最低2回はありました。ホストファミリーの作るハンバーガーは、薄いパティ(ミンチ肉をハンバーガー用に薄く丸くまとめたもの)だけをバンズに挟み、野菜もチーズもなく、かろうじてケチャップとマスタードが塗ってあるようなハンバーガーでした。

この2つのハンバーガーエピソードによって、アメリカ人にとっては素早くお腹を満たせるおいしい夕飯なんだと理解しました。

ハンバーガーの本当のおいしさとは

アメリカに住み始めて35年経った今でも、夕飯に食べようとは思いませんが、ハンバーガーの本当のおいしさはわかりました。アメリカのハンバーガーは、上質なお肉をミンチにしてそれを薄く丸めて塩、胡椒で焼いたもの。形は違えど、ステーキを食べているようなもので、実質「肉」なのです。極めてシンプルですが、有名なハンバーガーは、それぞれその店に肉の配合があり、数種類の部位のミンチを混ぜて脂肪の量も調整しています。

ニューヨークでは2000年から約2年に渡り、高級ハンバーガー戦争があり、これでもかこれでもか!と高価なハンバーガーが作られて評判になりました。当時$50のハンバーガーが最高値でしたが、最近は食材の値段が高騰し、ちょっと有名なお店で普通のハンバーガーが$40ぐらいしても誰も驚かなくなりました。近年はあまり新しいハンバーガーの話題を聞きませんが、一般人がスーパーで購入できるハンバーガー用の肉の質が上がっていて、自分でもかなり質の高いものが作れるようになりました。

ハンバーガーに季節はあるの?

夏にバーベキューグリルで焼くハンバーガーのパティは格別においしいですが、年間を通して食されるものです。そして、「スライダー」と呼ばれるミニバーガーはパーティーで引っ張りだこ。いつもすぐになくなってしまいます。小さくて手軽に食べられるので、ハンバーガー大好きのアメリカ人には人気の的です。

ということで、今回は、スライダーのレシピをご紹介したいと思います。アメリカで売っている牛肉のミンチには、脂肪含有量の違うものが数種類ありますが、一般的にハンバーガーは、脂肪分20%が一番おいしいと言われています。パティを作る際、セルクルを使うと、どれもほぼ同じ大きさになるのでおすすめします。

スライダーの作り方

<材料>

・ハンバーガー用ミンチ肉……1個55gぐらい × 必要な個数分
・塩、胡椒……適量
・ミニバーガー用のバンズ

※以下、すべてオプション
・レタス(好みの種類で)
・トマト(小さめの方が食べやすい)
・紫玉ねぎ
・スライスチーズ
・ピクルス
・ケチャップ
・マスタード

1.レタスなど、挟む具をスライダーの大きさに切って、お皿に並べておく。

2.バンズは、最後にフライパンで焼く方法もありますが、簡単なのは、アルミホイルで包み180度に予熱したオーブンに入れて温める方法です。よほど長い時間でない限り、焦げたり乾燥する心配がありません。

3.パティに塩、胡椒をします。しっかり塩味をつけましょう。塩が足りないと、おいしさが半減します。

4.パティの焼き方には色々ありますが、今回はグリルパンを使用しました。ない場合は、フライパン・オーブンでも大丈夫です。数をたくさん作る時は、オーブンが便利です。

5.チーズをのせる場合は、パティが焼き上がる少し前にのせるといい感じに溶けます。

6.パティが焼き上がったら、オーブンからバンズを取り出して、あらかじめ準備しておいた具とパティをのせて、最後に串を上から刺して具が動かないようにしましょう。

パティを焼く時間は大きさや、火加減によって変わるので調整してください。今回紹介したスライダーは1つ2オンス(56g)で、片面約4〜5分焼いています。グリルパンの場合、煙が出る手前ぐらいまでよく温めてからパティをのせてください。オーブンの場合は、200℃に予熱したオーブンで、15〜20分ぐらい焼きます。途中でひっくり返しましょう。

アメリカでは、ハンバーガーにはHeinzのケチャップとFrench'sのマスタードをのせるのがスタンダードです。ぜひ、お祝いの席やホームパーティー、ランチなどで作ってみてください。

明比玲子

兵庫県芦屋市生まれ。1989年に渡米し、ニューヨークのシェフ養成学校で学んだ後、本格的に料理に取り組む。著名レストランでパティシェとして経験を積み、アメリカ人と日本人に料理とお菓子の指導も行う。日本の料理雑誌への寄稿やフードスタイリングも行いつつ、2008年からは、コンサルティングの仕事なども兼ねながら、ニューヨークセレブのプライベートシェフとして、活躍中。
【HP】
【Instagram】

関連する記事
肉を食べて内臓脂肪を落とす!アメリカの名医がダイエットに「赤肉」を勧める理由とは? 2023年10月07日 19:00
シーズン到来!「じゃがいも×ウインナー」おかずの味つけバリエ 2023年10月01日 08:00
味付け変えて濃厚うまい!鶏むねおかず3選 2023年09月08日 16:00
こんなものまで!バットを使って手早くキレイにスッキリ冷凍活用術 2023年09月27日 10:00
あの栄養がカギを握る!「子どもの学力を伸ばす食事」でとにかく覚えておくべきこと 2023年11月10日 23:00
アメリカで日本のお菓子が人気急上昇中!話題の"DAGASHI"サブスクを実際に取り寄せてみた 2023年09月22日 20:00
オーブンなしで手軽につくれる!さつまいもおやつ3選 2023年09月15日 13:00
【準備5分】ザクザク食感がたまらない!混ぜるだけで簡単「オレオマフィン」 2023年10月29日 14:00
くしゃみ・目の痒みが止まらない…「秋の花粉症」に絶対とるべき食事とは? 2023年10月21日 10:00
パイシートもオーブンも不要!?目からウロコの【59円キッシュ】 2023年10月23日 18:00
焼き型不要、食パンで手軽!SNSで話題の「シュプリームクロワッサン」レシピ 2023年10月04日 10:00
カップ麺に生クリームがメーカー推奨!?日本じゃ見かけないアメリカの「カップ麺」を現地レポート 2023年11月21日 20:00
【レシピ本大賞受賞】大人気パティシエ直伝!混ぜるだけで絶品「ベイクドチーズケーキ」の作り方 2023年09月16日 15:00
全アメリカ人が溺愛!?とろとろ濃厚「マカロニ&チーズ」 2023年11月03日 15:00
パパっと完成!「白菜×鶏肉」の簡単おかず 2023年11月05日 08:00
焼き時間6分!アレを使ってサクサクの「ベーコンポテトパイ」ができちゃった 2023年11月20日 09:00
これ作っておけば平日ラクになる!「ひき肉そぼろ」の作りおきおかず3選 2023年11月10日 16:00
スパイシーな味付けで手が止まらない!業務スーパーの「スパイシーワッフルポテト」実食レポ 2023年12月03日 12:00
行ったら必ずチェック!「成城石井」で買ったほうがいい食品5選 2023年11月03日 17:00
「朝と昼は料理をしない」が基本?共働きがほとんどである現代フランスの食事情とは 2023年10月16日 20:00
材料2つとは思えない!ご飯が進みまくる「お肉と白滝の甘辛煮」 2023年12月02日 06:00
日本じゃ食べたことない!アメリカ人のマカロニの食べ方 2023年12月09日 09:00
オーブンで◎ひっくり返さず「両面サクサクトースト」を焼く方法 2023年12月19日 14:00
本場イギリスでは食べ方で論争が勃発!奥深い「英国式スコーン」の世界 2023年11月29日 04:00
お肉パックのまま冷凍OK?正しい冷凍法を管理栄養士に聞いてみた! 2023年12月19日 12:00
【TVでも話題に!】混ぜない!こねない!重ねるだけの「乱暴ハンバーグ」 2023年12月14日 19:00
低体温の子は感染症にかかりやすい⁉️体温を上げる食事には◯◯が欠かせない 2023年12月23日 13:00
一石◯鳥!?ひき肉100gで家族分できちゃう子ども大喜びなお子様ランチ風【ハンバーグ鍋】 2023年12月25日 12:00
ご飯がどんどん進む「なす味噌そぼろ丼」の即席献立 2023年12月23日 11:00
アメリカの意外な場所で見つけた「スターバックス」激レア商品や裏メニューを現地レポート! 2023年12月22日 20:00
年末年始の強い味方!暴飲暴食をなかったことにできる◯◯スープって? 2023年12月26日 20:00
◯◯を入れてみて!味噌汁を10倍おいしくするワザ 2024年01月16日 06:00
こんな食べ方あったんだ!新食感カリカリ「厚揚げチップス」にハマりそう 2024年01月06日 09:00
外カリッ中とろ〜!アメリカ人直伝「伝統チーズトースト」 2024年01月09日 06:00
ピヨピヨ可愛い!ひよこのちぎりパン 2024年01月12日 10:00
700人以上が絶賛!5分づけでジューシー「ささみ唐揚げ」 2024年01月31日 08:00
スパッときれいに切れる!パン切り包丁のパン以外の使い方 2024年01月31日 11:00
おうちでアメリカンな朝食を再現「ソーセージパティ」を作ろう! 2024年02月04日 06:00
焼肉のタレがこんなに合うなんて…!ご飯が進みすぎる「餅の豚肉巻き」 2024年01月07日 11:00
子どもに合わせて料理はしない。21万人が注目、arikoさんが語る「家族が幸せになる食事」 2023年11月30日 18:00
梅おにぎりと鮭おにぎり、どっちが正解?栄養士が教える「食べても太らない食事」とは 2023年12月12日 20:00
医師が勧める「痩せる炭水化物」って?糖質制限ダイエットをする人に知ってほしい真実 2024年01月15日 19:00
50代からの落ちにくい体重に!話題の「アジアン粥」で置き換えダイエットをやってみた 2024年01月24日 19:00
ダイエットに間食はNG……ではない!太りにくい体を作る「戦略的な間食」を医師が伝授 2024年01月10日 19:00
白菜があったらこれ作って!1品で満足「トマチキグリル」 2024年02月05日 10:00
混ぜて焼くだけ!塩キャラメルのチーズケーキ 2024年02月12日 07:00
材料はたった4つ!見た目もかわいい簡単「メロンパンクッキー」 2024年03月02日 15:00
特に女性は要注意!?コーヒーと「一緒に摂らないほうがいい食材」とは… 2024年03月01日 17:00
まるでカロリー爆弾!アメリカ人が愛するちょっと変わった◯◯ピザって知ってる? 2024年02月29日 13:00
不摂生な生活で激太り!座りっぱなしの漫画家が一念発起して−25kgを達成した「期間集中ダイエット」 2024年02月03日 09:00